「価値に対する考え方がそもそも違う」

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

好きな仕事で起業して、やっと使える時間が自分の自由にできる!と思っていたけど、働いても働いても、一向にお金が増えない。もしかしたらブラック企業よりも働いているんじゃないか…?

と疑問を感じるほどに、忙しく働いているのに月収100万円なんて到底ムリな生活をしていませんか?

「100万円欲しいとは言わないから、今の稼ぎをもっとラクに稼ぎたい」と思っている方も、

「今くらいは働けるから月商7桁とか稼ぎたい!」と思っている方も、

「時間の使い方」を変えて、売り上げを伸ばしましょう!

 

給料制のサラリーマン発想が邪魔をする。

多くの人が、固定給のサラリーマンや時給のアルバイトのどちらかでしか働いたことがないでしょう。

たまに完全歩合制(フルコミッション)の営業で働いたことがある人はいますが…稀ですね。

雇用されている時と、自分で売り上げを生み出す起業家では考え方がガラッと変わります。

 

お金の価値観の変化のメリット・デメリット

お金のもらい方でお金に対する価値観は全く異なります。

サラリーマンは貰える額が良くも悪くも一定

サラリーマンは固定給なので、頑張っても頑張らなくてもお金がもらえます。

売り上げに貢献したかどうかというよりは「出勤してやるべきことをやったかどうか?」で給料が支払われるものです。

なので、「仕事をする」ことと「お金をもらうこと」が本当の意味で結びついていません。

お金の価値観は、保守です。「いくら貰えるか?」が決まっているので、そこから生活費や固定費などを「引き算」する発想で生活しています。

残ったお金をどう使うか?と言うように発想せざるを得ないのです。

 

アルバイトは時間を提供する分だけもらえる

アルバイトは「時給いくら」という形で働くので、理論上は時間を提供すれば提供するほどお金が手に入ります。しかし、簡単な作業が多く、時間に対する価値はかなり低いです。時給はよくても1000円程度。1日10時間働いても1万円です。時給が高いバイトもありますが、危険だったり、「誰もやりたがらない仕事」だったりして、時給に反比例して精神衛生は悪くなります。「働けば働くほどお金が手に入る」と安易に考えると、意外にも時間の制約と賃金の易さから、すぐに頭打ちになります。

サラリーマン発想でもアルバイト発想でも起業はうまくいかない。

一見、自由に働ける起業家はアルバイト的な発想にも見えるので、ちょっと時給のいいアルバイトのような働き方で起業してしまう人がいますが、大失敗のもとになります。

時給では測れない部分の仕事を含めているか?

起業家は時給では測れない仕事をしています。確かに、「施術」とか「セッション」とか「レッスン」は「時間あたりいくら」という提供の仕方をしているかもしれませんが、「集客」に関しては一体どれだけの時間を要しているでしょうか?

実際にお金を払ってくれる顧客が現れるまでに、一体どれだけの人にツールに、活動に時間とお金をかけているのでしょうか?

30分で書いたメール1通で20万円のお金になることもあれば、20時間くらい没頭してても1円にもならないこともあります。

決して「時給」では換算できないのです。おそらく「時給」なんかで考えたらアルバイトの方が稼げる「時」もあるはずです。最初のうちはそういう人のほうが多いかもしれません。

それだけ、集客は簡単じゃないし、収益化するまでに時間がかかるわけです。「開発費」「広告宣伝費」「自分の人件費」まで全部計算して、1時間あたりの利益を計算しているでしょうか?

アルバイトで雇われている場合とはその眼に見えないところの仕組みが全く違います。

頑張っても頑張らなくても、売れる時は売れるし売れない時は売れない。

頑張ったからと言ってお金が入るわけでも誰に評価してもらえるわけでもありません。

「その行動は効果があったか?」ただそれだけです。

 

「売り方が上手い人」がお金を稼げるのです。

結局、売り方が上手い人がお金を稼げるのが起業です。

「売り方」という言葉には、集客方法や仕組み、商品開発、トーク、文章、ありとあらゆる「売る」にまつわるものが含まれます。これを「マーケティング」と言ってしまっても過言ではないでしょう。

 

「なんで、私の方がいい商品なのに、あの人の方が売れているの?」

→売り方が上手いからです。

 

「なんで、あの人の方が、働いていないのにお金持っているの?」

→売り方が上手いからです。

 

「なんで、相手の方が料金が高いのに、ポンポン売れていくの?」

→売り方が上手いからです。

 

売り方なんですよ。そうマーケティングです。これを戦略的にやっていかない限り、頑張っても良くなることはないのです。

 

まずは、売り方を覚えてください。うまくなってください。

私のメルマガではウェブ集客の仕組み化を軸とした、「売り方」について解説しています。

MAILMAGAZINEheader

起業家がブログをやるのは、自らの集客活動を不要にするため!

 

時間の切り売りから脱却する記事まとめ

ここからは起業家が時給発想の「時間の切り売り」から脱するための方法をまとめた記事をご紹介します。

考え方を変えていきましょう!

 

月収100万円稼ぐためのプランを現実的に考えたことがありますか?

今の時給発想だと、月収100万円を稼ぐのは到底ムリなのです。それは現実的に計算して問題を掘り出してみるとわかります。

起業して月収100万円の目標を成し遂げられないたった一つの理由

起業して月収100万円の目標を成し遂げられないたった一つの理由

 

時間に価値を乗せてはいけない!価値の創造法を学べ!

時給換算、つまり自分の価値を時間に乗せる発想のままだと一向に価値が上がりません。ならば「時給10万円」とかで売れば良いのかというと、そういう安直な話でないのです。それで売れるならそもそも苦労なんてしていないはずです。

起業するなら時給換算はやめなさい〜「時間」に「価値」を乗せるから忙しいし稼げない〜

起業するなら時給換算はやめなさい〜「時間」に「価値」を乗せるから忙しいし稼げない〜

 

結果に価値を乗せる方法!それがUSPを創るということ!

時間に価値を乗せないならどうしたら良いのでしょうか?答えは「結果」に価値を乗せることです。そのために必要なのが「USP」なのです。

【稼げない!忙しい!から脱却】「結果に価値を乗せる」から選ばれる起業家になれる理由

【稼げない!忙しい!から脱却】「結果に価値を乗せる」から選ばれる起業家になれる理由

人に聞いて決めてもらうことはバカのやること

たまにUSPを創るために、「友人知人に聞いてみよう!」としてSNSなどを使って市場調査まがいのことをやる人がいますが、他人に決断を委ねることはバカのやることです。人に聞く時は、「答えを持っていて、それを検証する時」だけです。

【素人が市場調査なんてするな】自己確信を抜きにして、他人に聞いたところであなたの商品は売れない。【マーケティング・リサーチの失敗】

【素人が市場調査なんてするな】自己確信を抜きにして、他人に聞いたところであなたの商品は売れない。【マーケティング・リサーチの失敗】

商品が創れなきゃ起業は出来ぬ。商品開発は信念を持って行うべし!

市場調査まがいなことをすれば、益々売れなくなります。売れない原因を外に求め続ければ失敗します。その状態では一生かかっても見つけることがない視点があります。

【間違いだらけ】そのペルソナでは買ってくれない!?ペルソナ設定に潜む3つの罠

【間違いだらけ】そのペルソナでは買ってくれない!?ペルソナ設定に潜む3つの罠

薄利多売な商売をやり続けてしまう3つの理由

起業して1時間3000円とか5000円等の薄利多売なビジネスから脱却できないのは、やりたいからそうしているのではなく、そうせざるを得ない3つの理由があるんです。

【脱・単発サービス】1時間1万円以下のサービスを個人が提供し続ける問題点と解決策

【脱・単発サービス】1時間1万円以下のサービスを個人が提供し続ける問題点と解決策

お客様はゴールのないものに価値を感じない

結末のないドラマは見たいと思わない。オチのないお笑いは笑えない。ゴールのないマラソンは走りたくない。

これらと同じことを「時間売りビジネス」ではやっているのです。

【その1】「ゴールのレベルを設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

【その1】「ゴールのレベルを設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

ゴールも決めたら回数も決めよう!個人に◯◯放題は無謀です。

私は過去にベンチャー企業で働いていた時に、激安で出放題のレッスンの講師をやらされていました。今考えると講師にとってもお客様にとっても何のメリットもない馬鹿げたレッスンでした。

【その2】「期間or回数を設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

【その2】「期間or回数を設定する」〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

個人のビジネスには「◯◯放題」は不釣り合いです。

サービスを無制限で受けられるというのは本当に危険ですよ。あなたの時間がどんどん奪われていきます。

個人起業家はやってはいけない「◯◯放題」の罠〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

個人起業家はやってはいけない「◯◯放題」の罠〜1時間1万円以下の時間売りサービス脱却3つのポイント〜

そもそもゴール設定が間違っていやせんか?

運動不足のおじさんが、1ヶ月仕事の後の1時間のトレーニングでフルマラソンを走れるようになりますかね?そもそもゴール設定を間違えていると、商品として破綻してしまいます。

あなたの個人ビジネス設計は大丈夫?ゴール設定と期間や回数決めは密接に関係しています。

あなたの個人ビジネス設計は大丈夫?ゴール設定と期間や回数決めは密接に関係しています。

表面だけ見て大手の真似したら痛い目見ますぜ

大手がやっているから、個人の私ができないわけがない!いや、もっと過剰なサービスが私ならできるはずだ!と考えるのはかなり安直です。ボランティアがしたいのか?ビジネスがしたのか?決断の時です。

個人起業家が見落としがちな大手企業がやっているリスク回避

個人起業家が見落としがちな大手企業がやっているリスク回避

大量買いするから安いのは消費者がよく知っている!だから大手の真似をするな!

大手と易さで戦ったら絶対に負けます。USPで戦ってください。

大手企業と個人事業の決定的違いを理解しなければ、起業はすぐに破綻する。〜大企業にある「スケールメリット」とは?〜

大手企業と個人事業の決定的違いを理解しなければ、起業はすぐに破綻する。〜大企業にある「スケールメリット」とは?〜

ワンジャンルヒーローを目指せ!

あなたが何が何でも達成したいものがある時、どんな人に助けを求めますか?本物ではないでしょうか?

起業家として行うべきことは「安さではなく、価値を売ること!」

お客様はプロ中のプロにお願いしたい〜カタヤブリな専門性を持つ研究家となれ!〜

お客様はプロ中のプロにお願いしたい〜カタヤブリな専門性を持つ研究家となれ!〜

 

USP×ウェブ集客の仕組み化で最大効率のビジネスを目指せ!

いかがでしたでしょうか?専門家としてビジネスをしていくのであれば、USPを持ち商品価値を高めていくこと。

そして、集客自体はやればやるほど楽になる「ウェブ集客の仕組み」に乗せていくことがとっても重要なのです。

最新の情報はメルマガでお送りしていますので、こちらも是非チェックしてくださいね!

MAILMAGAZINEheader

起業家がブログをやるのは、自らの集客活動を不要にするため!

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。詳しいプロフィールはこちら