なんでそれをやっているのか?

あなたは明確に答えられますか。

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

今日はとある人に

とあるツールの使い方について

レクチャーすることになりました。

 

それを教えている中で、

あらためて

成果を出す人と 

そうでない人の

根本的な理由に

気づくことができました。

 

その理由をお話していきましょう。

 

全体を俯瞰して見ないから作業になる

たとえば、

新規顧客開拓のツールとして

 

Facebookを使っている方は多いかと思いますが、

なぜ使っているのだと思いますか?

 

 

みんながやっているから?

長文の投稿ができるから?

写真が貼れるから?

 

どれも本質的な理由にはなっていません。

 

一つの答えとして、

Facebookをやっている理由は、

「全く知らない人と

顔や名前を知った上で

気軽に繋がれるから」です。

 

「実名顔出しのSNS」

これがこのツールの根幹です。

 

その本質的な目的があるから、

・いいね、すると友達の友達に広まる

・コメントのやり取りが通知で来る

・タグ付けして関係性を付けられる。

・メッセンジャー機能で気軽に個別メッセージができる

 

などの

「繋がるための便利な機能や仕組み」があるのです。

これを知っているかどうかで

それぞれの意味や意図への理解度が変わります。

 

 

なので、

1日に●回投稿すればいいとか

1日に●人の人にコメントすれば

お客様になるとか

 

そういう浅はかなものではないのです。

 

つまり

「なぜ?」を理解することが

使いこなしの最大の

コツなのです。

 

とにかくまずは、

なぜ?を深めよう!

 

なぜやっているのか?

その理由を答えられるなったら、

成果は飛躍的に変化hていきます。

 

 

 

追伸:私が話すことには全て理由がある。

ウェブツールを使いこなすことで、

成果が出るわけなので

「ツールの理解」

はとても大切なことなのです。

 

なぜ、Instagramなのか?

なぜ、Facebookなのか?

なぜ、Twitterなのか?

なぜ、アメブロなのか?

なぜ、ワードプレスなのか?

なぜ、LINE@なのか?

なぜ、メルマガなのか?

なぜ、YouTubeなのか?

こういう疑問全てに答えを持っていますか?

私は、説明をする以上はある程度の下調べをして、

実際に使えるものは使ってみた上で

使う理由も使わない理由も

自分なりに答えを持っています。

 

 

と、言うよりも

それを理解していないと

「何を使うべきか?」

という疑問に対して

適切な判断はできないでしょう。

 

価値観には

かならず善悪が存在します。

 

ツールで言えば

メリット・デメリットです。

 

例えば、

「気軽に人と繋がれる」

と言うのは

メリットにもデメリットにも

成りえます。

 

使う目的次第で

事実は

善にも悪にも

転がってしまうのです。

 

つまり、

ほんとうの意味で

答えを出したいならば、

 

誰が何のために

使うのかを理解した上でないと

正しい答えは出ないのです。

 

私は私の答えを

常に持つようにしています。

答えが出ないなら

分かるまで調べる

 

私が最も嫌いな言葉は

大して調べもしないで

言い放たれる

「わからない」

という言葉です。

 

そういう場合は

たいてい

本当にわからないのではなく、

「わかろうとしていない」

だけなので。

 

わかろうとしていないならば

あまり意味が無いのです。

 

私の話すことには

全て理由があります。

というか、

理由が話せないことは

人には教えられないですよね。

 

専門家ならば

それは理解しておきたいところです。

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

なんでもいいから

そのツールを使いこなせ!

その先に人がいる。

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

「今ってLINE@とメルマガどっちが良いんですか?」

「FacebookよりもInstagramのほうが良くないですか?」

「Twitterは集客に使えますか?」

 

このシゴトをしていると 

この手の質問を必ずされます。

 

疑問に思う気持ちはわからなくないですが、

この疑問は

「そもそも論点が違う」

というのが私の結論です。

 

何がどう違うのか?

それをお話していきましょう!

 

あなたの朝食はパン?ごはん?それとも…

 

突然ですが、

あなたの朝食はパンですか?

それともご飯ですか?

こういう質問をされたことがないですか?

 

(ちなみに私は、

「何も食べない」が答えです。)

 

これには

あなたの事実を答えると思うのですが、

この回答に

「正解」ってありますかね?

 

もしかしたら

食の専門家からすれば

正解があるかもしれませんが、

 

趣味嗜好ということで考えるなら、

「正解は無い」が正解ですよね。

 

パンでもご飯でもどっちでもいいじゃん。

 

朝はご飯を食べたい人も

パンを食べたい人も、

どっちもいるという

事実があるだけです。

 

これは

目玉焼きは

ソースですか?醤油ですか?

 

とか、

 

通勤は

電車ですか?

車ですか?

タクシーですか?

自転車ですか?

徒歩ですか?

 

と聞いているようなのと

変わりありません。

 

つまり、

もう一度言いますが、

「正解はない」のです。

 

これと全く同じことが

冒頭の質問への答えになるのです。

 

InstagramにもFacebookにも「その先に人がいる」

 

Facebookはもう終わりだから

Instagramがいい。

そういうことを言っている人ほど

ビジネスは上手く行っていないことが多い。

 

なぜか?

それは

ツールのことしか

見ていないからです。

 

本来見るべきは

「ツールの先には人がいる」

ということです。

 

確かに、

ツールによっては

人が多い少ないは

あるかもしれません。

 

しかし、

果たして自分が集客できないことと

ツールの規模は関係あるだろうか?

 

だって、そこに人はいるでしょう?

そのツールの先にいる一人にすら

魅力が伝わらないことのほうが

問題なのではないだろうか?

 

ツールのせいにしたって

キリがないんです。

なぜなら

全てのツールにはメリット・デメリットがあるから。

全てのものにメリット・デメリットがある。

 それぞれにはそれぞれの言い分があります。

 

それこそ栄養とかのことは置いといて、

朝食はパン派の方が偉いとか

ごはん派のほうが優秀とか

という甲乙付け難いものです。

 

どちらにもどちらを選ぶ

メリットが有り、

 

相手に突っ込まれる

デメリットが有る。

 

良いとか悪いとかで判断できないものです。

 

だからこそ

大事なことは、

「何を書くか?」という

中身のことなのです。

まずは何を使うかではなく、何を書くか。

ツールは何を使ったところで

メリット・デメリットは必ず存在します。

 

なので、

かならず

「そこに人がいる」

という前提で

何を書くのか?

ということが

大事なポイントになるのです。

 

 

逆に言えば、

どんなツールを使おうとしても

「何を書くか?」

がへなちょこならば、

何をやっても成果なんて上がらないのです。

 

ツールに惑わされている人は

全然俯瞰できていません。

 

 

何を使うかではなく、

無い書くか?

それすなわち、

誰のために書いているのか?

 

を明確にしていくことが必要不可欠なのです。

 

 

 

 

追伸:戦略と戦術

今回の話は

「戦略」と「戦術」の話です。

 

この場合は、

「何を書くか」を考えるのは戦略です。

 

では具体的に

「どうやって書くか?」を考えるのは戦術です

 

 

戦術は必ず

戦略の後に考えます。

 

その順番でないと意味がないのです。

 

 

その流れが疎かになると、

 

「カレー食べたいのに

一生懸命キャベツの千切りを練習している」

 

とう言う状態に陥るのです。

戦略脳を身に着けていきましょう!

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

悩まず迷わず考えずに

スルスルと

申し込みができることが理想です。

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

先日、

友人のセミナーに参加するために、

開場のある

東京駅に降り立ちました。

 

東京都に住んで

20年以上にはなるものの

「東京駅」を散策するかというと

乗り換え以外ではあまり使いません。

 

なので、東京駅

めちゃくちゃ迷いました。

 

まず、

出口が

丸の内口と八重洲口があるのですが、

それぞれに、

北口、中央口、南口があるのです。

 

なので、

丸の内北口とか丸の内中央口

八重洲中央口などの紛らわしい名前で

6つあります。

(あまり使いませんが日本橋口もあります。)

 

この時点で超迷います。

 

さらに言えば、

東京駅には

「地下の出口」

というものがあります。

(先程までのは地上の話)

 

 

そしてそして、

JRだけでなく、

地下鉄や

新幹線の改札まであります。

 

色んな場所から集まれる場所。

そして、色んな場所に行ける場所。

 

だから人も多いし

食事やお土産屋さんも多いです。

乗り換えで使う場合は

やはり「駅ナカ」で

買い物ができたり

時間を潰せるのは

非常にありがたいですね。

 

そうやって考えられて作らっていき

いろんなものが付け足された結果

 

相当わかりづらい迷宮となっています。

 

地図見てもわからない

というレベルの複雑さです。

 

私自身もセミナー参加のために

指定されていた

「八重洲地下口の◯番出口」を

さがしていたのですが、

 

これが全然見つからないのです。

 

地図見ても載っていないのです。

 

実は地図には2種類あり、

 

店舗を掲載している地図と

出口の番号を掲載している地図が

ありました。

 

そして、相当歩きます。

あってるかどうかの確証がないと

不安にもなってきます。

 

必要以上の時間と労力をかけて到着しました。

 

 

動線のわかりにくさ=不便さ

物事というのは

取り扱っているものが増えれば増えるほど、

わかりづらくなり、

理解しにくくなります。

 

たとえば、

迷路が「一本道」なら

迷いようがないので、

迷路になりようがないのですが

 

選択肢が3つも4つもあったら

そしてそれが何回も続いたら

相当な難易度になりますよね?

 

 

選択肢があるたびに

どちらに行こうかと

悩み、迷い、考える

 

そして止まってしまう。

あるいは進むのを諦めてしまう。

 

誰がどう動くのか?

そのルート(動線)を

しっかりと決めておかないと

相手は迷ってしまうわけです。

 

それは不便さにも繋がります。

そして、

この話はあなたのブログの話にも

つながってきます。

 

ブログの目的を達成するための動線はわかりやすいか?

私達個人でビジネスを行なう人にとって

ブログの目的

「申し込みをいただくこと」です。

 

お役立ち情報を発信しているのは

少しでもその申し込みの質を高めるための

「手段」でしか無いのです。

 

と、考えると

セミナーやセッションなど

リアルの場所への申し込み

あるいは

メルマガなどのWeb会員登録

 

これらへの動線は

適切に配置されているでしょうか?

 

言葉足らずになっている。

記事にそぐわない

無理矢理な文章になっている。

そもそも動線がつながっていない。

 

そういう風になっているならば

魔の迷宮「東京駅」と同じ現象が

あなたのブログ上でも

起きてしまっているのです。

 

 

まずは、

動線がスムーズにつながっているのか?

確認してみてくださいね♪

 

 

追伸:動線?導線?

マーケティングの専門用語的に言えば

一般的に使われるのは「導線」です。

顧客導線とか言ったりしますね。

 

読んで字のごとく

「導く線」です。

 

つまり、

「こっちにおいで〜」

と引っ張っていくような

印象ですね。

 

一方

「動線」

というは

「動く線」ですね。

 

これは生活動線とかで

使われる言葉です。

 

こちらには

「自然にそう動く」というような

意味合いがあります。

 

目の前に机が置いてあれば、

自然に避けて歩きます。

 

向こう側の壁にあるスイッチを押したければ、

「最短ルート」を自然に選びます。

 

 

これは個人的な感覚なのですが、

 

導線という言葉には

「してやった」感が宿ります。

 

一方

動線には

読者の自主性を妨げないようにする

という心遣いが宿ります。

 

一般的には間違った使い方かもしれませんが

私が「動線」を使っているのは

ちゃんと意味があるのです。

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

英語にこだわると損をします。

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

最終的には

「自分のこだわり」

という判断に

なってしまうのかもしれませんが、

 

言葉選びやタイトル付けで

気をつけて欲しい

初歩の初歩の話をします。

 

あなたのお客様は

「日本人」ですか?

それならば

しっかりと読んでみてくださいね。

 

 

相手は英語名をわざわざ入れるのか?

 

たとえば、

「Instagram」

を検索したい時

 

あなたはなんと検索しますか?

中には

「インスタグラム」とカタカナで

検索窓に入れることもあるのではないでしょうか?

 

流石に、

「Instagram」と

「インスタグラム」では

検索結果にさほどの大差は出ませんが、

 

複合語での検索になると話が変わってきます。

 

たとえば、

インスタグラムといえば

若い女子がモデルのインスタグラムを

フォローしたりしているわけですが、

 

「インスタグラム モデル」

と調べたときと

「Instagram Model」

と調べたときでは、

 

検索結果が

全く変わってきます。

 

後者だと

ほぼほぼ

海外のモデルさんや

英語のサイトばかりが

検索結果に出てきます。

 

これ、どういうことか

わかりますか?

 

「検索意図」を高度に読み取るGoogleの検索結果

 

検索窓に入れた言語によって

Googleは

どんな情報を

相手に返すかを決めています。

 

「どんな意図があってこの言葉を使っているのか?」

という検索意図と言うものを

Googleは判断しています。

 

先程の

英語による

「Instagram Model」

という言葉は

たとえここが日本だろうと

自分が日本であろうと

 

Googleは

「海外の情報を得たいのだろう」

と判断します。

 

そして、そもそも

日本人がサイトで

「Instagram Model」という

2語を使って

記事を書いていることは

ほとんどないのです。

 

それでもムダに英語を使い続けますか?

 

極論を言えば、

英語をわざわざ使って記事を書いたり、

ブログのデザインを行なうということは、

「日本人にとっては読みにくいもの」

というものになります。

 

いくらあなたが

ワールドワイドに

活躍したいとしても、

 

前回の記事の話になりますが、

https://positioning-letter-writing.com/?p=2314

 

そもそも

身近にいる人や

日本人に見てもらえないなら

アクセスを集めようがないのです。

 

それってつまり、

ワールドワイドに

活躍することへ

結果的に遠回り

していることになります。

 

もう一度問います、

それ、本当に

「英語」にする

必要ありますか?

 

まずは、

身近にいる理想のお客様にとって

読みやすいものを心がけましょう(^^)

 

 

追伸:結局あなたの意図していないものが広まる

相当な仕掛け人でもない限り、

あなたの伝えたいものは伝わりません。

 

残念ではありますが、

「自分が伝えたいこと」

よりも

「お客様が知りたいこと」

のほうが伝わります。

 

 

どんなに、

あなたの理論を

正当化したとしても、

 

世間的に、

その人の常識的に

違うとなると、

 

それを

一方的なWeb情報で

覆すのはかなり難しいです。

(そうなってしまうと、

そもそも目に止めてくれないものです。)

 

なので、

良くも悪くも

「あなたの意図していないものが広まる」

ということは

ぜひ頭の片隅にとどめておいてくださいね!

 

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

近道はあるけど、

近道が楽な道とは限らない。

 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

ウェブ上での動画配信と言えば、

YouTubeですが、

今はYouTubeで稼ぐというのは

非常に難しくなっているのです。

ブログ集客とよくにているので、

その理由は後述しますね。

 

さてさて、

ブログ集客をしたいと考えた時、

「検索で人がやってくるようになったら嬉しい」

と思って自動集客をはじめるのは

とてもいいことです。

 

ですが、

「そんなにいきなりラクして稼げるものではない」

ということは理解しておいて欲しいな

と常々思うことです。

 

ブログ集客は

「仕組み作り」なんです。

 

仕組み作りは

完成するまでは

大して機能しないんです。

 

ですが、

完成してしまえば、

再現性があるもの。

 

つまり、

今の成果ではなく、

長期的に見て

やっておくべき戦略。

 

アリとキリギリスの話で言えば、

「アリのシゴト」です。

 

それを理解しておかないと

断念してしまうのです。

 

 

今回はYouTubeの仕組みの話から

ブログ集客の話に落とし込んでいきます。 

 

今YouTuberになるには10000回再生の壁がある

「なりたい職業」に

「YouTuber」が出てくるほど、

YouTube上で人気の方は

若い世代にはかなりのカリスマ性を持つほどに

大きなメディアとなっている

YouTube。

 

Googleさんの傘下なので、

検索にも強く、

上手く使えば、

自分をアピールするメディアにもなるし、

 

YouTuberのように、

「広告収入」で稼ぐことも

可能といえば可能なのです。

 

しかし、

今、一世代前の

YouTuberのように

稼ごうとしても

難しいのです。

 

YouTubeで収益を得る

というのは一般的に

「広告収入」を指します。

 

動画を再生すると

最初や途中に広告が出ますよね?

あれをクリックすると

クリック数に応じて

収益が発生するのです。

(広告が表示されたからと言って

収益が発生するわけではない。)

 

日本のYouTuberのパイオニア的存在の方は

数人いますが、

絶大な人気を誇っているのは

ヒカキンさんですね。

彼らはものすごい再生数を

稼いで、そこからのこの

広告収入で利益を得ていたわけですが、

 

彼が始めた頃よりも

まず、広告収入の仕組みが変わっています。

 

私が音楽系の動画を配信していた頃は

ヒカキンさんが始めた頃よりも

既に稼げなくなっていました。

 

そして、今は更にハードルが

上がっているのです。

 

以前は、

自分の動画を収益化するのは

誰でもできたのですが、

 

今は

自分のアップロードしている

全ての動画の総再生回数が

10000回再生

を達成しない限り

いくら動画をだしても

質がいいものだとしても

収益化の対象にならないのです。

 

10000回再生

100回再生の動画なら100本必要です。

1000回再生の動画なら10本。

 

ですが、

無名の人の動画1本が1000回再生されるまで

一体どれだけの試行錯誤と期間が必要でしょうか?

 

私も今趣味で実験をしているのですが、

一ヶ月毎日一本、本気で取り組んで

ようやく10000回再生する目処が立ちます。

 

 

収益に繋がらない動画配信を

1か月続ける。

 

「ラクして稼げるからYouTubeはじめてみました。」

という人にはとてもじゃないけど

難しい修行です。

 

(私は動画編集や画像作成、

タイトルの言葉選びなどが好きなので、

全然苦ではないのですが。)

 

よくわからない人の

よくわらからない情報は

こういうハードルを設けることで

排除されてきているのです。

 

私も実験してみて

分かりましたが、

相当視聴者に喜ばれる

動画を考えて何本も

作らない限り

10000回再生は

たどり着けないです。

 

つまり、

 

YouTubeの動画すらも、

質の悪いものは

表舞台に出てくることは

ありません。

 

さすが、

Googleの傘下です。

 

質が問われる、

良いハードルです。

 

で、

これ、ブログにも同じことがいえます。

 

ブログの検索順位を上げる評価は2軸

「自分のブログが全然検索されない!」

という方がブログ始めて間もない人に

多いのですが、

それもそのはずなんです。

 

なぜなら、

ブログの検索順位が上がる仕組みは

「ブログそのもののアクセス数と質」と

「記事のアクセス数と質」という

2軸があるからです。

 

つまりこういうことがいえます。

 

どんなに読み応えのある

記事を推敲を重ねて書いても、

 

ブログそのものの

アクセス累計が

10000アクセスを

超えていないならば、

そもそも表舞台

(検索上位)には立てない

 

ということなんです。

 

YouTubeの広告審査のように

明確な数値を

明示しているわけではないので

10000アクセスが妥当かどうかは

わかりませんが、

 

そもそも

「ブログを作ってから

今までの期間で、

どれだけのアクセスが

あったのだろうか?」

 

 

という話なんです。

 

アクセス累計は

期間と記事数と人気度合い

で変わります。

 

つまり、

1ヶ月で

10アクセスしかない記事が

10記事しか無いなら

1ヶ月で稼げるアクセスは

10記事✕10アクセスで100アクセス

10000アクセス達成するのに

100ヶ月かかります。^^;

 

もちろん、

コンサルしている人の、

ブログを見ていると

10000アクセスなんてなくても、

微々たる検索があります。

 

でもそれは

殆どがたまたま来たに過ぎず

「検索上位にいてガンガン人がアクセスする」

という状態ではないのです。

 

 

だから、

「全然アクセスがない!!

検索もされていない!!」

という人が

 

今やるべきことは

友達でも既存客でも

なんでも良いから、

アクセスを多く集めることです。

 

 

それが

お金をかけずに人力でできるのが

「SNS」なわけです。

 

これもまた、

「ブログ立ち上げ当初は

特にSNSにチカラをいれよう!」

といっている理由なんです(^^)

 

まずは、

とにかくブログのそのものの

総アクセス数を稼ごう!

 

ここから始まります!

 

追伸:違うことをやって分かること

 

YouTube動画の実験は

多くのことを教えてくれます。

 

今回のことも

非常に大きな発見でした。

 

10000回再生は

非常に大きなボーダーです。

私も

すぐにやめようと思いました(笑)

 

しかし、

最初は10回くらいの再生数の動画が、

次の動画を上げたことで、

関連して見られて

最初のが15回

2本目が10回で計25回

 

一週間くらい放置してても

たまたま見られて

40回位になってたりして…

 

さらに

何度も試行錯誤を続けていると、

一気に100回位再生される

動画が現れたりします。

そうするとまた

最初の方に上げた

動画の再生数も上がります。

 

そして、またあるところで、

1000回を超えてくる動画が現れて、

最初の方に上げたことで

単純に「露出」が少なかった動画が

日の目を浴びるようになり、

最初に上げて

ずっと数十再生くらいだったものが

500回位まで数値を伸ばしたりして。

 

みたいに

相乗効果が止まらないのです。

そうなってくると、

 

100、200、300、400、

と順当に増えるのではなく。

100、400、900、1600

と加速度的に急上昇していきます。

 

そうなってくると

めちゃくちゃおもしろい!

10000回再生は

あっという間です。

 

 

これはブログも同じことがいえます。

過去に書いた記事が

活きる時が来るんです。

 

だから

 

ブログ始め立てで、

全然アクセスがない?

記事が刺さってない?

 

フザケンナよ

ただ単に

見てもらえていないだけだよ。

 

と私はいいたいのです。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

 

何事も

初心者よりも

中級者のほうが

厄介である。

  

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

 「…このままブログを配信し続けていて

本当に改善していくのでしょうか?」

 

「申し込みが入らないのですが、

どうしたらいいのでしょうか?」

 

このような不安を抱えている人は

非常に多いです。

 

どうして、

このような不安を

抱えてしまうのでしょうか?

 

理由はすごく簡単です。

 

ブログの成長を

数値で把握しようとして

「アクセス」

ばかりを気にして

 

伸び悩みの

原因を解明できて

いないから。

 

これにつきます。

では、なぜそう言えるのか

今回はそれをお話していきましょう。

 

 

「アクセスが分かる」は中級者という半端者

「ブログをこのまま書いていればいいのか…?」

そのような不安を抱えている人は

ほとんどの場合、 

「アクセス」ばかり気にしています。

 

 

正直に言わせてもらうと、

「アクセスだけ」なら

見ないほうがマシです。

 

むしろ、

下手にアクセスだけ

見られるようになると、

 

アクセスの増減に

一喜一憂し始めるのです。

 

これって結構バカらしいですよね。

 

なぜなら、

アクセス数は

行動に対しての結果でしかないわけで、

 

その行動が

「どう作用して

その結果になっているのか?」

 

 

その原因が

さっぱり

わからないわけですから。

 

そんなの

朝のニュース番組の

星占いで

運勢が悪くて

気持ちが沈むようなもんですよ。

 

そういう人たちに

私はいいたい。

 

事実だけ

知ったって

辛いだけですよ?

 

 

原因を突き止めて

具体的な改善策まで

導き出せなければ、

数値を見る意味なんて

ないのです。

 

アクセスだけ見るのは、

数値すら見られない人よりも

たちが悪いです。

 

例えるならば、

アクセスが読めるだけの

中級者っていうのは、

 

木登りできるけど、

木から降りられないような人

のことです。

 

木登りは、

降りるところまでが

木登りです。

 

アクセス解析して

 

状況を把握するならば、

必ず改善策とセットで

行ってください!

 

状況把握は

「単なる事実」です。

 

知って何もしないなら

意味はないし、

一喜一憂するのも馬鹿げている。

 

あくまで、

事実は事実として

冷静に見て

次の手をうつ手がかりにするだけです。

 

私は、

以前Google Analyticsの

初心者のための読み方

を出しているにもかかわらず

こんなことを言うのも

矛盾して聞こえるかもしれませんが、

 

アクセスを中途半端に見て

気にするなら

やめてしまった方がいいです。

 

※それもあって実は

私の継続コンサル生には、

その人の段階によっては

アクセス解析の数値の読み方は

教えてないんです^^

 

早く知りたい〜と言われるのですが

中途半端に教えるくらいなら

知らないほうがマシなのです。※

 

 

事実を知ったならば、

改善策に落とし込もう!

 

それぞれの数値には

一つ一つに意味があって、

それぞれの数値同士にも

因果関係があって、

 

上がればよし、

下がればわろし

という単純なものでもありませんから。

 

1日1改善を心がけていきましょう!

 

 

数値を味方に付けられたら

変なことで不安に感じることはなくなります。

本気で学びたい人は

ぜひ私に会いに来てくださいね(^^)

 

追伸:かわいそうな人。

数値を見ないで

判断してアドバイする人は

かなり残念です。 

 

そんな例を

たまたま見てしまったのですが、

とあるコンサルタントが、

 

「申し込みが来ない」

というクライアントに対して

 

「おそらく

LP(申し込みページ)の文章が悪い!

だから改善しよう!」

というコンサルをしていました。

 

え!?

と私は耳を疑いました。

 

そんな主観的な判断で

うまくいくわけがない!

 

多くの人が、

「申し込みが来ない」

=「ブログへのアクセスがない」

または

=「文章が悪い」

 

と結論づけがちですが、

 

なぜ、

「LPのアクセスが悪い。

つまり、そもそも

申し込みページが見られていない

という原因は考えないのだろう?

といつも疑問に思うのです。

 

考えるというか

それもちゃんと数値読めれば

すぐわかりますよ。

 

正しく原因を

突き止めないと、

いつまでも

問題は解決しない。

 

 

数値は、

客観的に事実を伝えるものだから、

中途半端に使ったり、

使われたりするのは、

かなり危険なんです。

 

ナイフと一緒です。

 

使う人次第で、

便利な道具にも、

人を殺す道具にもなるのです。

 

数値改善は

奥が深いです。

だからこそ

ちゃんと

突き詰めてほしいのです。

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

仕組み化していくことが大切

  

こんにちは、

USPデザイナー畠山勇一です。 

 

連日個別相談をしていると、

ブログを書いているのに

「申し込みが入らない人」

にはある共通点があることに気づきます。

 

今回は

その共通点について

お話していきます。

 

  

ダメな共通点は「ブログの目的」を見いだせていないこと

 

突然ですが、

「あなたは何のためにブログをやっていますか?」

 

 

この質問に

 

「セッションやセミナーなどの

リアル申し込みや

メルマガなどの

Web登録をいただくため」

と即答できないなら

そもそものゴールを見いだせていない

と言わざるを得ません。

 

ボランティアで

お役立ち情報を

出しているわけでもない限り

 

 

アクセスを集めるのも、

お客様が読んで為になる記事を書くのも、

読みやすいブログを創るのも、

全ては

「申し込み(登録)」

のため、ですよね?

 

それを

見失ってしまうと、

「ブログを書くこと」

目的となってしまうので、

 

ブログを書くことで

自己満足してしまい、

 

肝心の集客や売上には

繋がらないものが

生まれてしまいます。

 

そうなってしまっては

単なる「時間の無駄」です。

 

そんなことに

1日何時間もかけているなら

 

もっと

売上に直結することに

時間を割いたほうが

自分にとっていいはずです。

 

起業家は、

営業マンとしての

側面も持っているので、

売上という

結果が大事です。

 

残念ながら、

「上手く行かなったけど、

がんばったからご褒美をあげるよ」

なんて人はいません。

 

 

そこはかなり

ドライな生き方です。

 

ですが、

結果が出なくても

自分のかけがえのない

資産になることはあります。

 

それは

「目標を立てて成果に向けて

本気でがんばった時」

 

この時は

「上手く行かない方法を学んだだけだ」

といえます。

 

ですが、

中途半端にやったら、

中途半端な結果しか

わからないのです。

 

つまり、

「本気を出していないから

上手く行かなった」

という「言い訳」

成り立ってしまうと

 

間違ったやり方だから

上手く行かないのか?

 

それとも

やりきらなかったから

上手く行かないのか?

 

どちらの理由で

失敗したのかが

わかりません。

 

そうなってしまうと、

いつまでも

「次こそはちゃんとやろう」

という言い訳が許される場所から

なかなか

一歩踏み出せないのです。

 

それでは

成果は出ません。

 

ブログは

ただ書いているだけでは

有効活用はできません。

 

ほぼほぼ

視覚情報だけで

お客様に魅力を

伝えないといけないのですから、

 

直接話して伝えるよりも

伝わるように伝えるのは難しい。

 

だから、

目標を決めて、

仮説を立てて、

検証してく。

 

という行動が

大事なのです。

 

あなたは

ブログに

いったい

何件の集客をしてほしくて

どれだけの行動をしていますか?

 

本気でブログからの集客の仕組みを作りたいなら、

 

しっかりと

目的を明確にして

目標を定めて

行動をやりきっていきましょう!

 

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

 

追伸:PDCAに優る正攻法はなし

 

たまに

「絶対に失敗しない方法でうまくいきたい」

という言葉を使う人がいますが、

 

この世に

絶対に失敗しない方法

なんてものはありません。

 

ですが、

失敗を失敗のままで

終わらせない方法

ならあります。

 

結局は色んな経験をしたほうが

人は強くなれます。

 

生まれたときから

無菌状態で

過保護の育てられるよりも、

 

それなりの

色んな経験をした方が

人は強くなれます。

 

※罪を犯したり

事件に巻き込まれるのが良いという

わけではありませんよ。

 

人生と比べて

ブログでの実験なんて

可愛いものです。

 

自分は普段使わない

言葉を

表現を

方法を

使ってみたらどうだろうか?

 

意外と面白いことが

あるかもしれませんよ。

 

常に実験です。

そして、

左右に振り子のように振り切りながら

徐々に正しい方向に進んでいるかを

検証していくことが大事ですね!

 

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

 

ただの作業にしないことがポイント。

  

こんにちは、

USPデザイナー畠山勇一です。 

 

スーパーで

鯛の刺し身が

安くなっていたので、

家で「鯛のカルパッチョ」

を作っていました。

 

カルパッチョ…

食べたことはあるけど、

作ったことはない…

 

そんな時はレシピを

ネット調べてみます。

 

そこで気づいたことがありました。

 

食材が分かるだけでは作れない…

私は元々厨房で働いていたこともあるので、

ある程度イメージのできる料理であれば、

「食材」が分かれば、

作ることができます。

 

今回も

カルパッチョのレシピの

一番最初の

「食材一覧」を見て、

大体のことはつかめました。

 

特にカルパッチョですからね。

 

わからなかったのは

「カルパッチョソース」

に何が入っているのか?

ということだけでした。

 

 

オリーブオイル

食酢

ブラックペッパー

食塩

レモン

ココらへんは

イメージ通りでした。

 

しかし、

一つパット見で

迷った食材がありました。

 

それは

「にんにく」

 

まず、ソースに

にんにくが入っている

認識があまり無かったので、

それで驚きましたが、

 

次に思ったのが、

 

「どうやって入れるのか?」

ということでした。

 

つまり、

すりおろすのか、

スライスするのか

刻みニンニクにするのか

 

どういう形状で

入れるのか迷いました。

 

 

なので、

ちゃんとレシピを見ると、

一番最初に、

「にんにくはすりおろしておく」

と書いてあったのです。

 

そこでようやく、

おろして

ソースに混ぜる

ということが

わかったのでした。

(もちろんレシピによっては

にんにくを使わないものもあります。

今回私が見たレシピが

たまたまそうだっただけです。)

 

レシピの食材だけみても

分からない料理の場合は、

それらがどうやってうまいこと

絡み合って

美味しい料理に化けるのか?

 

それを考えながら

行なうことが大事です。

 

結局のところ

食材それぞれには

様々な変化の可能性があります。

 

「大根」

と一口に言っても、

 

味噌汁に入れるもよし

おろして食べるもよし

おでんにするもよし

ぶり大根にするもよし

 

可能性はいくらでもあるのです。

 

つまり、

「どう使うか?」

そこまで含めて

料理は成り立つわけです。

 

これって

Webのツール

一つ一つにもいえます。

 

Webのツールもどう使うかが大事

「Facebookを使えば集客できる。」

「アメブロを使えば人が集まる。」

「メルマガはコアファンを生み出す。」

 

そんなようなことを言う人は多いですね。

 

しかし、

本当にそうでしょうか?

 

おそらく、

Facebookを毎日投稿しても

全く集客につながっていない人も

中にはいるはずです。

 

成果が出る人がいる一方で

一向に成果が出ない人がいる。

なぜでしょうか?

 

それは、

「どう使うか?」

ちゃんと考えられているかどうか?

の差なんです。

 

つまり、

「Facebookに1日5投稿すればいい」

のではなく、

 

その日々の投稿で

何を伝えたいのか?

誰に伝えたいのか?

どう表現するのか?

どうやって伝えたい人と繋がるのか?

などなどを

しっかりと

考えて行動するから

成果が出るのです。

 

にんにくを使うと言っても

使い方はそれぞれなのと

同じで、

 

Facebookを

ビジネスで使うと言っても

使い方はそれぞれ。

 

使い方次第で

集客装置にも

たんなる暇つぶしにも

化けてしまうのです。

 

そうならないためにも

まずは

「なぜそれを使うのか?」

「どんな機能があるのか?」

など

前提の知識を蓄えることから

初めて見てくださいね!

 

 

もちろん、

考えすぎて、

ノロマの行動になってしまったいるなら

元も子もないので、

そういう人は

まずは作業でもなんでもいいから

「やり始めること」

最も大事ですよ!

 

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

追伸:ハッシュタグという機能の可能性

継続でコンサルティングを

受けられている方のための講義では、

今の時代に合わせた、

有効的なツールの

「活用方法」について

シェアしています。

 

みなさんは

「ハッシュタグ」

はご存知ですか?

 

Twitterや

Instagramで

使われる

情報整理のための

機能なのですが、

 

この「ハッシュタグ」を

使うことで、

自分の理想のお客様と

かなり濃密な

コミュニケーションが

行えるのです。

 

「ただ付けている」

では

濃密な

コミュニケーションは

不可能ですが、

 

とある、

役割として使うことで、

かなり有意義に機能します。

 

これは講座生限定の

情報なので、

もう暫くは

講座生だけで

実際に機能するか

様子を見てみますが

 

ツールを理解し、

ツールの新しい使い方や

真の使い方を

見つけ出すのは

楽しいですね(^^)

 

気になる方は

私に実際に会いに来てくださったら

ポロッと話す気がします(笑)

では!

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

今だけを見ている人は

先の大きな成果にたどり着けない。

  

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

「ブログの自動集客化」

というのは基本的には長期戦略です。

そのために、

「今の結果」ばかり求めてしまう人は

たいてい成果が出る前に

やめてしまうのです。

 

手を変え品を変え

色いろんなことをやっても

「その時」はよくても

 

結局何も残らないので、

また新しいものに飛びつかないと

いけなくなる。

 

確かに、

どんなに長く続くものでも、

長く続けていれば、

効果は落ちていきます。

 

しかし、

その「やったもの」を

資産として残せるか 

 

「やりっぱなし」で

やめてしまうかで

 

数年先の未来は大きく変わります。

 

「どこに向かって

考動しているのか?」

 

これをしっかりと

みることが大事なのです。

 

 

今の100万円を我慢して「毎月の1万円」を創り出す。

 

起業家という

生き方を選ぶと

どうも売上

「月商7桁」というのは

一つの指標になるものです。

 

「月商」100万円

 

サラリーマンの

「月収」と比べると

金額的には高いように感じますが、

 

起業家=自営業の場合は

税金は払うは

経費は抜けていくは

集客はなかなか安定しないは

で、妥当な数値目標です。

 

なぜなら、

集客からサービス提供まで全部自分でやって

収入が安定しているわけでもないのに

サラリーマンと同額しか稼げないなら、

 

「自営業」なんて

よっぽどそのシゴトが好きじゃない限り

やらないほうが身のためだからです。

 

私自身も

今のシゴトは

やりたいから

やっているわけだし、

 

自分が進むべき道の

最良の道と考えて

今の人生を選んでいます。

 

その日暮らしの

自分が働き続け無いといけない

自営業をいつまでも

続けていこうという

考えはありません。

 

もし万が一

自分が働けなくなったら…

「働けない」

というのは

必ずしも

「自分の健康」上の

問題だけではありません。

 

たとえば、

子どもが生まれるとか

 

親が急に倒れてしまって

そばに居てあげたい、など

 

人生において、

何が自分を

「働けなくするか」

なんてことはわかりません。

 

別に私は「楽して稼ごう」

という話をしたいのではなく、

 

 

せっかく

今あなたが

必死に

がんばっていることが

未来の自分の資産になる。

 

未来の自分の代わりに

今の自分が生み出したものが

働いてくれる。

 

そんな風になれたら

楽しいと思いませんか?

 

私は常に

それを考えて

行動しています。

 

すごく簡単言うと

「仕組み化」です。

 

具体的な話をするならば、

 

月商100万円を

1〜3ヶ月間

稼ぎ続けるのは

売る者と物のクオリティと

勢いさえあれば、

可能です。

 

特に、

今までの人脈がそこそこあって

多少のゴリ押しがデキる人なら

焼畑農業的に、

今まで培った人脈に手当たり次第

売ればサクッとできたりします。

 

しかし、

この状態では、

いずれ底が尽きるし

ちょっとお休みしたり、

気を抜いた時点で

一気に「0」にまで

落ちていきます。

 

そういう人を

何人も見てきました。

 

確かに、

実績とか信頼作りの時点で

勢い良く売上を上げていく時期も

大切ですが、

その間に

「仕組み化」

を視野に入れて

動いていないと、

 

すぐに

起業家生命

終わりを迎えます。

 

月商100万円

確かにこれも大事です。

 

しかし、

もっと大事なことは、

「毎月1万円でも

自動的に入ってくる仕組み」

を創り出すために

何をするか?

です。

 

もちろん、

「1万円」というのは

1例です。

 

最初は仮に

500円でもいいのです。

 

大事なことは

「一つの労力が、

その後も利益を生み出す仕組みに

変わっていく長期視点」

です。

 

 

ブログの自動集客の

仕組みを創るというのは

そういう長期視点の戦略なのです。

 

「集客活動」

は金額で図れる部分が少なく、

時間を費やしているので、

労力が見えにくい部分ですよね。

 

その部分を

記事を書いたり

書いた記事を改善したりしていくごとに

少しずつ少しずつ

労力をカットしていく。

 

それこそが

仕組み化の醍醐味なのです。

 

長期視点で考えていなければ、

数年で何も残らず

跡形もなく消えていきます。

 

 

そうならないためにも

自動集客の仕組み化を

今から始めてくださいね!

 

 

追伸:毎月500円のYouTuber

 

 

私が音楽活動をしていた頃、

3ヶ月間、結構頻繁に

YouTubeに動画を上げ続けた

時期がありました。

 

やればやるほど

楽しくなってきちゃって

どんどん

内容や編集を凝るようになって

費やす時間が増え、

本業に支障が出るくらい

熱中してしまったので

やめてしまったのですが、

 

 

その頃の動画は

投稿をやめてから1〜2年間

利益を生み出していました。

 

まぁ毎月に換算すると

500円程度でしたが。

 

当時は

「500円なんて学生の

お小遣いでも足りないよ…」

と落胆したものですが、

 

冷静に考えてみると、

「もう何もしていないのに、

毎月500円入るって凄いな」

と思うのです。

 

ちまちましているかもしれませんが、

たとえ少額でも

「不労所得」は「不労所得」

それを元手に増やしていくことも

できますからね。

 

その大切さを気にせずに

「臨時収入だ〜!!」なんて

すぐに使っていたのですが、

今なら、それはとっておいて

次の投資に使いますね。

 

 

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

ゴールを決めてジャンプ!

  

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

今日はブログで使いたい

「小ワザ」について

紹介していきます。

 

WordPressでも

アメブロでも

使えるので、

是非最後まで読んでみてくださいね! 

 

 ページ内リンクという瞬間移動術

ランディングページ

(申し込みページ)

など長文のページで

よくこんなものを見かけないだろうか?

 

お申し込みはこちら!

※このボタンはリンク貼っていないので

反応しません。

 

このようなボタンが

途中途中に貼ってあるのが

主流ですね。

 

で、こういうボタンを押すと

どんな反応をするでしょうか?

 

考えられるものは大きく3つ

  • 他のページへ飛ぶ
  • Formが出現する。
  • ページの下の方のフォームへ瞬間移動する。

 

この中のどれかを

見たことはないでしょうか?

 

1つ目は単なるリンクですね。

これは説明の必要はないでしょう。

 

2つ目はかなり

特殊な機能を使っています。

 

結構多く、

かつ誰でも使えるのが

3つ目の「瞬間移動」

です。

 

ボタンをクリックすると、

ヒュンッ!と指定した位置に

瞬間移動するのです。

 

これは

長文でかつ

最後にフォームがある

ときなんかに使います。

 

長文は

「しっかりと納得してもらうため」

に書くわけですが、

 

「説明はいいから早く申し込みたい」

という人にとっては煩わしいものです。

 

そういう人のために、

途中ですぐに

申し込みに行けるように

設置することが多いです。

 

ポイントは「ゴール」の設置

 

やり方はすごく簡単で、

HTMLでゴールを設定する。

<div id=”Form1″></div>

 ※Form1は任意の名前でOK

 

そして、

そこ(Form1)に向かう

リンクを貼る

#Form1

(#=ハッシュ)

 

たったこれだけです。

 

詳しくは動画で解説しましたので、

ぜひ使ってみてくださいね!

ページ内で瞬間移動!ページ内リンクの設置方法

inpagelinkthumb.jpg

 

是非参考にしてみてくださいね!

 

 

追伸:「ゴール」を設定するから上手くいく

今回の「ページ内リンク」

ポイントは

「ゴール設定」

 

これはビジネスや

人生でも同じことがいえます。

 

実のところ楽曲も

料理も全部そうですよね。

 

何創るか決まっていないのに、

いきなり玉ねぎ切り

はじめる人はいないですよね。

 

必ず、

「ゴール」があるから

ルートがデキる。

 

この「ページ内リンク」を使う時は

いつもこんなことを考えてしまうのでした。

 

================

ブログで自動集客の仕組み作り3時間セミナー

自動集客セミナー.jpg

 

3240円!!!

友達とくるとお得になります!

定員は各10名まで!!

▼詳細・申込みはこちら▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=uspseminar&WP

================

 

>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG