アクセスがあっても申し込まれない理由は2つ

「量」の問題か

「質」の問題か

見分けよう!

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

何事においても

「量か質か問題」

と言うものは存在します。

 

例えば食べ物でも、

 

1000円払って

 

美味しくないけど量は

モンスター級のパスタか

 

めちゃくちゃ美味しいけど

スプーン1杯の量しかないパスタ。

 

どっちを食べるか?

 

という質問と同じで

「量か質か問題」には

「答えなんて無い!」

が正解です。

 

 

ブログもおんなじです。

更新数を増やすべきか?

内容を変えるべきか?

 

それを見極めないと

改善のしようがないのです。

今回はそんなお話。

 

 

量か質か問題に決着をつける

 

「量か質か問題」については

私が決着をつけるとするならば、

こう定義します。

 

「質を改善するために量をこなす」 

 

これです。

結局、「慣れる」ことに

敵うものはありません。

 

「何回練習したら、

逆上がりできるようになりますか?」

と聞く人はいませんね。

 

なぜなら、

「できるようになるまで練習する」

が正解だからです。

 

1回1回丁寧に

改善しながら

「根気よく」

あきらめずに練習したら

できるように

ならないわけがないですよね。

 

ですが、

  • 怖がって勢いがない
  • 腰を棒につけようとしない

など明らかに失敗するような

やりかたで

やり続けていても

いっこうにうまくなりはしません。

 

正しく改善し

正しく努力する

これが成功の秘訣ですね。

 

これはBlogでも

同じことが言えます。

 

例えば、

「アクセスが沢山あるのに、

申込みがない!」

というとき、

 

実は

「量」の問題と

「質」の問題の

2種類が考えられます。

 

もっと具体的に言えば、

・申し込みページのアクセス数はどうか?

・申し込みページの文章はどうか?

という2種類です。

 

Blog全体のアクセス数

が増えても、

 

そもそも

申し込みページは

全然見られていない

そんなこともありえます。

 

 

申し込みページが

見られていないなら、

いっくら申し込みページの文章を

推敲を重ねて良くしたところで、

あまり改善されないわけです。

 

その逆も然り。

申し込みページは

充分見られているのに、

 

文章が悪かったら、

ザルに水を

注ぐようなものです。

 

そういうことを

知って努力するのと

知らずに努力するのでは

大きな違いなので、

今月のセミナーに

ぜひ、お越し下さいね! 

 

追伸:音楽好き飲み会を開催したい。

唐突ではありますが、

音楽好きが集まる飲み会を開催したいな〜と

思っているわけです。

 

ビジネス関係なく。

ただ、「音楽」と言っても

あまりにも広すぎるので、

 

どうやって分けていこうかな?

と今思案中です。

 

これもまた

「理想のお客様」を

考えることから始まるわけです。

 

まずは私も他の方の

交流会に参加して

みることにしました。

 

 

「理想のお客様」が 

 「どんな風に楽しんでいるだろか?」

そんなイマジネーションを

膨らませ中!

 

何かアイディアがある方がいたら

教えて下さいね(^^)

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG