即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

無料小冊子プレゼント中!

もっともカンタンに集客の問題を解決する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

自分は本当に「お客様の立場に立っているのか?」

折に触れて、考えよう。

こんにちは、
USPデザイナー畠山勇一です。 

 

私には、
USPプロデューサー鉾立由紀という
ビジネスの師匠がいるのですが、

今もまだまだ学ぶべきことがあるので、
定期的にビジネスの進捗報告とともに
アドバイスを頂いております。

ちょっとデキるようになったり、
ちょっと稼げるようになったからと言って

 

問題がなくなるわけではありません。

次のレベルの
「今の自分では突破困難な問題」
と言うものが常にやってきます。

 

そんな時に自分よりも
前を「走り続けている人」が
客観的にアドバイスをくれることは

とてもありがたいことなのです。

今回はつい先日私自身も

「は!」となったことについて
お話していきます。 

「あなたならどう思う?」

 

集客を研究しているからこそ

「集客の問題」に直面することがあります。

 

例えば、

「10人に買ってもらう」ということが目標で

それが達成できた時

多くの人は満足してしまうでしょう。

 

そして、またそれができると思いがちです。

 

私たちは、常に

「10人に買ってもらえた」ならば

それを「継続する方法」を考え

「2倍3倍にする方法」を考え

「労力を半減できないか?」と考え

 

量も質も上げていくことを考えます。

 

どんな結果でも、そこで終わりにせず

「もっと良くするには?」を考えています。

 

そうすると、問題は尽きません。
解決すべきことが山積みです。

 

そういった挑戦をしていくうちに、
大きな壁にぶち当たります。

「うまくできないこと」というのが
見えてきます。

そこで、自分で反省して
改善していければいいのですが、

「自分が直視したくない現実」
というものは

自分ではなかなか見ようと
思わないのですね。

 

うまいことその分野に関しては、

見て見ぬふりして
「1日1改善」の項目に
入れなかったりするのです。

 

もちろん、
「やってみて合わないモノ」は
切り捨てればいいけど、

 

「成長のために
乗り越えなければならないもの」

は向き合って乗り越えて
いかなければなりません。

そんな、
「問題は起きているけど、
向き合いたくないな〜」

と思っている時に、

冷静かつ的確な
ツッコミをくれるのが
師匠だったります。

嫌なものを見ないといけないので、
正直怖いんですよ、こういう時は。

(本人は怒っていないんですけどね。)

で、師匠と冷静に自分の
今現在抱えている問題と向き合い、

一つずつ「問いかけ」を重ねて
紐解いていきました。

 

「問いかけ」って
思考を整理する時に
役に立ちますね。

 

その中で一番響いた言葉は

「畠山さんがお客様の立場なら
どんな人が信頼できるか?」

という言葉。

 

自分がどう振る舞っているのか?

それを自分の目で
客観的にリアルタイムで見ることは
不可能です。

だからなかなか自分のことって
判断しにくいのですが、

 

「自分がお客様の立場なら
どんな人が信頼できるか?」

と問われれば、

自分が尊敬する人
自分が嬉しかった接客
自分が信頼している人

そんな人達の振る舞いや
話し方、魅せ方など

イメージができました。

 

そして、

その「理想のイメージ」と
「今の自分」とのギャップに
気づくことができました。

 

問題に気づき、
解決法を見つけたならば
あとは行動に移すだけですね(^^)

 

さてさて、今回は
自分の話が長くなりましたが、
これはブログの改善にも役立つことです。

なかなか人がやってきてくれない時、

まずは、
「自分がお客様の立場だったら?」
を考えます。

そして、

自分のブログを見ても
なかなか問題に気づけない時は

自分が好きなブログやサイトを
見に行って自分のブログとの
ギャップを探します。

「足りないモノ」が見えてきます。

そうしたら、

「改善」していけますよね!

 

こんな感じで、
迷ったらまずは
「良いもの」を見に行ってみてくださいね!

  

今日も「1日1改善」を行なっていきましょう!(^^) 

 

【今日の1改善】

自分が良いと思うブログとのギャップを探そう!

 

 

追伸:学ぶということ

 

なにもわからない人によく聞かれるのが

「いつ師匠から離れて独立するの?」ということです。

 

だいたいこういう質問をしてくる人は、

全然稼げていない人が多いし、

私の考えを理解してくれる価値観も持っていないので、

適当に流すのですが、

 

学びを止める日は来ない、

というのが私の考えです。

(そもそもビジネス的には
既に独立しています。)

 

で、離れるときがもし来るとしたら、

「師匠を、売上的にも人間的にも長期的に越えた時」

ではないでしょうか?

 

もちろん価値観の違いとかで
すれ違い、予期せぬことで離れることも
あるかもしれませんが、

私の性格においてそれは
なかなか考えにくいものです。

 

師匠は元々「学ぶこと」が大好きな人で、

本当によく、いろんなものを学びに行っています。

 

師匠の師匠もまた、
そういう「研究熱心な人」なんですよね。

 

なので、

師匠たちはその場所で立ち止まって
待っていてくれるのではなく、

ぼやぼやしていると
手の届かないところに行ってしまうのです。

「師匠を、売上的にも人間的にも長期的に越えた時」

という明確な答えがありますが、
果たしてその日は来るのだろうか?

という私にとっては
かなり有意義な挑戦的な条件なのです。

 

「いつやめるの?」という
疑問が浮かぶことが私にはない
発想なんですよね。

成長し続けるロールモデルを
追うのをやめることってないんですよ。

それが私の「学び」に対する考え方です。

 

あ、もちろん、
私は師匠の実績がホンモノだと感じ、
自分に合っているのでついて行こうと
決めただけなので、

 

合わない師匠やメンターや
実績を伴わない、
あるいは自分の成長にならない付き合いは
即やめたほうが良いとは思いますよ。

「自分と合うか?」
「ホンモノと思うかどうか?」

これが私の価値基準ですね。

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。