正しく考え続けることが大事

  

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

今日は少し趣向を変えて

「考え方」についてお話していきます。 

 

 

「あり方」「考え方」「やり方」の3つの軸

 

これから行なう行動について

考える時に、

3つの軸があります。

  • 「あり方」
  • 「考え方」
  • 「やり方」

という3つです。

 

これらは

イマイチピンときてない人も

多い言葉ですが、

よく使われる言葉でもあります。

 

細かく見ていきましょう。

 

「あり方」は「どう在るべきか?」という存在そのもの

在り方っていうのは

とどのつまりは

自分の人生の指針です。

 

どう在るべきか?

もしくは

どうなりたいのか?

という大きな未来像です。

 

これがなければ始まらない上に、

「こればっかりは自分で決めないと行けない」

のです。

 

とはいえ、

自分できめると

自分の知っているものでしか

想像できないので、

偏った道を選びがち。

 

たとえば、

私は子供の頃

「金持ちは悪いことをしている」

みたいな発想を親に植え付けられたので、

そういう風になってはいけない

と思いこんでいました。

 

ですが、

それは

お金を持っていることが問題なのではなく、

「どう在るべきか?」

が問題なのであって、

 

「お金持ち=悪い人」ではないのです。

そんなことを言ったら

「貧乏人=悪い人」だって

成り立ちますからね。 

 

どうありたいか?

を決めるのは自分自身ですが、

「どんな在り方があるか?」

をまずは沢山知る必要はありますね。

 

「考え方」は「どう考えるか?」という戦略

あり方のところで出てきた

「捉え方」とも言い換えることができますね。

 

一つ行動や、現象、状態、事実

そういうものを「どう考えるか?」

という視点です。

 

例えば、

「声が大きい」と言うのは

単なる事実です。

 

ですが、

これを

「うるさい」と捉えるか

「元気がある」と捉えるかは

考え方次第

なのです。

 

これと同じです。

 

逆に言うと、

「どう考えるか?」を考える時は

必ず、

「正しく事実だけを捉えるチカラ」

が必要なのです。

それがなければ、

偏見ばかりの考え方になり、

「ありたい姿に向かう近道」

を見つけられなくなってしまいます。

 

在り方がゴールなら

考え方はルート

ではラスト

「やり方」について

 

やり方は「どうやるか?」という手段

ここまで来て、

ようやく具体的な話になります。

 

ゴールとルートが決まって

あとは

じゃあ

「どうやって行くか?」

を決めて動き出すところです。

 

ここで大事になるのは

「具体的な行動まで落とし込むこと」

理想論ではなく、

行動プランを

決めることが大事なのです。

 

 

そうすることで始めてなりたい姿への

道が開かれるのです。

 

どうしても「やり方」ばかり考えがち

起業して

上手く行かない人のほとんどは

「やり方」にとらわれている人です。

 

いわゆる

「ノウハウ」と言うのは

ほとんどがこの「やり方」なのです。

 

ですが、

やり方というのは

「正しい考え方」があって

始めて意味をなします。

 

例えば、こういう話。

 

鮎(川魚)を釣りたくて

釣り竿の使い方を学んだとします。

(やり方)

 

しかし、

で一生懸命釣りを

していたらどうでしょうか?

これが

やり方だけ学んで

考え方を知らない人の

陥りがちな例です。

 

そして、在り方が原動力になる

そして、さらに言えば、

なぜそれをしたいのでしょうか?

いくら賢くその方法を

実践しても

(やり方✕考え方)

 

そもそもどうなりたいのかの

ゴールに進んでいないなら

全然がんばりたくなんかないんですよ。

 

だから結局は

「在り方」というゴールから

考えておかないと、

どこかでエンジンが

切れてしまうのです。

 

例え上手く行かない

日々が続いても

ほんとうにそれをやりたいのだろうか?

「なんとなく稼げそう」とか

「以前の会社が肌に合わないから」とかの

適当な理由でビジネスをやっていないだろうか?

 

そんな「在り方にそぐわないビジネス」は

長く続かないので、

早く辞めてしまった方が

身のためです。

 

ですが、

「何が起ころうとも、成し遂げたいんだ!」

と「在り方」が定まっているならば、

後は「考え方」を身につけるべきなのです。

 

 

その考え方を知りたい方は 

個別相談に是非お越しくださいね!

 

※個別相談は

無料小冊子

USPキーワード発想法を

手にした人だけに実施しています。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

追伸:要点が「3つ」で考えるクセ

 

私は「要点は3つ」とか

だいたいのことを

3つのポイントで

捉えて考えることが

多いです。

 

これ、必ずしも

「3つ」になるわけではなく、

取捨選択して3つに絞っている場合と、

 

要素を分解して、

ひねり出している場合があります。

 

どちらにしても、

覚えやすく、

シンプルかつ

多角的に網羅できるのは

どうにかして「3つ」 

にすることです。

 

3ってバランスいいんですよね。

 

カメラとかマイクのスタンドが

4脚ではなく3脚なのは

「倒れにくいから」なんですよね。

 

3点は「面を作る最小の値」

なので、

足さずとも引かずとも

それぞれがそれぞれを補い合うので、

安定するんです。

 

 

 

「3」って奇数なのに

凄い安定感なんですよ。

 

友達も

3人組とか

多いですよね。

 

3はね

ペアではなく

チームの最小単位。

 

4になると、

もう2人ずつで

分かれることがデキるから

派閥が生まれるのです。

 

3はそういう溝も出来にくい

だから3なんですよね。

 

「3つの●●」

というのを私が

大切にしている

ちょっとした理由でした(^^)

 

 

※個別相談は

無料小冊子

USPキーワード発想法を

手にした人だけに実施しています。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

「言葉」が

見つけてもらえる「鍵」

となる。

  

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

何の気なしに

あなたが使いたい言葉を使っていると、

お客様には

選んでもらえない

可能性が高くなります。

 

それは、

なぜでしょうか?

今回はその理由を解明していきましょう!

 

 

「検索」の仕組みをおさらいしよう

今更何を言い出すのか?

と疑問に感じる人もいるかと思いますが、

 

「検索」による

情報収集の

仕組みと行動を

おさらいしてみましょう。

 

まず、何かしら

情報を得たいユーザーは

GoogleなりYahoo!なりの

「検索エンジン」を使って

 

「言葉」を入れます。

多くの場合は

複合キーワード

といって

 

「ペルソナ 集客 USP」

みたいに、

2語以上の言葉を組み合わせて

検索します。

 

そうすると、

その言葉の組み合わせから、

「この人はきっとこの情報が欲しいのだろう」

と検索エンジンが

「意図」を汲み取って

 

適切な検索結果を返します。

 

そこには

1ページに10位までの

順番で検索の結果が出てきます。

 

検索結果では、

各記事の「タイトル」

そして、

「ディスクリプション」

と呼ばれる概要が

表示されます。

 

その

「タイトル」

及び「ディスクリプション」

をユーザーは

サーッとスクロールして

目に止まった記事を

「クリック」します。

 

そして、

内容を読みます。

 

内容が

欲しいものであれば、

満足し、

次の行動に移ります。

 

さて、

ここまでが、

「検索」というものを

取り巻く

仕組みと行動です。

 

まず大事なことは「検索するであろう言葉」を使うこと。

 

ここでまず大事なことは、

「検索するであろう言葉」

を使わなくては、

ほとんどの場合

見つけてもらえません。

 

なぜなら、

相手が

検索窓に入れるのは

相手の頭に浮かぶ言葉

しかありえないから。

 

特に気をつけなければいけないのは、

専門用語や、

ある層にしかわからないような言葉

です。

 

お客様の年代が違うなら

使っていた言葉が違いますし、

 

営業マンが使っている言葉や

ネットオタクが使っている言葉

なども気にしておくべきものです。

 

たとえあなたが使わない言葉でも

あなたのお客様となる

方は使っているかもしれない。

 

ということです。

 

そして、

その言葉を「どこに使うのか?」

これもまた重要です。

 

相手が検索にいれる言葉を「タイトル」と「ディスクリプション」に入れる

使うべき言葉が思い浮かんだら

それらを

「タイトル」と

「ディスクリプション」に

入れることが大事です。

 

※アメブロなど「ディスクリプション」の設定ができないものは

文章の冒頭を意識してください。

 

特にタイトルは、

検索エンジンが

ユーザーの使ったキーワードと

照らし合わせる

もっとも大切な部分になります。

 

タイトルに

検索される言葉を入れることは必須です。

 

さらに言えば、

タイトルの最初の方しか

検索結果に「表示」されないため、

お客様の目にとまらない場合があります。

 

そうならないためにも

お客様の目にとまる位置に

言葉を配置していく必要があるのです。

 

さて、

「お客様の使う言葉」を

「入れるべきところに入れる」

これら

言うのは簡単ですが、

実践できていますでしょうか?

 

ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

どうやったら

お客様目線の言葉を使って

ブログを集客の仕組み化

していけるだろうか?

 

その方法を知りたい方は 

今年最後の

個別相談に是非お越しくださいね!

 ※個別相談は

無料小冊子

USPキーワード発想法を

手にした人だけに実施しています。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

追伸:意外と些細な事ができていない

 

わかったつもりに

なっている人は

かなり多いなと

個別相談に来てくださる方の

ブログを見ていて感じます。

 

私は割りと情報を

公開しているので、

それを読んで実践してくれている

方も多いことを知っています。

 

それは非常に嬉しいことだし、

どんどん実践して

成果に繋げて欲しいなと感じています。

 

しかし、

実際に「やっている人」の

ブログを見に行くと

ツメが甘いな

もったいないな

と感じることも多々あります。

 

凄く些細な事なんですけどね。

 

8割位は真似てくれていても

2割は我流になっていて、

でも

その2割が実は重要だったりする

なんてことは

よくあります。

 

むしろ、

その8割真似しなくていいから

大切な2割の方を実践して欲しい…

 

なんてコトを思うわけです。

 

当然個別相談に来てくださった方には

本当は何が重要なのかを

お伝えしています。

 

いくら文章を読んでも

解釈が違えば、

理解する日は来ないんですよね。

 

「だからいつもそうやって

言ってるんですね!

今その本当の意味がわかりました」

 

という言葉を

聞くのが個別相談の

密かな楽しみだったりします(^^)

 

あなたの実践は間違った方向に

行っていないだろうか?

是非お越しくだいさいね!

 

 ※個別相談は

無料小冊子

USPキーワード発想法を

手にした人だけに実施しています。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

現状を知ることが

改善の第一歩!

 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

自動集客の仕組み

なんとも理想的なこの言葉を

支える強固なバックボーンは

 

「数値管理」

と言うものが担っています。

 

「数値」嫌いが誤解せずに数値と付き合っていくには

多くの人が恐れおののく

「数値」

実は私は

「大嫌い」でした。

 

数値なんかで

人間の気持ちの何が分かるのさ!?

 

そんな風に思っておりました。

 

 

しかし、それは

「数値」の一面しか見ておらず

現実を直視しない理由にしておりました。

 

良くも悪くも

数値は無機質に

「現実」を表します。

 

現実を決して「マイナス」に捉えないことが大事

数値は

自分のできていないことも

できていることも

浮かび上がらせてしまうものです。

 

そして、

私を含む多くの人は

「できていないこと」

ばかりを気にしてしまうのです。

 

そして、

自己嫌悪に陥ったりするわけですね。

 

 

しかし、

それでは成長はありません。

 

かといって

「できていない」ことを

責めたところで

何かが変わるものでもありません。

※むしろマイナスに働くことが多い。

 

「今」は常に「ゼロ」である

まずは、

「事実を受け入れること」

ってすごく大事です。

 

良いとか悪いではなく、

「今こういう状態」

ということを

ただ単に受け入れるだけ。

 

「今」は常に

マイナスではなくゼロ

なんですよ。

 

 

どんな状態だとしても、

過去を悔やんでも仕方ない。

 

これからの考動を変えれば

いくらでも

良くしていくことができる。

 

数値はもっとも客観的に判断してくれる最大の味方

 

そのためには

自分の主観でもなく、

自分以外の

誰かの勝手な主観でもなく

 

「数値」という

客観視点は

もっとも信頼できる

評価

なのです。

 

そう思えたら、

私は、数値と付き合うことが

楽しくなりました。

 

 

さてさて、

ブログでの自動集客において

「数値」と楽しく付き合うには

無料のアクセス解析ツール

「グーグルアナリティクス」の

活用は必要不可欠です。

 

 

今回は、

グーグルアナリティクスの設置方法から

基本的な読み方までの

動画を一挙まとめてご紹介します。

 

ぜひ、「数値」と仲良くなってくださいね!

 

グーグルアナリティクス設置から基本的な読み方まとめ

 

グーグルアナリティクスの設置について

何はなくとも「設置」しなければ、

計測は開始されません。

まずは、設置することを今すぐ行ってください。

【WordPress編】

【アメブロ編】

 

 

設置した時にやっておきたいこと。

設置して浮かれていては行けません。

その最近のアクセスアップ、自分のアクセスかもしれませんからね。

 

自分のアクセスがカウントされないようにする方法

グーグルアナリティクス読み方

グーグルアナリティクスの3つの軸は

  • ユーザー:どんな人が見に来てくれているか?
  • 集客:どこから見に来てくれているか?
  • 行動:どのページを見に来てくれているか?

これらの概要をまずは見られるようにしていきましょう!

 

基本1:どんな人が見に来てくれているのか?

基本2:どこから見に来てくれているのか?

基本3:どのページを見に来ているのか?

 

 

「数値」という事実を受け入れ

今というゼロからプラスに変わる

1日1改善しっかり行っていきましょう!!

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

雑談のように売ることが、

「売り込まない」コツ 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

あなたのビジネスでは

どんな価格帯の

商品・サービスを売ることで

売上を立てているでしょうか?

 

30万円を稼ぐにしても、

1万円を30人

2万円を15人

3万円を10人

10万円を3人

15万円を2人

30万円を1人

 

と、売上を作る方法は

人それぞれです。

 

当然、

単価が上がれば、

それだけ買う人の割合は

減ります。

 

こんなに

数値計算でだけで

うまくいく

ようなものではありません。

 

それを考えると、

高い商品を売るのも

安い商品を売るのも

結局同じなのでしょうか?

 

しかし、

この答えはNOですよね。

 

結果的に

高額商品を取り扱って

「売れるようになる」

方が

自分にとっても

お客様にとっても

いい事づくしなのです。

 

なぜなら、

そもそも

低単価のものを扱っている場合

多くの人に会ったり、

ウェブ上で多くのアクセスを集める

必要があるのですが、

 

個人のビジネスでは

規模と労力に限界があることが

考えられます。

 

個人で50人も100人も

顧客管理して、

サービスを維持しながら

提供できるものでしょうか?

 

現実的にみてかなり難しいのです。

 

個人の自営業者は

薄利多売の

ビジネスをするくらいなら

 

あなたにしかできない

唯一無二のサービスを

提供することで、

 

顧客単価を上げて、

満足度を高めるほうが

自分の売上も安定するし、

お客様も嬉しいものです。

 

しかし、

ここで問題になってくるのが

「売る」という行為です。

 

営業マンや

ショップ店員の

経験者でもない限り、

 

「買っていただくためのトーク」

は上手くできないものです。

 

下手くそな人ほど、

「一方的に買っていただこうとする」 

 

つまり、

売り込み

売りつけ

ということをやってしまいがち…

 

高額なものを売るとなると、

更には

「こんな高いもの私が売っていいのか…」

というような

自信のなさなどが

でてしまったり

 

「いいものだから買ってくれるだろう」

という一方的な話をしてしまったり、

をしてしまいがちなのです。

 

高額商品を売る時に

考えなければならないのは、

売れる商品と、売り方です。

 

どんなに売れる商品を

開発したとしても、

売り方が悪ければ

売れることはありません。

 

そして、

もっとも

売れるかどうかに

関わってくるのは

 

「セールストーク」や

「クロージングトーク」という

部分です。

 

どんなに、

集客活動をしても、

最後の最後で

変な売り込みをしてしまっては

元も子もありません。

 

そこで紹介したいのは、

私が自動集客の仕組み作りの面で

サポートしている。

 

宮崎県で女性の起業支援をされている

長友あずささんの

『雑談してても軽やか月商100万円!売込み0セールス法』

という無料小冊子です。

▼▼詳細はこちら▼▼

http://azusa-nagatomo.info/page-363/?hatakeyama

shousasshi-banner-large-nagatomo-sama-768x307.png

 

この小冊子には、

長友さん自身が宮崎県に移住してから

2012年に、

カネなし、コネなし、経験なし、

で0から立ち上げた

ネット通販のエピソードを交えて

現在2000万円以上を

社員を抱えずたった一人で売上げる方法を

完全無料公開してくれています。

 

 

ご自身で立ち上げたネット通販

そしてそれを成功に導いた

ノウハウを元に行っている

0スタートの個人起業家の支援。

数々の成功者を排出しております。

 

そんな自分で道を切り開いてきた

長友さんだからこそ伝えることができる

裏打ちされたメソッド。

 

それを公開してしまっているのが

今回の小冊子なのです。

 

 

 

長友さんは

「雑談してても売れる」

いやむしろ、

「変に売り込まずに

雑談するから売れる」

 

ということを伝えてくれています。

 

長友さんの

クライアントは

ほとんどが

「ビジネス経験0」の主婦の方

だったりします。

 

だからこそ、

変な売るためのメソッドではなく

ビジネス経験0の方でも

楽しみながら商品が売れる

メソッドを考えつけたのでしょうね。

 

高額商品、

どうやったら売れるようになるだろう?

その突破口が見つけられずにいる方は

まずはこの長友さんの

無料小冊子を

ご覧になってくださいね!

 

『雑談してても軽やか月商100万円!売込み0セールス法』

という無料小冊子です。

▼▼詳細はこちら▼▼

http://azusa-nagatomo.info/page-363/?hatakeyama

shousasshi-banner-large-nagatomo-sama-768x307.png

 

現状を知ることが

改善の第一歩!

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

  

ブログを自動集客の仕組みにしていくのに

最も大切なことは

「1日1改善」です。

 

ただ書いているだけの

「やっつけ作業」になっている

ブログ記事よりも、

しっかりと作り込まれたブログのほうが、

満足度が高いのです。

 

今の時代は

「量より質が評価される」

そんな時代です。

 

そんな時代に

選ばれるブログ、

そして、

選ばれるビジネスを作りたいなら、

 

まずは

「現状の数値把握から始めよう!」

  

ということで、

 

前回、前々回は

グーグルアナリティクスの読み方の

基本のキをお伝えしました。

 

【動画解説付き!】初めてグーグルアナリティクスを読む人が押さえるべき数値

https://positioning-letter-writing.com/?p=2279?am

 

【動画解説付き!】あなたの読者が何処からやってきているのかを知ろう!

https://positioning-letter-writing.com/?p=2283?am

 

 

今回は、

グーグルアナリティクス3つの軸、

・どんな人が見に来ているのか?

・何処から見に来ているのか?

・どのページを見に来ているのか?

 

のラスト!

どのページを見に来ているのか?

の読み方を説明していきましょう!

 

 

グーグルアナリティクスでは期間中の閲覧記事の全ランキングが分かる

 

グーグルアナリティクスの

「行動」という項目の概要では

指定した期間中の閲覧された記事の

ランキングがわかります。

 

閲覧されていたら全てランクインします。

どの記事が人気なのか、

一目瞭然です。

 

ランキングがわかれば、

改善ポイントは自ずと見えてきます。

 

まずはこちらから、

グーグルアナリティクスでの

読み方を御覧ください。

RANKINGsam.jpg

https://youtu.be/l8RUDl7_jXs

 

ここからどんな改善ポイントがみえてくるのでしょうか?

 

まずは、意外な人気記事を「活かす」

 

ランキング上位に、

自分が集めたい記事がランクインするのは

「当然」のことです。

 

ここであなたに見てもらいたいのは

「意外な人気記事」です。

 

この意外な人気記事を知ることで、

あなたの知らない

あなたのブログの一面を

知ることができます。

 

 

可愛い我が子(ブログ)は

知らず知らずのうちに

大きな成長を遂げているのです。

 

この「意外な人気記事」は

多くの場合、

放置していることが多いのです。

 

そこからの流入

ムダにしていないですか?

 

書きっぱなしの死に記事だと

非常にもったいないわけです。

 

新しい記事を書く労力があるなら、

その記事を活かす改善をした方が

よっぽどブログの質を上げることに繋がります。

 

このように、

現状を把握し、

人気記事を知ることで、

 

「改善の優先順位」

つけることができます。

 

そのために、

このページを見られるのは

とっても大きいのです。

 

 

さて、

グーグルアナリティクスの基本の3つの軸の

「概要」を見てきました。

 

もちろん、これは概要なので、

もっともっと細かく読むことも可能です。

 

しかし、まずは概要を捉えるところから

始めて見てくださいね!

 

では、

1日1改善しっかり行っていきましょう!!

 

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

前回は

グーグルアナリティクスの読み方の

基本のキをお伝えしました。

 

【動画解説付き!】初めてグーグルアナリティクスを読む人が押さえるべき数値

 

「数値分析による改善」

はただやみくもにブログを

書くよりも

かなり効率的で

そして成果をだために

とっても大事な観点です。

 

数値の指標を持つということは乗換案内を使うのと同じ。

あなたが慣れない土地に向かうために電車に乗る時、

かならず「乗り換え案内」と言うものを見るのではないでしょうか?

 

今ではスマホのアプリでサクサクと見られる時代です。

 

乗換案内では、

最寄り駅から目的の駅までの

「最短ルート」や

「ラクなルート」

「最安値なルート」など

その人の価値観に応じて

幾つかルートを示してくれます。

 

そして、

乗り換えの回数や、

何駅分乗っていればいいかなど、

事細かに教えてくれます。

 

極めつけは

「所要時間」

が分かります。

 

所要時間がわかることで、

逆算することで、

適切な時間に到着することができます。

 

 

時間という数値がわかる。

金額という数値がわかる。

何駅という数値がわかる。

 

 

これらの指標が

とっても

電車での移動を

大変にしてくれます。

 

 

これらの指標が無かったら、

時間を持て余したり、

ムダなお金を使ったり、

降り忘れたり、

遅刻したりしてしまう確率が上がります。

 

 

数値は、

とっても大切な「目安」なのです。

 

この目安があるから

行動のプランを

的確に立てることができます。

 

グーグルアナリティクスを

読むというのはこれに近いのです。

 

数値を把握するから、

迷わずに

正しい改善を行えるのです。

 

「どこから来たのか?」がわかる「集客→概要」

今回知ることのできる数値は

あなたの読者が

「どこから来たのか?」が分かります!

 

ブログは単体では、

検索以外に見つけてもらう

手段はありません。

 

だから

FacebookやTwitterなどのSNSや

他者のブログや、メルマガでの紹介で

 

アクセスを

集めることも必須なのです。

 

そうなってくると、

 

検索からどれくらい来てくれているのか?

あなたの日々のSNS投稿からどれだけ来ているのか?

他の場所で紹介されたりしていないか?

などなど

お客様が知った場所を知りたくないですか?

 

今回の

グーグルアナリティクスの

「集客→概要」をみると

主に4つの軸で、

どこからやってきたのかを知ることができます。

 

頑張っているのに、

意外と、流入がなかったり、

思わぬところから大きな流入があったりと

発見が多いのもこの数値です。

 

ぜひ読み方をマスターしてくださいね。

 

 

 

追伸:改善はそれぞれ違う

 

今回と前回の動画は

継続コンサルを受けている方でも

感動するレベルの内容のお話です。

 

今日も参加したばかりの方にこの話をして、

「もっと早く知っていれば、ムダな時間を使わなくて済んだのに…」

という感動というか悔しさの言葉をいただきました。

 

 

このところ連日

継続コンサル生に全く同じ話をしているので、

「あ、これ動画コンテンツにした方がいいな」

と思ったのでした。

今までこの部分は動画にしていなかったのですが、

いよいよすることにしました。

 

なぜ、それほど、

貴重な話を公開してしまうのか?

 

理由は簡単で、

自分で読めるようになる人が

増えてほしいからと、

 

大事な部分ってその先のことなので。

 

「読む」というのは大前提で、

分かってて欲しいことなのですね。

 

本当に

私が継続コンサル生たちと話したいのは、

「改善プランについて」なのです。

 

数値がわかれば、

改善プランは山盛りでてきます。

 

その改善プランを

具体策に落とし込むのが

私の本来のシゴトなので、

「読み方を教える」

と言うのは

その前段階のことなのです。

 

数値に対する苦手意識を

少しでも多くの人からなくしたい。

 

そして、

そのうえで、一人でも多くの人と、

「改善プランのディスカッション」

をしたい。

 

だから

この「読める」「知る」

というレベルのことはどんどん

お見せしていきます。

 

 

あなたに合わせた

具体的な改善方法のお話は、

自動集客の個別相談でお伝えいたします。

automationblogSession.jpg

▼日程・申し込みはこちらから!▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=blogautomation&am

 

まずは「どんな人が見に来てくれているのか?」

というコアファンの割合を知ること!

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

私の、ブログを中心とした

「自動集客の仕組み作り」

において、

 

「数値分析による改善」

というものが

根幹を担っているのは言うまでもありません。

 

数値は究極の「客観的視点」である

 

数値は客観的に物事を判断する時に

とても大切な指標になります。

 

「よっしゃーいい記事かけた!」

という自己満も

 

「あなたの記事は読みやすいですね!」

という数人の感想も

 

「感覚的な評価」

でしかありません。

 

もちろん、

感覚的なものも大事です。 

 

しかし、

数値で理論的かつ客観的な評価による

裏付けがなされることで、

かなり確証の高い評価になります。

 

Googleは今「量より質」で評価し検索結果に反映している

 

Googleさんが求める

ブログの数値は、

「量よりも質」

の時代です。

 

つまり、

単純なアクセス数や

更新数

 

では、

高い評価が得られない時代なのです。

 

質は「コアファンの度合い」で分かる!

質を見ていくには、

どれだけ

「コアファンがいるのか?」

ということが大きな評価になります。

 

コアファンがどれだけいるかどうかは、

あらゆる角度の数値の

複合から割り出されます。

 

どんな人が見に来ているのか?を知るための「ユーザー→概要」

直帰率や滞在時間と言うものなど

あらゆる角度から

「どんな人が見に来ているのか?」

を知るための方法が

グーグルアナリティクスにはあります。

 

まずは、この数値だけを知るだけでも

大きな第一歩ですので、

初心者が押さえるべき数値の

「ユーザー→概要」

というページの読み方について

動画で解説しました。

 

是非参考にしてみてください。

初心者が押さえるべきGoogle Analyticsの数値の意味

 

この数値把握が第一歩です。

ユーザー→概要の用語簡単補足

動画を見られない方へ簡単に用語の簡単な解釈をお伝えしておきます。

  • セッション・・・人がやってきて閉じるまで。一度に何ページ見ても増えないが、同じ人が1日に何回も来ると増える。
  • ユーザー・・・その日に来た人の人数
  • ページビュー(PV)・・・表示されたページの総数。表示されたら表示された分だけ数値は増える。

必ず

ユーザー≦セッション≦ページビューの順で数値が大きくなる。

  • ページ/セッション・・・セッション÷ページビュー。一度のセッションで平均何ページ見られているか?
  • 平均セッション時間・・・1セッションあたりの自分のサイトにどれくらい滞在してくれているか?
  • 直帰率・・・1ページだけ見てすぐ帰ってしまった率。
  • 新規セッション率・・・おおよそユーザー÷セッションの値。

 

グーグルアナリティクス3つの軸

 

動画でも触れていますが、

グーグルアナリティクスの3つの軸は

「どんな人が見てくれているか?」

「どこから見てくれているか?」

「どのページを見てくれているか?」

です。

 

そして、この3つの軸をかけ合わせて

改善プランを導き出していくわけですが、

 

まずは、

「どんな人が見に来ているのか?」

を知るだけでも

大きなヒントになるのです。

 

どんなひとというのは

「コアファンの度合いと人数」です。

 

ユーザーとセッション

セッションとページビューは

それぞれの数値の「差」で

コアファンの規模がわかります。

 

平均セッション時間で

コアファンの深さがわかります。

 

直帰率の低さで

コアファンの割合がわかります。

 

このように

「ユーザー→概要」

が読めるだけでも

 

自分の今のブログには

どれだけのコアファンが

ついてくれているのかが分かるのです。

 

その他の2つについて

どこから見に来てくれているのかを知る。

どのページを見に来ているのか知る。

 

追伸:改善は一つずつの数値から

動画に収録したものの

長くなりすぎたのでカットした話があります。

 

「改善は1つの数値から」

という話です。

 

こんかいの動画に出てくる、

7つの指標を全て底上げしようとしても

かなり難しいのです。

 

なぜなら、

それぞれ

「改善ポイント」が違うから。

 

極端な話をすれば、

ユーザー数の改善と

直帰率の改善は

両立するのはかなり難しいのです。

 

 

なぜなら、

ユーザー数を上げる改善は

有象無象、

玉石混交で人を集めることから始まります。

 

そうなると、

自分の理想のお客様ではない人も

やってくるわけですが、

逆に言えば、

それだけ大きな規模でやるから

理想のお客様にも出会えるのです。

 

この方法でユーザー数を上げると、

当然ながら、

「直帰率」は高くなる傾向があります。

(大して興味のない人も集まるから。)

 

 

だから、

このような改善プランを

打ち出しているときには

「直帰率」に関しては

目を瞑るのが

殻を突き破る道なのです。

 

数値を見れるようになったら、

次は正しい改善方法を知ることです。

 

改善方法を伝え、

あなたのための

自動集客手段をお伝えいたします。

▼▼個別相談を受けたい方はこちらの無料小冊子をお受け取りください▼▼

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

 

  

 

私の、ブログを中心とした

「自動集客の仕組み作り」

において、

 

大きなテーマとなっているのは

「役割の違いを理解する」

 これはつまり、

「ツールを理解する」

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

ということに他なりません。

 

理解するってなんだろう?

使い方を覚える

というのも大前提ですが、

 

生まれた背景や

広まった理由などを知ることも

理解に繋がります。

 

そして、

メリット・デメリット

これを理解しているかどうかで

1つの作業の

効果は大きく変わってきます。

 

さて、ちょっと

具体的な話をしていきましょうか。 

 

 

Facebookのツールを「理解」する。

Facebookは

創始者マーク・ザッカーバーグのちょっとした

男の子らしい下心から生まれています。

 

Facebookの前進となった

「フェイスマッシュ」という

ゲームを彼は考案しました。

 

ハッキングして得た

ハーバード大学の

女子学生の顔写真を

公開して、

「顔を比べて」

勝ち抜き投票させる。

というゲームだそうです。

 

当然これは大問題と

なったわけですが、

その後に開発された

「Facebook」の特徴は

 実名で顔写真ありの交流ツール

が大学生内で

急速に広まっていったのは、

 

フェイスマッシュにみる

ちょっとした欲望は

だれにでもあったからこそ

とも言えますね。

 

かなり駆け足で、

だいぶ端折っていますが、

つまり、

Facebookの最大の特徴は

「実名&顔出し」

が原則であること。

 

 

だからこそ、

「匿名」大好きな日本では

mixiやGREEなどのブームも相まって

なかなか広まらなかったのは

ありますが、

 

逆に、

ビジネスなど

信頼を得る必要のある

方々にとっては、

非常に使いやすいツールだと

注目をあつめることになりました。

 

だから、

匿名で言いたい放題

気持ちを吐露したい人

(主に学生)は

あまり使っておらず

 

匿名性に強い

Twitterを利用しているのも

うなずけます。

 

SNSには

共通の役割として、

・口コミが広まりやすい

・コミュニケーションがとれる

・友達なりやすい

 

という特徴がありますが、

「Facebook」

というモノの

本来の背景を考えると、

 

良くも悪くも

「顔も名前も生活も

さらけ出しているメディア」

はFacebookを差し置いて

他にないのではないでしょうか?

 

「さらけ出している」

だから、

「使う」人もいれば、

 

だから、

使わない人がいるのも

当然の話。

 

こうやって

そのツールが

生まれた背景や

ひろまった理由

を紐解いてみると、

 

「なぜ、そのツールを使う人・みる人がいるのか?」

が分かってきますね。

 

ツールを知ることが、

ツールを納得して有効活用する

ための手段になります。

 

そうなると、

そのツールを使うのが

 

非常に楽しくなってきますよ(^^)

 

具体的な方針を立てて

どんどん自動集客のツールとして育てたい方は

 

今月開催している

自動集客の仕組み創り90分実践

個別トレーニングがお役に立てます。

 

ぜひ、受けに来てくださいね!

 

ブログで自動集客の仕組み創り

90分実践個別トレーニング

 

全18枠の限定開催!

automationblogSession.jpg 

▼日程・申し込みはこちらから!▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=blogautomation&am

 

追伸:欲望は国境を超える

 

Facebookの前進は

実にくだらない

「男の子の発想」ですよね。

 

そういえば、

私の学生時代も、

「クラスの可愛い女の子」

の順位を付けていたことを

覚えています。

 

男子ってどこも

そんなもんですよね 笑

 

(女の子も

そういう話って

するんですかね?)

 

 

ま、当然

好みのタイプによって

順位が異なるわけで、

「お前、あんなのが

好みなのかよ〜」

とかからかわれたりね。

 

でも、そのからかっている奴が

実はその子の事が

好きだったり

するわけです。笑

 

そこから発展する

恋の話があったりと

 

甘酸っぱい思い出ですね♪

 

こういう気持ちは

国境を超えて

万国共通なんだな〜

とFacebookの歴史を

振り返って

思うことでした。

 

さて、そんな私が(?)

あなたのための

自動集客手段をお伝えいたします。

 

全18枠の限定開催!

automationblogSession.jpg 

▼日程・申し込みはこちらから!▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=blogautomation&am

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

さて、突然ですが、

「ブログは設置するメディア」である。

というのはどういう意味なのでしょうか?

 

私のブログを中心とした

「自動集客の仕組み作り」

において、

 

大きなテーマとなっているのは

「役割の違いを理解する」

ということです。

 

役割の違いを考えると、

「ブログ=設置するメディア」

という意味に納得が

行くかと思いますので、

 

説明していきましょう!

 

 

 

ブログの最大のデメリットは「露出」

常々私がお伝えしていることは

「ブログの最大のデメリット」は

「露出」だということです。

 

つまり、

多くの人に

すごい勢いと範囲で

広めていくこと

に関しては、

非常に弱い立場にあります。

 

だって、検索以外で

見つけてもらえないですから。

(ホームページやWordPressは)

 

アメブロは「ブログ+SNS」のメディア

 

ここで

「アメブロはそんなこと無い」

という方がいますが、

アメブロはそもそも

「ブログ+SNS」のメディアなので、

担える役割が若干変わります。

 

ペタやいいね、

コメントや読者申請など、

ユーザー同士が繋がれるツールがあります。

これは紛れもなく

「SNS」のツールです。

 

 

そして、

アメブロのトップページには

新着記事や

ピックアップされた記事などで

紹介されることもあります。

 

なので、

「アメブロ集客」と

「自動集客の仕組み作り」は

まず考え方そのものが違います。

 

 

アメブロ集客は

アメブロの

ブログ+SNSの特に

SNSの要素を活用した戦略です。

 

コメント周りや読者申請が中心になることから、

「ブログ戦略」はあまり深いところまで

立ち入らないことが多いです。

(そもそもアメブロのカスタマイズでは限界があるので。)

 

一方私の自動集客の仕組み化はでは

WordPressでもできる仕組み作りなので、

SNSの役割とブログの役割ははっきり分けています。

 

そう考えた時に

ブログ(WordPress)は

「設置するメディア」という考え方になります。

 

 

設置して、探してもらい、やってきた人をもてなす戦略

ブログ、特にWordPressの場合、

極論を言えば

「検索以外に見つける手段がない」のです。

 

だから「自動集客」を実現したいなら、

最初のうちは

FacebookやTwitterなどの

SNSはフル稼働して補っていく必要があります。

 

検索でも、

SNSでも

紹介でもなんでもいいから

何とかして

「見つけてもらう」

 

これが何よりも大事で、

そして、

来た人が

一気読みしたくなるくらい

ブログを作り込んでおくことに、

ブログの最大級のメリットがあります。

 

だから、

ブログは

「配信」という届ける感覚ではなく、

「設置」という準備しておく感覚

がふさわしいのです。

 

ブログが設置のメディアだと

わかったら、

ブログ運営の方針は決まるので、

ブログを書くのが、

非常に楽しくなってきますよ(^^)

 

具体的な方針を立てて

どんどん設置していきたい方は

こちらを御覧くださいね!

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

 

 

追伸:自撮りすりゃいいってもんじゃない

「役割」の話は

私が最もアツくなるポイントなのですが、

SNSの役割も考えると、

「自撮り」が大事ではないことがよくわかります。

 

人となりを知ってもらうことが

大事なのであって、

「自撮り」することが

大事なわけじゃないのです。

 

なんだか

そこ勘違いしている人は多い…

 

 

自撮りしたからファンが増えるなんて

ことはなく、

「自撮りであれ何であれ、人となりが伝わる」

からファンができるわけです。

 

そう考えると…

真顔の自撮りとか

1日に何投稿もするのは…

逆効果ですよね^^;

 

 

SNSも自動集客に必須のツールだからこそ

最適かつ、効率的に使って欲しい!

 

あなたのための

自動集客手段を

見つけてみてくださいね!

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

  

 

私のブログを中心とした

「自動集客の仕組み作り」

 

において、

 

大きなテーマとなっているのは

「役割の違いを理解する」

 ということです。

 

実のところ、

ブログを中心に仕組み化する!

と謳っているものの

「ブログだけで成り立つ」

とは言っていません。

 

一見めんどくさそうに思えるのですが、

結果的に

もっとも効率よく

自動集客を実現するには

「役割の違うツールを使い分けること」

 

が何よりも大事なポイントなのです。

今回は役割の違いについて話していきます。 

 

コンディショナーにシャンプーの代わりはできない

 

あなたは

頭洗う時、どんなものを使いますか?

おそらく多くの方は

 

シャンプーと

コンディショナーを使って

たまに

トリートメント

をするのではないでしょうか?

 

これって

なぜなのでしょうか?

 

この3種類を使っている人は

「セットで売られていたから」

とかの適当な理由では使っていないはずです。

 

「役割が違うから」

使っていますよね?

 

しかも、

シャンプーの後に

コンディショナーと

順番も決まっています。

 

 

それと同じで、

ウェブツール

具体的に言えば、

Facebookも

ブログも

メルマガも

それぞれ役割が全く異なるのです。

 

だから、

「どれがいい」

とかではないのです。

 

どうやって効率的に使うか?

が最も大事なのです。

 

使い方、

使う順番、

タイミング、

効率的かつ効果的な使い方

 

それぞれのツールには

「使いこなす」方法があります。

 

そして、

使いこなすには

役割を知ることが

何よりも大事なのです。

 

役割を知らない人こそ、

非効率で

効果をなくし、

ムダな労力になる

使い方をしています。

 

 

私達がやるべきことは

営業マンじゃあるまいし

「新規顧客獲得」だけ

ではないですよね?

 

既存のお客様対応のほうが大切だし、

自分の家族やプライベートな事だって大切です。

 

生活をもっともっと充実させたい方には

いち早く、ブログの自動集客化に必要な

3つのポイントを理解してほしいのです。

 

そして、

それを知りたい方にとって今月開催している

自動集客の仕組み創り90分実践

個別トレーニングはお役に立てます。

 

ぜひ、受けに来てくださいね!

 

ブログで自動集客の仕組み創り

90分実践個別トレーニング

 

全18枠の限定開催!

 automationblogSession.jpg

▼日程・申し込みはこちらから!▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=blogautomation&am

 

 

追伸:BOTANISTがやめられない…

 

シャンプーとコンディショナーの

たとえ話で思い出したのが、

ここ1〜2ヶ月は

BOTANISTという

シャンプーとコンディショナーを

セットで使っています。

(キャップが黒い方)

 

これを使うまで、

「シャンプー(コンディショナー)なんて

どれもおんなじでしょ」

 

と思っていました。

せいぜい香りくらいだと。

 

500円位のものから

900円位のものまで

色々と使っていたのですが

「そんなに違いは無い気がする…」

と思っていました。

 

しかし、

コンディショナーが切れた時に

薬局にいった時に

私のいつものクセが発動しました。

 

「せっかくだから

一番いいやつを使ってみよう」

 

私は、

「安物買いの銭失い」というのが

最も無駄金をつかう

非効率なものだと

認識しているので、

 

時に、

「その場所で一番いいものを買う」

という選択肢を選ぶことが多々あります。

 

そこで目に止まったのが

BOTANIST

1400円です。

 

いつもの倍以上!?

 

流石にビビりました。

(世の中にはもっと高いものがあるみたいですが…)

 

 

ですが、

漢(オトコ)に二言はありません。

 

えいや!!

と買ってみました。

 

 

そして、

その夜、

至福が訪れました。

 

 

こんなにも

仕上がりが違うなんて!!

 

 

今まで、これほどまでに

仕上がりの違う

できになったことは

体験したことがありませんでした。

 

髪の毛、

お手入れちゃんとしたい方は

BOTANISTオススメです!

 

そして、

「安物買いの銭失い」に

なりたくない人には

 

ブログで自動集客の仕組み創り

90分実践個別トレーニング

オススメです!

 

最適かつ、効率的な

あなたのための

自動集客手段をお伝えいたします。

 

全18枠の限定開催!

automationblogSession.jpg 

▼日程・申し込みはこちらから!▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=blogautomation&am

 

>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG