Pocket
LINEで送る

 

こんにちは!
絶妙な文章配置で、
お客様が舞い込む仕組みを作り出せ!
起業家のためのUSPデザイナー
畠山勇一です。

 

カテゴリーからペルソナを決めるのは奥が深い

集客でペルソナ(理想のお客様)を設定する際に、必ずと言っていいほど頭に浮かべる「カテゴリー」について。

ペルソナ設定は簡単そうでかなり深い!

さて、前々回は、「人は複数の掛け合わせ」で成り立っているという話をしました。

→「男性」や「20代」などの「カテゴリー」でくくってしまうと理想のお客様は見えてこない

【ペルソナ設定の失敗】「男性」や「20代」などの「カテゴリー」でくくってしまうと理想のお客様は見えてこない

カテゴリーからのお客様設定の問題点は曖昧すぎること。

この問題を打破するポイントは
「どんな?」
と自問自答することでした。

前回その具体例として

「OL」というカテゴリーについて

OL……って誰!?

【ペルソナ設定の深み】OL……って誰!?

 

OLといっても、営業職と事務職では悩みも価値観も違うという話をしました。

 

既婚・未婚で悩みは大きく分かれる

さて、今回は「既婚」カテゴリー

厳密に言うと「未婚・既婚」ですが、このカテゴリー分けは「男・女」くらい顕著ですね。

未婚と既婚の悩みが大きく違うのはわかりますよね。

 

既婚か未婚かの一番の違いは「異性との関係」

悩みの違いの一番大きいところで言えば、異性との関係ですよね。

ザックリと

  • 未婚なら「恋愛」
  • 既婚なら「結婚生活」

と大きく分かれますね。

 

※未婚の場合「パートナーあり・なし」でも全然変わってきますけども…
内容からズレるので、これ以上は掘り下げませんが…

 

「既婚」だからといって全く同じ悩みを持っているわけではない

既婚者の悩みは更に細分化される。

さて、既婚者に話を戻しましょう。

「未婚・既婚」ならば価値観の違いは顕著なのですが、

「既婚」の中にも価値観が大きく違う部分があります。

それは、

「子供あり・なし」

「自分が働いているかどうか」

この2点です。

既婚は既婚でも更に悩みは細分化される。

そして、その2つからわかることは「使える時間とお金」です。

何か商品やサービスを売る際に、この2つはネックになります。

極端な例ですが、

自分もそこそこ働いていて、旦那さんから出資してもらうことも出来る子供のいない既婚女性

時間もお金も「未婚」女性よりも使える可能性が高いです。

 

既婚と未婚

 

一方、

子どもが3人いて、自分は専業主婦(育休中)旦那さんも普通の年収という既婚女性

時間もお金も使いたくても使えないという人は多いです。

5人家族

 

 

こうやって見ていくと、同じ既婚女性でも

使える時間もお金も全く違うことがわかりますね。

時間とお金

 

イメージしているペルソナによって、使う言葉や、表現、例え話、共感ポイントなどが全く変わってきます。

そして、あなたの商品を買えるかどうかも全然違います。

今回のように、既婚は既婚でも、

誰を対象にするかで、お金や時間に関連したメッセージはかなり大きく変わってきます。

 

そこまで踏まえて、徹底的にその人が思っていそうなことを予想して代弁してあげることで、お客様は共感していきます。

 

 

だからこそ、ペルソナ設定は細かくやっていく必要があるのです。

あなたの理想のお客様は「どんな人」でしょうか?

あなたのビジネスの満足度を高め、価値を上げる。
そのための、理想のお客様の正しい設定(ペルソナセットアップ)を行ってみてくださいね。

 

次回は更に絞って「既婚女性の子あり」というカテゴリーに焦点を当てていきます!

【ペルソナ設定】カテゴリー「既婚」に隠れた2つの落とし穴

http://positioning-letter-writing.com/?p=847?839

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のブログ集客のコンサルティング・プロデュースをしています。詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る