近道はあるけど、

近道が楽な道とは限らない。

 

 

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

ウェブ上での動画配信と言えば、

YouTubeですが、

今はYouTubeで稼ぐというのは

非常に難しくなっているのです。

ブログ集客とよくにているので、

その理由は後述しますね。

 

さてさて、

ブログ集客をしたいと考えた時、

「検索で人がやってくるようになったら嬉しい」

と思って自動集客をはじめるのは

とてもいいことです。

 

ですが、

「そんなにいきなりラクして稼げるものではない」

ということは理解しておいて欲しいな

と常々思うことです。

 

ブログ集客は

「仕組み作り」なんです。

 

仕組み作りは

完成するまでは

大して機能しないんです。

 

ですが、

完成してしまえば、

再現性があるもの。

 

つまり、

今の成果ではなく、

長期的に見て

やっておくべき戦略。

 

アリとキリギリスの話で言えば、

「アリのシゴト」です。

 

それを理解しておかないと

断念してしまうのです。

 

 

今回はYouTubeの仕組みの話から

ブログ集客の話に落とし込んでいきます。 

 

今YouTuberになるには10000回再生の壁がある

「なりたい職業」に

「YouTuber」が出てくるほど、

YouTube上で人気の方は

若い世代にはかなりのカリスマ性を持つほどに

大きなメディアとなっている

YouTube。

 

Googleさんの傘下なので、

検索にも強く、

上手く使えば、

自分をアピールするメディアにもなるし、

 

YouTuberのように、

「広告収入」で稼ぐことも

可能といえば可能なのです。

 

しかし、

今、一世代前の

YouTuberのように

稼ごうとしても

難しいのです。

 

YouTubeで収益を得る

というのは一般的に

「広告収入」を指します。

 

動画を再生すると

最初や途中に広告が出ますよね?

あれをクリックすると

クリック数に応じて

収益が発生するのです。

(広告が表示されたからと言って

収益が発生するわけではない。)

 

日本のYouTuberのパイオニア的存在の方は

数人いますが、

絶大な人気を誇っているのは

ヒカキンさんですね。

彼らはものすごい再生数を

稼いで、そこからのこの

広告収入で利益を得ていたわけですが、

 

彼が始めた頃よりも

まず、広告収入の仕組みが変わっています。

 

私が音楽系の動画を配信していた頃は

ヒカキンさんが始めた頃よりも

既に稼げなくなっていました。

 

そして、今は更にハードルが

上がっているのです。

 

以前は、

自分の動画を収益化するのは

誰でもできたのですが、

 

今は

自分のアップロードしている

全ての動画の総再生回数が

10000回再生

を達成しない限り

いくら動画をだしても

質がいいものだとしても

収益化の対象にならないのです。

 

10000回再生

100回再生の動画なら100本必要です。

1000回再生の動画なら10本。

 

ですが、

無名の人の動画1本が1000回再生されるまで

一体どれだけの試行錯誤と期間が必要でしょうか?

 

私も今趣味で実験をしているのですが、

一ヶ月毎日一本、本気で取り組んで

ようやく10000回再生する目処が立ちます。

 

 

収益に繋がらない動画配信を

1か月続ける。

 

「ラクして稼げるからYouTubeはじめてみました。」

という人にはとてもじゃないけど

難しい修行です。

 

(私は動画編集や画像作成、

タイトルの言葉選びなどが好きなので、

全然苦ではないのですが。)

 

よくわからない人の

よくわらからない情報は

こういうハードルを設けることで

排除されてきているのです。

 

私も実験してみて

分かりましたが、

相当視聴者に喜ばれる

動画を考えて何本も

作らない限り

10000回再生は

たどり着けないです。

 

つまり、

 

YouTubeの動画すらも、

質の悪いものは

表舞台に出てくることは

ありません。

 

さすが、

Googleの傘下です。

 

質が問われる、

良いハードルです。

 

で、

これ、ブログにも同じことがいえます。

 

ブログの検索順位を上げる評価は2軸

「自分のブログが全然検索されない!」

という方がブログ始めて間もない人に

多いのですが、

それもそのはずなんです。

 

なぜなら、

ブログの検索順位が上がる仕組みは

「ブログそのもののアクセス数と質」と

「記事のアクセス数と質」という

2軸があるからです。

 

つまりこういうことがいえます。

 

どんなに読み応えのある

記事を推敲を重ねて書いても、

 

ブログそのものの

アクセス累計が

10000アクセスを

超えていないならば、

そもそも表舞台

(検索上位)には立てない

 

ということなんです。

 

YouTubeの広告審査のように

明確な数値を

明示しているわけではないので

10000アクセスが妥当かどうかは

わかりませんが、

 

そもそも

「ブログを作ってから

今までの期間で、

どれだけのアクセスが

あったのだろうか?」

 

 

という話なんです。

 

アクセス累計は

期間と記事数と人気度合い

で変わります。

 

つまり、

1ヶ月で

10アクセスしかない記事が

10記事しか無いなら

1ヶ月で稼げるアクセスは

10記事✕10アクセスで100アクセス

10000アクセス達成するのに

100ヶ月かかります。^^;

 

もちろん、

コンサルしている人の、

ブログを見ていると

10000アクセスなんてなくても、

微々たる検索があります。

 

でもそれは

殆どがたまたま来たに過ぎず

「検索上位にいてガンガン人がアクセスする」

という状態ではないのです。

 

 

だから、

「全然アクセスがない!!

検索もされていない!!」

という人が

 

今やるべきことは

友達でも既存客でも

なんでも良いから、

アクセスを多く集めることです。

 

 

それが

お金をかけずに人力でできるのが

「SNS」なわけです。

 

これもまた、

「ブログ立ち上げ当初は

特にSNSにチカラをいれよう!」

といっている理由なんです(^^)

 

まずは、

とにかくブログのそのものの

総アクセス数を稼ごう!

 

ここから始まります!

 

追伸:違うことをやって分かること

 

YouTube動画の実験は

多くのことを教えてくれます。

 

今回のことも

非常に大きな発見でした。

 

10000回再生は

非常に大きなボーダーです。

私も

すぐにやめようと思いました(笑)

 

しかし、

最初は10回くらいの再生数の動画が、

次の動画を上げたことで、

関連して見られて

最初のが15回

2本目が10回で計25回

 

一週間くらい放置してても

たまたま見られて

40回位になってたりして…

 

さらに

何度も試行錯誤を続けていると、

一気に100回位再生される

動画が現れたりします。

そうするとまた

最初の方に上げた

動画の再生数も上がります。

 

そして、またあるところで、

1000回を超えてくる動画が現れて、

最初の方に上げたことで

単純に「露出」が少なかった動画が

日の目を浴びるようになり、

最初に上げて

ずっと数十再生くらいだったものが

500回位まで数値を伸ばしたりして。

 

みたいに

相乗効果が止まらないのです。

そうなってくると、

 

100、200、300、400、

と順当に増えるのではなく。

100、400、900、1600

と加速度的に急上昇していきます。

 

そうなってくると

めちゃくちゃおもしろい!

10000回再生は

あっという間です。

 

 

これはブログも同じことがいえます。

過去に書いた記事が

活きる時が来るんです。

 

だから

 

ブログ始め立てで、

全然アクセスがない?

記事が刺さってない?

 

フザケンナよ

ただ単に

見てもらえていないだけだよ。

 

と私はいいたいのです。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00