「2016年11月」の記事一覧

お客様はプロ中のプロにお願いしたい〜カタヤブリな専門性を持つ研究家となれ!〜

起業家の心得
ワンジャンルにおいてカタヤブリな専門性を持つ研究家となれ!

あなたがもし、どうしても解決したい悩みや、何が何でも達成したい願いがある時。それをプロの手で成し遂げられるなら、プロ中のプロにお願いしたいと思うのでは無いだろうか?個人で起業し、専門家として選ばれるようになりたいのであれば、誰よりも研究しその道のプロになることが正攻法です。先駆者にも負けない専門家になれる方法をお伝えします。

【起業家必見】1時間1万円以下の単発サービスから脱却し、好きなお客様だけと濃い付き合いをする方法

USPの本当の使い方 商品開発 記事まとめ
「1時間◯◯円」の 単発サービスから脱却し 濃いお客様とだけ 付き合う方法

多くの起業家が、自身の商品を「1時間5000円」などと、時間で区切ってサービスを提供しています。しかし、この時間区切りでの商売を個人が行うと、なかなか稼げず豊かになれないのです。

【その3】理想のお客様設定は「初心者」すらも幅広い〜ペルソナ設定の奥深さ〜

ペルソナ(理想のお客様)セット
スタートのレベル設定大事

「初心者から上級者まで」「子供から老人まで」どなたでもいらしてください!というような全レベル、全年齢対象のサービスをしている人を見かけますが、本当にそれでお客様の悩みをドンピシャに解決できるのでしょうか?実は、対象を絞らないから深い悩みを解決できない=価値が上がらないのです。

大手企業と個人事業の決定的違いを理解しなければ、起業はすぐに破綻する。〜大企業にある「スケールメリット」とは?〜

「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし 起業家の心得
個人で事業するなら 大企業との決定的違いを知ろう! 〜スケールメリットとは?〜

個人で事業をしている方で「企業よりも安く」というのを信条に提供している方はいますが、それは採算がとれているのかとても疑問です。確かに企業より安くできるものもあるかと思いますが、多くの場合スケールメリットを考えずに「他店より安く」と適当に値段をつけてやっている人が多いのも事実。破格まで安くしたからと言って人は来ません…

個人起業家であるあなたの現在地はどこ?ステップ別突破口の見つけ方。

「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし 個別相談 起業家の心得
あなたの起業家としての 現在地はどこ?

個人起業家であるあなたのビジネスの現在地を把握してもらい、いったい今のあなたには、どんな一手が必要なのか?もし、人の力を借りるならどんな形で借りたらいいのか?個人がビジネスが立ち上げて売上を生み出すための道のりをお話ししていきます。

個人起業家が見落としがちな大手企業がやっているリスク回避

「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし 起業家の心得
個人起業家が見落としがちな大手企業がやっているリスク回避

ビジネスアイデアとして、大手企業が大々的にやっているサービスやキャンペーンは非常に参考になります。お客様から反応が得られるからこそお金をかけて大々的にやっているのですから、参考にする際になかなか見えにくいところに個人と企業の大きな違いがあり、そこを見ないで真似をすると、損をします。キーワードは「リスク回避」です。

あなたの個人ビジネス設計は大丈夫?ゴール設定と期間や回数決めは密接に関係しています。

「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし 個別相談
商品・サービスの【ゴール】と【期間や回数】との密接な関係

個人起業家としてサービスや商品を提供する時に考えなければいけないのが、商品の値段や期間などですね。「どうなれるのか?」という【ゴール】と「どうやって?」という【手段】の密接な関係によってこの価値は変化します。ここの密接な関係を知らないと相場に翻弄されます。

個人起業家はやってはいけない「◯◯放題」の罠〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

USPの本当の使い方 「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし
個人起業家はやってはいけない 「◯◯放題」の罠

たまに個人起業家で、「1時間いくら」という形の単発サービスを脱却するために、大手企業を真似して「◯◯放題!」というものを実施しようとします。お得感と安心感でお客様に来てもらおう!という発想ですが、これは結構キケンな発想です。

【その2】「期間or回数を設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

USPの本当の使い方 「戦略(考え方)」なき「戦術(やり方)」に勝機(商機)なし ペルソナ(理想のお客様)セット
時間売り脱却ポイントその2 「期間or回数を設定」

多くの個人起業家が、「1時間いくら」時給労働から発想を切り替えられず、売上の立たない自転車操業に陥っています。これは結構キケンな状態ですし、わざわざライバルと戦いにいっているようなものです。1時間1万円以下の単発サービスから脱却するためのポイントは3つです。今回は2つ目のポイント

【その1】「ゴールのレベルを設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

USPの本当の使い方 ビジネスの難しい話は全てカレーの話に置き換えられる
時間売り脱却のポイントその1「ゴールのレベル設定」

多くの個人起業家が、競合他者と比べられ、価格競争に陥り、お客様が集まらずに、廃業せざるを得ない状況になってしまいます。とは言え、闇雲にただ価格を上げたところで「高い!」と言われて終わってしまいます。1つ目のポイントは「ゴールのレベル設定」です。

ページの先頭へ