ディズニーリゾートを楽しみ尽くせる人はダンドリ上手

情報収集という下準備が鍵を握る

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

あなたは
ディズニーランド
ディズニーシー
(2つパークや周辺のホテルやショッピングモールを
総称したディズニーリゾート)
は好きですか?

 

私は、
グッズとかはあまり買いませんが、
世界観が大好きです。

そして、ビジネス的にも
見習うべき点は多いなとも
感じます。

今回はディズニーリゾートについて
少し書いていきます。

今回書くことは
「ディズニーリゾートは
ダンドリ上手じゃないと遊び尽くせない」
ということです。

 

ダンドリ上手じゃないと遊び尽くせない

ディズニーリゾートは

いつの時期も混んでいます。

海外からも観光客がやってくる
人気のテーマパークです。

そんな人気のテーマパークでも、

「すいている日」というのが
たまにあるんですよね。

 

「いつ行くか?」
ということから
既に遊びつくせるかどうかの
ダンドリは始まっています。

 

そして、
当日のパーク内でも、

どういう順路で
アトラクションに乗ろうか?

ということも全てダンドリです。

 

ファストパスというシステムによって、

人気アトラクションの
当日予約ができることが、

更に戦略を加速させます。

 

ファストパスは
何枚もゲットできません。

1枚ゲットしたら、
数時間経たないと
次のアトラクションの
ファストパスはとれません。

その間に人気アトラクションの
ファストパスは
発券終了になったりします。

また、取れるファストパスも
時間指定があり、
指定された時間内に乗りに行かないと
無効となってしまいます。

 

だから、
そのファストパスという権利を
何に使うか?の選択は
かなり重要なのです。

 

 

アトラクションに乗るだけでも、

・どの順番でパークを回ろうか?

・どのアトラクションのファストパスをとろうか?

・どのアトラクションはそのまま待とうか?

・待ち時間と現在地を考慮して、
 次は何のファストパスをとろうか?

 

なんてことを
臨機応変に考えながら
ダンドリを組み立てていきます。

 

そうすることで、

2時間待ちとかありえない
待ち時間を経験しなくても

乗り物にスムーズに
乗ることができます。

 

そして、
ディズニーリゾートは
乗り物に乗るだけが
楽しみではありません。

ショーを見るのも楽しみですね。

ショーは時間が決まっています。

その開始時間に見られるところに
いないと見れないわけなので、

ショーを見る時間も
ダンドリに含まれます。

そうなってくると
かなり複雑なダンドリに
なってきますね。

なので、

ディズニーリゾートを
楽しみ尽くしている人って

結構なダンドリストなのではないか?

というのが私の仮説です。

そして、
ビジネスも
これくらい複雑で
流動的なものを
ダンドリしていくわけですから、

 

ディズニーリゾートを
楽しみ尽くしている人は

ビジネスも
うまくいきやすいのではないか?

と感じるわけですね。

 

さて、次回は
ディズニーリゾートを楽しむための?
いや、
ビジネスに大切な
具体的なダンドリづくりについて
お話しましょう。

 

 

 

今日も「1日1改善」を行なっていきましょう!(^^) 

 

【今日の1改善】

ビジネスのダンドリを見直そう

 

追伸:情報を開示することによるうまいコントロール

 

ディズニーリゾートは
混雑時期やアトラクションの
現在の待ち時間をお知らせすることで、
お客様の心理的な負担を減らしつつ、
混雑緩和のコントロールを行なっています。

誰しも、すいている時に行きたいし、
待ち時間も短い方がいい。

「何が何でも人気のこの
アトラクションに乗りたい!」
という人以外は、
情報をお知らせすることで
動きます。

そして、
待ち時間の目安がわかることで、
「60分待ちか〜まぁ仕方ない」
と「待つ覚悟」が生まれます。

 

「わかる」とある程度
「待てる」ものですよね。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG