即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

無料小冊子プレゼント中!

【実例付き】売り上げ上げたきゃ身につけよう!初めての「PDCA」のススメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

目標があるから

検証も改善もできる。

 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

GWを

あなたはどう過ごされますか?

 

長期休暇で旅行?

逆に繁忙期?

それともいつも通り?

 

GWだからといって

何かが変わらない人も

いますよね。

 

ですが、

「意識」は絶対に

変わっているはずです。

 

 

人はこういう区切りを

何らかの形で意識しています。

 

「GWだから」は

もちろん

「GWだけど」も

意識しているから

出る言葉ですからね。

 

GWは変わるチャンスです!

 

明日で4月も終わりなので、

来月に活かせる

自己分析をしていきましょう!

 

==おしらせ!==

「今月の売上大丈夫かな…」

から抜け出そう!

 

枠が埋まる前に

早めにお申し込みください!

スクリーンショット 2017-04-25 13.35.38.png

▼申込みはこちらから▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=kobetsusoudan4&1400#top01

 

=================

では、本題に入りましょう!

 

 

売り上げ上げたきゃ身につけよう!初めての「PDCA」のススメ

 

PDCAと言うのは

  • PLAN(計画)
  • DO(実行)
  • CHECK(検証)
  • ACTION(改善)

4つの頭文字をとった言葉ですが、

ビジネスマンには必須の考え方で、

色んな本が出ている

分野の言葉でもあります。

 

逆に言えば、

大切なことなのに

多くの人が

できていない。

だから本がたくさん

売られているわけですね。

 

起業家なんかは

経営者ですから、

これ出来ないと

綱渡り営業を

し続けることになります。

 

「今月は良かったけど…

来月はどうだろう…」

こんな状態で

居続けるのは怖くないですか?

 

PDCAをちゃんと行うことで、

現状を把握し、

改善ポイントを見つけて

改善していく行為です。

 

なので、これを続けていくと、

今月よりは来月

来月よりは再来月

と、

どんどん良くなっていくのです。

 

漠然とした

不安を抱えている人こそ、

身につけるべき

マスト能力ですね。

 

さて、

 

PDCAが出来ない原因として、

そもそも、

何をどうしたら良いのか

がわからない。

 

と言うものがあります。

 

 

私が以前相談に乗った

起業家Aさんについてお話しますね。

 

その方はPDCAしやすいような

特殊な手帳を使っていたのですね。

 

今色々な手帳がありますよね。

私も過去にその手の手帳を

使おうとして断念した側の

人間なのです…

 

今思えば、私は

手帳を使えなかったというよりは

手帳を使いこなすための

PDCAのやり方を知らなかったんだ。

ということに

Aさんとの話で気づきました。

 

Aさんは

P(計画)に

「今日のスケジュール」

を書いていました。

 

D(実行)の部分には

「やったこと」

書いていました。

 

そして、、、、

 

C(検証)とA(改善)

には

「何を書いたら

良いのかわからない!」

とのことでした。

 

確かに、

私も同じ悩みを抱えていました。

 

私がこの悩みの原因が

わかったのは、

 

「逆算思考」

という戦略を

考える方法を

身に着けてからでした。

 

 

Aさんの問題点は

まず、

「スケジュール」と

「ダンドリ」の違いが

分かっていない

ところにあります。

 

P(計画)に

「スケジュール(やること)」

を書いちゃダメなんです。

 

では何を書くのか?

 

それは

 

まずは「目標」なんです。

 

しかも

その日の目標ではなく、

 

1ヶ月の目標あるいは

数ヶ月後の目標です。

 

(イメージできる人は

1年とか3年後とかの目標も立てられると

尚良いですね。)

 

1日のスケジュールは

気分や外せない用事で

決めるのではなく、

 

「目標に到達するための

道のりの一部」という

認識で作ります。

 

目標があるから

そのゴールに向かって

ちゃんと前進しているのかを

検証し、改善していくことが

できるのです。

 

 

例えば、

「1ヶ月で300人のFBフレンドを作ろう!」

という目標を立てたとしますね。

 

そうしたら、

P(計画)には

それを達成するために

必要な手段を書きだします。

 

まずは、月の目標の数値を

日に落とし込んでみます。

 

月300人を日割りにすると

1日10人と友達になる必要がある。

 

申請を出した全員が

友だちになってくれるとは限らないので、

半分の割合で友だちになってくれると

「仮定」する。

 

となると

1日の目標は

20人に申請を送ること!

となります。

 

さらに、具体策を出していきます。

 

※目標立てられても多くの人が

具体策を出さない。

だから行動がわからず、

立てた目標が達成できないのです。

 

 

この時に5W1Hの軸で

手段を出していくと、

抜け漏れを防げます。

 

 

→何をする?(What)

◯友達申請を出す。

 

→なぜ?(Why?)

◯仲良くなることで自分の情報を拡散してもらうため。

 

→誰に?(Who?)

◯友達の友達で自分の趣味またはビジネスの話が合いそうな人。

 

→いつ?(When?)

◯移動時間の8〜10時の間に行う

 

→どこで?(Where?)

◯スマホでFacebookを使ってやってみる

 

→どうやって?(How?)

◯基本はメッセージの雛形を作成し、

相手のタイムラインを確認して

一人ひとりに合わせた一言コメントを追加して送る。

 

と言うような具合に書き出します。

 

 

ここまで

PLAN(計画)

を立てたら 

「あとはやるだけ」

ですよね?

 

スケジュールのたて方も、

何時に何がある

という予定をただ書くのではなく、

 

この20人に申請を送る

という目標をどうやって

達成するか?

予定とを見比べて

たてることになるので、

 

スケジューリングの

仕方そのものが変わります。

 

当然優先順位も変わります。

 

 

そして、

Do(実行)は

やると決めたことが

出来たのかどうかを

書き込んでいきます。

 

そうなると

C(検証)とA(改善)にも

かけることが出てきます。

 

 

次回は

PDCA後半戦、

CAについてお話していきます!

 

来月こそは

しっかりと計画を立てて、

改善して良くしていきましょう!

 

【実例付き】わかっているようで分かっていないPDCAの「CA」のやりかた

【実例付き】わかっているようで分かっていないPDCAの「CA」のやりかた

 

追伸:「ゴールを決めないから迷う」

 

 

PDCAが上手く出来ない原因は

目標(ゴール)設定をしていない

人が多いからということをお伝えしました。

 

バスケットボールでも、

サッカーでも、

マラソンにも

「ゴール」があります。

 

もしゴールがなかったら?

迷いますよね。

 

むしろ

「あれ?何やってるんだろう?」

と思うはずです。

 

ゴールのないマラソン

なんて辛いだけですよ。

 

「やりきった!!」

という気持ちに

いつまでもなれない。

 

たとえ、フルマラソンなのに

10キロのところでリタイア

しちゃったとしても、

約4分の1は走ることができた

と明確に現在地が分かるじゃない?

 

やれたことと

やれなかったことを

明確に知ることができるから

改善して次に進めるんです。

 

ビジネスにおける

ゴールは人それぞれですね。

だからこそ

 

これで行こう!

これにする!

と、

ゴールを決められた人が

次に進めるんです。

 

ビジネスの

コンセプトを決めることは

お客様に提供する目標を

明確にすることでもあります。

まずは

USP×表現で

自分のビジネスの明確な方向性を

創っていきましょう!

 

枠が埋まる前に

早めにお申し込みください!

スクリーンショット 2017-04-25 13.35.38.png

▼申込みはこちらから▼

https://positioning-letter-writing.com/?lp=kobetsusoudan4&1400#top01

 

この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。