Pocket
LINEで送る

こんにちは!
絶妙な文章配置で、
お客様が舞い込む仕組みを作り出せ!
起業家のためのUSPデザイナー
畠山勇一です。

 

多くの個人起業家が、「1時間いくら」という形で単発のサービスを提供していますが、

その結果、競合他者と比べられ、価格競争に陥り、お客様が集まらずに、廃業せざるを得ない状況になってしまいます。

とは言え、闇雲にただ価格を上げたところで「高い!」と言われて終わってしまいます。

その危険性については前回こちらの記事でお話しました。

【脱・単発サービス】1時間1万円以下のサービスを個人が提供し続ける問題点と解決策

http://positioning-letter-writing.com/?p=662?665

1時間1万円以下の単発サービスから脱却するためのポイントは3つです。

  • ゴールのレベルを設定する。
  • 期間or回数を設定する。
  • スタートのレベルを設定する。

今回は1つ目のゴールのレベル設定についてお話します。

 

時間売り脱却1つ目のポイント「ゴールのレベルを設定する」

「どうなれるか?」を明確にすること。

「ゴールのレベル設定」

つまり、多くの場合

「どうなれるのか?」が明確でないことが非常に多いです。

 

こう言うと、たいてい次の様に答えます。

 

手段や技法をみにつけることはゴールではない。

ドラム教室の例

例えばドラム教室なら、

「どうなれるのですか?」と質問すると、

「ストロークの種類の叩きわけから、
シングル、ダブル、パラディドルと
ルーディメンツを網羅して…云々かんぬん」

と専門用語を並べます。
(※上の例の言葉の意味はわからなくて大丈夫です ^^;)

これらは技法やら
練習メニューの名称なので、
これは基礎的なものなのですが、

多くの講師は

「これをやれば、
遅い曲でも速い曲でも何でもできる」

というようなことを言い出すんですね。

料理教室に例えると…

これ料理に例えるなら、

「短冊切り、拍子切り、いちょう切り、
カットの仕方を網羅して、卵のゆで方や、
肉の焼き方など教えます。」

と言っているようなもの。

「これらを身に付ければ、
サラダから、肉料理、魚料理もお手の物」

と言われても、

 

で、一体何を創れるようになるの?

と、なります。

 

作れるようになるものがぼやけています。

 

手段を覚えること

技法を身につけることは

主目的ではありません。

 

逆にそれを主目的にするから

価値が伝わらないんです。

 

価値は明確に伝えないと伝わらない

 

お客様は

憧れの1曲を
できるようになりたい
のかもしれない。

とびっきり
美味しいカレーを創れるようになりたい

のかもしれない。

 

「ゴール」は絞って決めること。これが選ばれる道です。

絞って決める。

これはもしかしたら、あなたにとっては大変な決断かもしれませんが、

ゴールが明確なのは大事なことです。

これがないから単発の満足度でしか
お客様を引き止めることが出来ないのです。

 

まずは、明確に何が手に入るのかを伝えられるようにしましょう!

 

ですが、

これではまだ足りません!!

 

ゴールの「レベル」
設定しなければいけません!

 

ただゴール設定してもUSPにはならない!「レベル」まで明確に!

例えば、先程のドラム教室が、
次のようなゴールを設定したとしましょう。

「1曲を最初から最後まで演奏できるようになる」

というゴールです。

確かに、

漠然とした、

「うまくなります」というメッセージよりも

よっぽどわかりやすいです。

 

ですが、ここで
お客様には疑問が生まれます。

「どんな曲を、どれくらいの演奏力で?」

ということですね。

 

どのレベルを持って「完成」とするか?

 

「1曲完成」

といっても

「カエルの歌」を弾けるようになるのと、

となりのトトロの「風の通り道」を
弾けるようになるのでは、

全然

思い描くゴールも
必要な技術も違いますし、

同じ「風の通り道」を
弾けるようになるにしても、

簡単にアレンジされた
最低限の技術で弾けるのと、

プロ顔負けの技術で弾くのとでは

全くゴールが変わります。

 

料理の話で言えば、

同じ「カレーを創れるようになる。」

でも、

ルーは市販のルーを使うのか、

スパイスをブレンドして
ルーからオリジナルで創るのか

思い描くものも
必要な技術も違います。

どのレベルに到達できるのか?

 

これ明確にすることで、

価値が大きく変わってきます。

 

ゴールを明確にするだけでなく、
しっかりと
ゴールのレベルまで
明確にしてくださいね!

 

そのゴールもまた、

理想のお客様をまず明確にして、
「その人は何処に到達したいのか?」
明確にしていく必要がありますよ。

 

次回は「期間or回数」について決めること

をお伝えしていきます。

【その2】「期間or回数を設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

【その2】「期間or回数を設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

 

<今のビジネスで更に売上を上げたい方のためのメルマガ>

たった一行でアクセスアップ!ココロつかむコトバみがくメールこうざ

メルマガ登録者限定!
今なら4大特典をプレゼント中!

全て無料で手に入ります!

 

【特典1】今までのメルマガのバックナンバー公開中

※メルマガでしか読めない情報が手に入ります。

 

【特典2】PDFレポート「USPキーワード発想法」プレゼント中!

→あなたのブログを営業マンに変身させるブログ集客の仕組みを公開中。

 

【特典3】7日間のUSPキーワード発想メルマガも配信!!

→7日間、朝配信のUSPキーワード発想法を強化するメルマガも配信!
PDFレポートと合わせてチェックです!

 

【特典4】個別相談希望者に
USP創造を手助けするスペシャルPDF小冊子をプレゼント!

USP創造の決定版!「USP創造のススメ」をプレゼント!

▼今すぐ登録を!▼

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のブログ集客のコンサルティング・プロデュースをしています。詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る