喜々としてはなせるか?

 

こんにちは、

USPデザイナー畠山勇一です。 

 

前回から

「売る力」についてお話ししております。

▼前回記事▼

「売ること」が楽しくなってきたらビジネスはうまくいく

 

https://positioning-letter-writing.com/?p=2195

 

「売る」ということの

思い込みをなくそう!

という話をしてきました。

 

しかしながら、

「なくそう」と思ってもなかなか

上手くは行かないものです。

 

大事なことは

「どうすれば結果的になくせるか?」

を考えることです。

 

 

喜々として話している時の自分

あなたには

大好きで話しだしたら止まらない!!

というような大好きなものってありますか?

 

私はオタク気質なので、

好きなものや

興味のあるものに関しては

突き詰める&熱っぽく語る

という傾向があります。

 

それを話している時

とっても楽しいのです。

 

その分野の話をし始めたら

イキイキして

目がキラキラ輝くような人

周りにいませんか?

 

そして、その人の

その姿を見て

どう感じますか?

 

私は、

「こんなにも好きなんだな〜」

「なんだか楽しそうだな〜」

「幸せそうだな〜」

と感じます。

 

 

それが好きな気持ち

この気持ちが

売る力の1つ

でもあります。

 

前々回

売る力

=感動させる力

というお話をしたのですが、

 

好きな気持ちを持って話すと

心を動かしやすいです。

 

人は「共感」する生き物なので、

個人差はあるものの

楽しそうな人を見ていると

楽しくなったり

 

不機嫌な人を見ていると

自分まで機嫌が悪くなったり

 

そんなことがありうるのです。

 

なので、

「売ること」

=いやらしいこと

という風に思っている場合

 

その感情が伝わります。

そして、それが

買う側にとっても

「買うのは止めといたほうがいいのかな?」

 

というふうに感じさせる

原因になります。

 

なので、

商品のこと

サービスのこと

大好きになってください。

 

まずはそこから始まります。

 

ですが、

もう1つ大事なことは

「相手を巻き込む話し方をする」

ということです。

 

これができないと

喜々として話したところで

独りよがり

で終わってしまいます。

 

次回

「相手を巻き込む話し方をする」

についてお話します!

 

追伸:結局は個人事業なら自分のことが好きか?が影響してくる

この話をすると

気分を損ねる人がいるんですね。

 

「そんなのビジネスと

何の関係があるのですか!?」

と逆上してしまうんです。

 

どんな話かというと

自営業者(起業家)において

商品やサービスが

売れない理由の1つに

「自分のことが好きじゃない」

ということが考えられます。

 

今回の本題の件で言うと

「商品・サービスを喜々として話す」

というのは

 

自営業者にとって

「(自分の)商品」

「(自分の)サービス」

がほとんどなので、

 

自分の事が嫌いだと

自分のやることなすことにも

納得行かない、

という気持ちが宿ります。

 

そうなってしまうと、

結局は「売れない」

原因になったります。

 

で、

自分を好きになるには

どうしたらいい?

という解決策については

まずは「親との関係改善」

という話が出てきたりするわけですが、

 

図星であればあるほど

逆上してしまうし、

マインドについては

私は専門ではないので、

この話はこれくらいにしておきます。

 

グサッと刺さって

嫌な思いをしてしまった人がいたら

ごめんなさいね。

 

ですが、そういう

感情になるという事は

思い当たる節がある

ということですよね。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

 

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。詳しいプロフィールはこちら