選択肢が多いと迷う。

 

「なんでもいい」

が一番困る。 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

「何食べたい?」

「何がしたい?」

「何が欲しい?」

という質問に対して、

 

結構多くの人が

やりがちでありながら、

質問者を迷宮に

閉じ込めてしまう言葉があります。

 

 

それは、

 

「なんでもいい」

の一言です。

 

これ、ブログでも

結構やっちゃってるん

ですよね。

今回はそんな話。

 

なんでもいいと言われたら…

「なんでもいい」

って一番困りますよね!

 

なぜなら、

大抵の場合

「なんでもよくない」

ですからね!?

 

Bさん「なんでもいい」

Aさん「じゃ韓国風焼肉でいい?」

 

Bさん「えー肉な気分じゃない」

Aさん「え、じゃあ何ならいいの?」

Bさん「肉以外」

Aさん「…」

 

というのが、

延々と続くのが

一番最悪なやり取りですよね。

 

 

これって

 

質問者にも

回答者にも

問題があるのです。

 

 

  • 聞く方は、「選択肢」
  • 答える方は「決断」

 

両者とは言え、

まず大前提として、

この問題は

質問者が

「何がいい?」

というアバウトな質問をするが

ことの発端なのです。

 

「何が?」は

選択肢が多すぎるのです。

 

「どうよ最近?」

ときかれても

「どうって聞かれても…」

ってなりますよね?

 

一体何を答えれば

いいのかわからない。

 

解決策としては、

  • 「選択肢を与える」か
  • 「イエス・ノーで答えられるようにする」か

です。

 

選択肢を与える、

つまり、

「肉と魚だったらどっち食べたい?」

と聞くということです。

 

イエス・ノーと言うのは

「イタリアンレストランに

しようと思うけどいいかな?」

みたいに1つ候補をあげるのです。

 

そうしたら、

答えやすくなるのです。

 

不思議なことに、

この選択に当てはまらなくても

「肉と魚どっちがいい?」

という具体的な質問をされることで、

 

「うーん、ピザ食べたいかな」

と具体的な回答ができるようになります。

 

なので、

確かに、

回答者が優柔不断すぎる時も

ありますし、

自分でビジネスを行う人ならば

決断ができないのは

大問題なのですが、

 

 

それ以前に質問者が

「選択肢を与える」

「イエス・ノーで答えられるようにする」

ということがとても大事なのです。

 

そして、

これはブログでも

「動線の問題」

として存在します。

 

よくやりがちなのが、

記事の下に、

・個別セッション

・セミナー

・お茶会

・メルマガ

・LINE@

・お問い合わせ

などなど

を羅列しているパターン。

 

いったい、

読者にその記事を

読んでもらった後

何をしてもらえたら

嬉しいでしょうか?^^;

 

読者を

悩ませている

方は非常に多いですね!

 

 

というわけで、

あなたのブログの

「動線は大丈夫?」

動線の強化のためにも

 

ぜひ、お越し下さいね! 

 

追伸:まさかのオーダーは「◯◯焼き」

 

師匠の鉾立と一緒にいたときの話です。

鉾立から私は、

引越し祝いにとんでもなく

良い炊飯器をもらいました。

 

これは何かお礼をせねばと思い

「ごちそうをさせてください」と伝え

「何か食べたいものはありますか?」

と聞きました。

(私、質問者としては失格!)

 

しかし、鉾立において

「なんでもいい」はありえません。

・決断ができる

・こだわりをもつ

というのは起業家に

必須のことですからね(^^)

 

なので、即答してくれたのですが、

その答えがなんと…

 

 

 

「生姜焼き!!」でした。

 

 

耳を疑いました。

 

だって、

ディナーですよ?

 

しかも「ごちそう」ですよ!?

 

生姜焼きが

「ごちそうじゃない」

とはいいませんし、

(私も好きですし)

 

お酒を飲まない人ですし、

割りと好き嫌いなく

なんでも食べる人だとは

知っていますが、

 

まさかの変化球。

 

いや、

びっくりするぐらいの

スローボールを投げられて

タイミングを見失った

バッターの気持ちでした。

 

定食屋というわけにも行かないので、

さて、どうしたものか…

 

 

まずは「生姜焼き 品川」

で検索しましたよ。

 

結構出てくることに驚きです。

(そういうニーズがあるってことですね。)

 

ですが、

圧倒的に定食屋ばかりなので、

発想を転換しなくては

いけませんね。

 

 

私が出した答えは…

次回に続く(?)

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG