【人にわかりやすく伝えたいならば、「◯◯◯◯」をたくさん用意しよう!】

今回のテーマの答えを先に発表しますと、

「たとえ話」です。

たとえ話を沢山持っている人は、

とってもわかりやすく伝えることが出来ます。

なぜか?

お客様と専門家である

あなたの間には大きな溝があります。

あなたに見えていることは

お客様には見えない

その状態を認識することが大事です。

たとえば、

素人が絵を描いてみても、

プロのイラストレーターみたいにはうまく描けないですよね?

でも、素人の私らには「何が違うのか?」がわからない。

プロの目から見ると、「何処に問題があるか?」はすぐに分かる。

このギャップがあるにも関わらず、

熟練すればするほど、

提供側はそのことを忘れてします。

相手は、あなたがあなたの専門分野の枠内で話しているうちは

全く理解できないと言っても過言ではありません。

そのギャップを埋めるのが

「たとえ話」です。

今さっき私も使いました。

「たとえば、」で始まる文章。

そして、

この効果を最大限に発揮する方法が、

「相手の興味関心のある分野にたとえる」ということ

相手が主婦なら、

料理の話にたとえる

相手がお母さんなら

子供の話にたとえる

相手がゲーム好きなら

RPGにたとえる

相手が恋愛中なら

恋愛にたとえる

そうすることで、

相手はイメージしやすくなり、

「感情が動く」のです!

あなたが伝えたい事を

自分が伝えたい言葉だけで用意しているならば

「たとえば」で始まるたとえ話をまずは考えてみましょう!

私の記事は基本的にたとえ話がかなり多く出てくるので、

是非参考にしてみてくださいね(^^)

USPデザイナー

畠山勇一