結局はこのチカラを

手に入れたいかどうかで

人生が変わります。

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

私の記事を読んでいる方は

何かしらの技術を習得して

専門家として

商品やサービスを売っている人

だと思います。

 

その人達に共通して

かつ、

一生役に立つスキルについて

今回は話をしていきます。

 

一生役に立つスキルは「売る力」

はい、答えから言うと、

「売る力」です。

 

売上が伸び悩んでいる人、

売れて入るけど

もう一段階売上を

アップしたい!

 

そんな人を見ていて

思うのがもっと

「売る力」

を磨くべきだということ。

 

売る力に関しては

まず、第1段階として、

・自信がない

・売ること=悪

という思い込みを乗り越えることが

大事です。

 

と、いうよりも

それを乗り越えたくないならば、

自力で集客をする必要がない

「従業員」でいることを

強くオススメします。

 

基本的に、

「集客いやだ!!」

「集客に時間を割きたくない!!」

と”売れる前から”言っている人は

起業家は向いていません。

 

起業家は

「商品やサービスを売る」のも

仕事のうちです。

 

そのための

ファンサービスや

仕組み作りなど

直接的に

利益につながらないものも

含めて全てが仕事です。

 

商品を作っているだけでいい

サービスを提供しているだけがいい

そう考えているならば、

そもそもが

自営業(起業家)は

向いていないのです。

 

「売る力」というのは

つまりは

「人の心を動かす力」

でもあります。

 

人がモノを買いたい

と思う時、

 

必ず、

「感情が動いている」のです。

 

つまり、

「感動させている」

ということです。

 

「人を感動させる」

という表現をしたら

「それはしたい!」

というのに、

 

「人にモノを売る」

という表現をしたら

「いやらしい」と感じる。

 

そういう勘違いをしている人は

結構います。

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

あなたが消費者だったら

「嫌々お金を払って買ったモノ」

はありますか?

 

私は思い当たりません。

 

各種請求書や税金の支払いは

気が重いことはありますが、

基本的に「買い物」であれば、

「嫌々買う」ってことはないです。

 

実際に「買う」という行動を

起こした時は

「嬉しい感情が動き出している時」

です。

 

 

しかしながら、

「売ること=嫌なもの」という

イメージが有るのは、

 

下手くそな

セールスマンの

露骨な売り込みが

脳裏に焼き付いているからです。

 

ですが、

冷静に考えてほしいのです。

 

そんな

露骨な

いやらしい売り込みを

されたときって

買っていますか?

 

間違いなく

買っていないですよね。

(意思が弱い人は買っちゃうかも!?)

 

 

つまり何がいいたいかというと

「売る力を身につける」

ということを考えた時

 

 

「うわ!それ欲しい!!」

と感動して「買って」

くださることよりも、

 

 

「え、いりません!!」

と嫌な顔されて「買わない」

ことばかりに

目を向けすぎているのです。

 

 

今すぐ

そんなマイナスイメージは

捨て去ってください。

 

ものを売る力は

感動させる力です。

コミュニケーションをとる力です。

魅力が伝わるように伝える力です。

 

 

決して、

いらないものを

いやいや売りつけて

嫌な顔をされること

ではないのです。

 

そんな悪い見本は

頭に思い浮かべても

何のメリットもありません。

 

今すぐ

良いイメージに書き換え

行ってくださいね!

 

では次回も

「売る力」について

更に掘り下げていきましょう!

 

 

追伸:ゲームを買いました。

 

Facebookの友達の方は

私が何のゲームを買ったのかは

既にご存知かもしれません。

 

 

「キャッシュフロー」

という名の

ボードゲームを買ったのです。

 

このゲームは

「金持ち父さん貧乏父さん」

という大ベストセラーの本で

有名な

ロバート・キヨサキさんが

作ったゲームです。

 

むしろ、

金持ち父さん貧乏父さん

という本は

「キャッシュフロー」

というゲームをもっと

知ってもらうために

書かれた本なのです。

 

どんなゲームなのかというと

 

すごく簡単に言えば、

「お金の流れを学ぶ」

ゲームです。

 

何と言っても

ゲームの名前が

「キャッシュフロー」

 (お金の流れ)

ですからね。

 

で、どういう

ゲームなのかというと、

ラットレースから抜け出して

ファーストトラックに突入し、

夢を叶える

と言うようなゲームなのですが、

 

 

ラットレース

というのは

ネズミが回し車の中で

一生懸命走っている状態のように

 

一生懸命走っているのに

一向に資産はたまらず

裕福にならない状態

 

を指します。

 

そうなってしまうのは、

収入が上がると同時に

支出も上げてしまうから。

 

そうではなく、

余ったお金で

「お金を生む資産」

を購入し、

 

いち早く、

資産から生まれる収入が

支出を賄えるようになるか!?

 

ということを

ゲームを通して

疑似体験しながら

学んでいくためのものなのです。

 

何回かやってみたのですが、

これは

好き嫌いが

はっきり別れるゲームですね。

 

私は買うほどに

ハマってしまいました。

 

めっちゃ面白いです。

 

最大6人まで遊べるゲームです。

 

近々興味ある人集めて

遊ぼうかなって考えています。

 

記事の読者の方でも

もしこういう

「資産形成」について

興味ある方いれば、

一緒に遊びながら語りたいので、

ぜひ連絡くださいね(^^)

 

今後は

音楽関係もそうですが、

こういう遊び仲間も

増やしていきます♪

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。詳しいプロフィールはこちら