こんにちは!

USPデザイナー畠山勇一です。

 

 

◯「今」のことに追われて「未来」のことを考えられないあなたへ

https://positioning-letter-writing.com/?p=7728

◯まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ

https://positioning-letter-writing.com/?p=7732

 

さて、

昨日は「ポジショニングUSP」とは

「想いの具現化」と「気づいてもらえる場所に立つ」ことで

まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする概念なのだとお伝えしました。

 

USPのスタートラインは想いである。と言いましたので、

今回は私の想いとセミナーでの気付きについてお話します。

 

では、本日の内容に入っていきましょう!

 

【自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる。】

 

私の経歴を話すとすごく驚かれるのですが、

私は以前、従業員2人の音楽教室で講師をやっていました。

IMG_3862

「音楽やってた人がなぜ、

 起業家の支援を行うようになったの?」

 

と疑問に思う人は非常に多いのですが、

私の中では繋がっていますし、

 

想いを実現するための手段を

より自分らしく、

よりやりがいをもって行えることに

変更しただけに過ぎません。

 

私の想い。それは大きな2本の柱で出来ています。

 

その中の1つを今回はお話します。

 

元々私は高校生の時に

楽器を始めたのですが、

 

始めた理由は

「音楽に心が救われたから」

でした。

 

だから音楽をやり続けたいがために

「音楽だけに集中できる道」として、

音楽で飯を食えるようになろう!と考えました。

 

しかしながら、

演奏だけでは飯が食えるようにはならなかったのですが、

ご縁あって

音楽教室で「教える」という

シゴトに携わることが出来ました。

 

私は教えることが好きなので、

「好きな音楽を教える」という

最高のシゴトを手に入れたと思っていました。

 

しかし、会社組織に属しているとはいえ、

先生業は人気商売。

私はそこで良い成績を上げることは

出来ていませんでした。

 

暖簾分けのような形で、

「独立起業したら?」という

話も出ていたのですが、

 

何をどうしたら売上を

あげられるのかがさっぱり分からず…

 

楽器を教える「業務」はこなせても

ファンを作って売上を作る「経営」は

からっきし出来ませんでした。

 

そんな悩みを抱えていた時に出会ったのが、

鉾立由紀さんであり、

「ポジショニングUSP」

という概念でした。

ファイル 2015-12-16 11 40 14

※私がはじめて会ったのは2015年3月22日

鉾立さんのセミナー

「ポジショニングUSP徹底攻略セミナー」でした。

 

そこで私が

バンドマンとしても、

音楽教室の講師としても、

売上が上がらなかったのは、

 

「ビジネスはお客様の問題解決である」

という大前提を知らずにやっていたことにありました。

 

 

・自分を認めて欲しいがためにやり

・自分のできる範囲のことで済ませ

・自分がやりたいだけのことをやっていた

 

これが現状だったのです。

 

「USP=お客様のとの究極のコミットメント」

 

という

お客様ありきの発想をしていないことを痛感し、

アタマをガツン!と殴らたような衝撃を受けました。

 

ですが、

ちょうど少しずつ自分のやっていることに疑問を持ち始め、

お客様のことを考え始めていたところで、

「楽器教えて何になるのか?」ということを考えていることでした。

 

楽器を弾けるようになるのは楽しい。

 

だけど、

社会人が楽器弾けるようになったところで、

「豊かになれるのか?」

 

楽器うまくなって何がしたいんだろう?

 

楽器演奏をうまくしてあげた先に

私はどんな未来を提供してあげられるのだろう?

 

と考えていて

鉾立さんにも相談していく中で、

 

私自身が音楽に固執していただけで、

音楽は好きだけど、

音楽で飯が食いたいわけじゃない。

「個人を豊かにしたいんだ」

 

想いの源泉に気づきました。

 

そして、なぜ個人を豊かにしたいのか?

と言うと、

 

「音楽好きが、思いっきり音楽を楽しめるような、

趣味に、時間とお金を使える世界を作りたいから」

 

なのです。

 

そうなんです。

結局は私は音楽は大好きで、

それを「存分に楽しめる世界」を作るには

 

音楽教室の先生としてやっていくよりも、

起業家を経済的に豊かにできる

このシゴトだ!と私は考えたんです。

 

だから私にとっての

 

将来のビジョンに変わりはありません。

 

良くも悪くも

シゴトは人生の一部に過ぎません。

 

音楽を一生楽しむためには

音楽に携わらなければいけない

なんてことは無いのです。

 

(もちろん専門家になりたい人は

なっていいですし、応援しますよ♪)

 

 

それに気づいた時に、

「本当に自分がお役に立ちたいと

思えるモノをシゴトにしたい」

と想い

 

たまたまのご縁で知り合うことになった

起業家をプロデュースしている

鉾立由紀さんに

弟子入りして学ぼうと決意し

 

今のシゴトを始めました。

挫けそうな時

怠けそうな時も

正直いっぱいありますが、

 

「音楽好きが、思いっきり音楽を楽しめるような、

趣味に、時間とお金を使える世界を作りたい!」

 

この想いの源泉を思い出すと

「やろう!」という気持ちが湧き上がってくるのです。

 

 

 

【まとめ 畠山の想いの源泉】

・趣味を存分に楽しめる世界を作りたい。

 

・そのためには「楽器を教える」以前に

 「個人を豊かにする」必要がある。

 

・個人を豊かにするには

「起業家を下支えする」ことをシゴトにしようと決意。

 

 

ぜひあなたも

「人生かけて成し遂げたいことは何か?」

この問い掛けを自分自身にしてみてくださいね!!

 

 

【追伸】

ぜひ、自分の想いに置き換えて読んでもらえると嬉しいです。

あなたの周りにも想いを形にしたいと思っている方ございましたら

ぜひこのメールを転送して教えてあげてくれると嬉しいです。

 

明日は

「なぜ鉾立の提案を受けた際に

 ビジネス素人の畠山が起業家を下支えする

 シゴトをしようと思えたのか?」

テーマにお送りします。

お楽しみに!

次の記事はここをクリック

 

USPデザイナー

畠山勇一

 

[pc]

USPキーワード発想法

[/pc]
[nopc]

USPキーワード発想法

[/nopc]

 

こんにちは!

USPデザイナー畠山勇一です。

 

昨日の記事はこちら↓

 

http://rising-sword.com/?p=7728?yhaWP20151207

 

さて、

昨日は「未来の一手」を考えるには

「現在抱えている問題」を解決しなくては

それどころではない!

という人に向けてメッセージを書きました。

 

考えは整理されましたか?

 

一番の問題は

「問題を明確に認識していない」ことにあります!

 

諦めの思考から入らなければ、

突破口は必ず見えてくるものです。

 

では、本日の内容に入っていきましょう!

 

 

【まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ】

どうすれば自分だけが

すべての理想のお客様から

ばれ続けるようになるのだろう?

 

これは、

鉾立由紀が「ポジショニングUSP」を研究し、

メソッドを開発するに至った最初の問いです。

 

あなたのお客様=対象となる、年齢、性別、職業、…

それらが当てはまる人は何人いるでしょうか?

 

日本中で考えたら、何人どころではなく、

何十万人、何百万人、何千万といるのではないでしょうか?

 

そして、この問いのポイントは

すべての「理想のお客様」と言っています。

 

これはつまり、簡単にいえば

あなたと価値観が合う人を指します。

 

それらの条件を更に加えても、

何万、何十万、何百万といるはずです。

 

…すべての理想のお客様は、

たくさんいることに気づきませんか?

 

まず、

この現実を考えてみたことがある人が本当に少ないです。

 

実はこの問いは、

ポジショニングUSP徹底攻略セミナー

のワークの一部です。

 

このワークをやることで

 

問題は

「お客様がいない」ことではなく

「お客様に気づいてもらえていないこと」である

ということに気づきます。

 

だからこそ、

「ポジショニング」

つまり、

あなたはどこを陣取ると

理想のお客様に

見つけてもらいやすいのか?

を考えることが

必要不可欠なのです。

 

さて、

 

ここまで、私はあなたが

「めちゃくちゃいい商品や

サービスを持っている前提」で

話してきてしまいましたね。

 

このメルマガを読んでいる人は

「起業したいけど、どんな商品を作ればいいかわからない」

という、悩みを抱えている人が多くいることもよく知っています。

 

ではここで質問です、「USP」とは何でしょうか?

 

このメルマガの読者であれば、

もう耳だこでしょう。

 

USP=お客様への究極のコミットメント

 

ですよね?

 

実はめちゃくちゃいいモノというのは

大それた完全無欠のモノという意味ではありません。

 

むしろ、もっと人間臭いもの。

想いの詰まったギフトなんですよ。

 

ギフトといえば、クリスマスシーズンですが、

例えば男性から女性へプレゼントを贈る際、

 

男性は、

最高級のシチュエーションで最高級のものを

みたいに社会的な価値で考えがちですが、

 

もらう側の女性は

自分に対しての気遣いであったり、

想いの詰まったプレゼントのほうが嬉しかったりする。

 

こんなスレ違いはありがちですよね。

 

まず想いありき。

その上で、

めちゃくちゃいいもの貰えたら

もっと嬉しい。

 

USPのスタートラインも同じです。

 

今回は

 

まず自らが豊かとなり、

関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ

 

というテーマでお送りしてきましたが、

 

そんなあなたに今一度自分に聞いてほしいことがあります。

 

「何のために生きるのか?

 誰のために生きるのか?」

 

 

以前

「自分のために決まっているじゃん!

それ以外答えがあるの?」

と言われたことがあるのですが、

私はこう考えます。

 

もちろん自分のための人生なのですが、

どんなに自分中心で考えても

残念ながら人間は人と関わりあって生きるもの。

 

「情けは人のためならず」

という言葉があるように、

「因果応報」

という言葉があるように

 

人のためを考えずして、

自分のために生きることはできません。

 

スキルやノウハウなんて、

その想いを具現化させやすくする

ツールでしかありません。

 

「ポジショニングUSP」は

あなたの想いを具現化させ、

その想いが最も響き渡る場所に立つ、

そんな概念だと私は考えています。

 

 

【まとめ ポジショニングUSPとは】

 

・あなたのすべての理想のお客様は何人いるだろうか?

 

・問題は「お客様がいないこと」

 ではなく「お客様に気づいてもらえていないこと」

 

・USPのスタートラインは

 「誰を救いたいのか?」の「想い」

 

・ポジショニングUSPは

 「想いの具現化」と「気づいて貰える場所に立つ」ことで

 まず自らが豊かとなり、関わる人を豊かにできる概念。

 

【追伸】

ここまでお伝えした内容

あなたの周りにはこのようなことで悩んでいる人がいませんか?

そういう人にぜひこのメールを転送して教えてあげてくれると嬉しいです。

 

「利益を得たければ与えることが先」という言葉があります。

「同じような悩みを抱えている人はいないか?」と

他人の問題解決を考えだすことが

超強力なUSPを生み出す力になりますので

ぜひ、考えてみてくださいね♪

 

 

明日は

私がなぜ鉾立由紀に弟子入りしたのか?

について書きます!お楽しみに!

次の記事はここをクリック!

 

USPデザイナー

畠山勇一

 

〜ポジショニングUSPこそが個人起業家にとって最も大切な戦略である。〜

 

USPデザイナー畠山勇一です。

 

 

 

突然ですが、

今あなたやあなたと生活を共にしている家族は

不安なく満足に生活を送っていますか?

 

もし満足に送っていると答えられたなら、

もう一つ考えて欲しいのですが、

このままの延長で

 10年後も満足な生活を送られているでしょうか?

 

どうでしょうか?

 

少なからず現状の段階で

「もっとこうしたい!」

「もう少しこうしてあげられたら…」というような

不満や問題を抱えているのではないでしょうか?

 

更に言えば、

「今が大変なのに、

 10年後のことなんて考えられない!」

そう感じる人もいるでしょう。

 

どんなに

「10年後、20年後に

更に豊かになるために今から準備をしよう」

とお伝えしても、

 

「それどころではない!」

というのが本音ではないでしょうか?

 

今回は、鉾立由紀がお伝えしている

「ポジショニングUSP」

前段階の

問題を解決していきましょう!

 

「今の現状に押しつぶされてしまって、

未来のことを考えたくても考えられない!!」

 

勢いで起業してしまった人に非常に多い悩みです。

何を隠そう私もそのうちのひとりでした。

 

そして同時に

「このままじゃまずいのはわかっている…」

とも心の何処かで思っていますよね?

 

だけど、現状打破できない…

 

現状を打破できない原因は3つあります。

・お金の問題

・時間の問題

・知恵の問題

 

つまり、

未来のために投資する資金や時間がない。

何に投資すれば良いのか、アイディアもない。

ということ。

 

しかし、これらは本当に全てが

どんなに真剣に考えても

「どうすることもできない問題」ですか?

解決策を提示してくれる人は周りにいませんか?

 

切羽詰っているとネガティブになっていくので、

ポジティブな思考でぜひ考えてみてください。

 

・お金の問題

…想いに共感し、融資してくれる人はいないだろうか?

→銀行や家族だけでなく、

既に成功している人が想いに共感して投資してくれた

なんて人が私の友人にいます。

 

・時間の問題

…今の自分の生活を手伝ってくれる人はいないだろうか?

→もし自分がやらなくてもいいことを手伝ってもらえたら、

1時間でも時間を作れるかもしれませんね。

 

・知恵の問題

…画期的なアイディアを提案してくれる人はいないだろうか?

→本人の視点では気づかないような発想を提案するために

私らのような仕事があります。

 

「見つかる」と仮定して、突破口を考えてみてください。

 

意外と、

未来のことを考えるための準備が

できることに気づきませんか?

 

だいぶ視野が広がり、発想が自由になったところで、

「今、自分自身で解決できること」

も再度考えてみてください

 

ここまでくれば、

「未来のことを考える準備」は完了します。

 

発想がポジティブになったところで、

次回はいよいよ「ポジショニングUSP」が

もたらす未来についてお伝えします。

 

【まとめ 未来を考えるための準備】

・今現在の問題がいっぱいあると未来のための次の一手が打てない

・現状抱えている問題は大きく3つ。お金、時間、アイディア

・「見つかる」を前提に、それぞれの問題を解決してくれる人が周りにいないか考える。

・突破口が見いだせた上で、もう一度「今自分自身でできる解決策」も考えてみる。

 

ぜひやってみてください!

 

【追伸】

ここまでお伝えしましたが、

あなたはもうこの準備は終えているかもしれませんね。

ですが、あなたの周りには上に書かれているようなことで悩んでいる人がいませんか?

そういう人にぜひこの記事を教えてあげてくれると嬉しいです。

 

明日もお楽しみに!

次の記事はここをクリック!

USPデザイナー

畠山勇一

 

[pc]

USPキーワード発想法

[/pc]
[nopc]

USPキーワード発想法

[/nopc]

 

どうもこんにちは、

USPデザイナーの畠山勇一です。

 

私は鉾立に弟子入りし、

USPプロデュースのビジネスを学びながら

このサイト管理を担当しています。

 

そんなわけで、

まずは師匠USPプロデューサー鉾立由紀が

書いた過去記事から

人気のある記事の紹介です。

「起業をやめたほうがいい人の特徴」
http://rising-sword.com/?p=418?wpyha

 

では、この記事に関連して、少し違うお話をします。

「起業します!」

と決める人は十中八九何かしらの別の仕事をしています。

 

そこで多くの人が決断に迷うのは、

「本業にしていたものをいつ辞めるか」です。

 

鉾立さんの記録と私の体験を踏まえてお話すると、

「起業したシゴトを副業にしているうちは売れない」

これは一理あります。

そこに魂が宿らないことが多いから。

しかし、それはマインド面での話

 

なので、この意見には半分賛成で半分反対です。

 

紹介した記事でも書いていますし、

私もかなり苦しい思いをしているので、

ハッキリいますが、

「企画も戦略もない状態で、とりあえず今の本業辞めてから考える」

はぜっっっっっっったいにやめたほうが良いです。

それは

行く先も決めず、

海図も羅針盤も持たずに海に出るようなものです。

 

だから、辞める前に

売れる商品をもっていますか?

絶対に売れる確証がある、

あるいは売れた実績はありますか?

そして、その売上で生活できる保証はありますか?

 

それがないのに辞めるのは「無謀」です。

 

そうやってシゴトをやめた人は

「次第に減っていく預金」に焦りを感じ始めて、

思ったように活動ができなくなっていきます。

ご縁をつなぐ交際費すらも出せなくなるんですよ?

 

 

「自分はそういう人達とは違う!」

 

…みんなそう言うんですよね。

 

起業一本に絞って成果を出す人は

「仮にダブルワークの状態でもうまく成果を出している人」です。

 

売れる企画も、売るための戦略もなく、

起業するのは時期尚早。

 

辞めてから、

お金がなくなってから気づいても、

もう、踏ん張り効かなくなって

手遅れですからね。

 

一番賢い方法は

「今の本業を言い訳にしない」で

どれだけ成果を出せるかを「今」考えることです。

起業を考えている人は是非参考にして下さいね。

こちらの記事もチェックですよ!

「起業をやめたほうがいい人の特徴」
http://rising-sword.com/?p=418?wpyha

 

 

USPデザイナー畠山勇一

 

そんな慎重な人に計画的に起業したいと思った

そこのあなた!

鉾立由紀のこの無料メール講座で

企画創造、販売戦略の立て方を学びませんか?

毎日届きます。

メルマガ登録はこちらのページから(クリック!)

>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG