「ペルソナ(理想のお客様)セット」の記事一覧

1人に絞ることで感情移入が生まれる。〜チア☆ダンから学ぶペルソナの力〜

USPキーワード発想法 ペルソナ(理想のお客様)セット
dba13ce630737e0d8ab5801606cccd22.png

実話を元にした青春映画のチア☆ダンからは起業家として学べることが沢山あります。今回は「主役」が明確なことによる物語のすっきり感とペルソナ設定の重要性についてです。主人公を設定することはペルソナを決めることなのです。主人公がいることで物語は軸が定まります。

【ワーク付き】ペルソナは、仮説を立てて実際にお会いするから明確になる。

ペルソナ(理想のお客様)セット
ペルソナは仮説を立てて実際にお会いするから明確になる

ペルソナはどんなに想像しても、実際に会ってお話をして見なければ、本当の理想のお客様像にはなりません。正しく設定をした上で、準備をしてお会いし、検証していく。そうやって数を繰り返していくことで、理想のお客様像が次第に明確になっていきます。

【曖昧なものはゴールじゃない】「自由自在」は伝わりそうで伝わらない!?

ペルソナ(理想のお客様)セット
曖昧なものはゴールにならない

音楽レッスンとかで「自由自在に演奏できる」「初心者脱却」「やりたいが叶う」というようなものをゴールに掲げているところもありますが、これらはゴール設定をしているように魅せてそうとも言えません。なぜなら「曖昧だから」曖昧だと起こる大変なことについて書きました。

【ゴールのないマラソンは走りたくない】低単価ビジネスの落とし穴

ペルソナ(理想のお客様)セット
「売れない」ビジネスは ゴールの無いマラソンと同じ

1時間ごとのサービスを提供するスタイルのビジネスには決定的に足りないものがあります。そのために、「価格競争」に陥り、いつまでたっても安売りし続けないと「売れない」状態から抜け出せないのです。なぜそうなってしまうのか?理由を書きました。

【価格競争から脱却できない現実】1時間5000円のレッスンをしていたからこそ同じことを繰り返してほしくない…

ペルソナ(理想のお客様)セット
1時間5000円でも選ばれない現実とは?

教室運営で「1時間5000円のレッスン」などを提供している先生は多く見られますが、そもそもなぜそのような価格設定なのでしょうか?相場は誰が決めたのでしょうか?「人と同じことをする」から価格競争に巻き込まれ価値ではなく「安さ」で選ばれる現実に直面します。

【起業あるある】私なんかがそんな大金を頂いて良いのでしょうか?〜オリジナル商品の適正価格は?〜

ペルソナ(理想のお客様)セット
私なんかが、、、こんなにもらっていいの?

個人で商品を作り、起業してお金をいただく際に、「価格設定」は多くの人が悩みます。勝手な思い込みで価値に見合わないものを作ったり、逆に「私なんかが。。。」と卑下して、生活できないほどに破格な値段で提供したりしていますのです。そうならないためにもペルソナ、つまり「理想のお客様」を適切に設定することが大事なのです。

【商品が売れない理由】専門家ならではの発想がお客様の心に突き刺さる

ペルソナ(理想のお客様)セット
専門家と素人の視点の違いが価値を生み出す

私は個人起業家、特に何かの専門スキルを持ちお客様に独自のサービスを提供するような専門家をサポートしておりますが、何か人のものを売るのではなく、専門家なら、発想一つで選ばれる起業家になることが出来ます。専門家ならではの発想が武器になる。それが専門家の強みです。

ページの先頭へ