即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

無料小冊子プレゼント中!

【起業家あるある】なぜ下手な売り込みをしてしまうのか?

 
悩み相談も売り込みもどちらも違う
この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!
絶妙な文章配置で、
お客様が舞い込む仕組みを作り出せ!

起業家のためのUSPデザイナー畠山勇一です。

 

僕はUSPをベースとしたブログ集客の仕組みづくりの専門家なのですが、当然、集客しお申し込みが入れば、対面で成約を頂く話をするわけです。僕のテーマは「成約を頂けるブログを作ること」です。なので、せっかく申し込みが入っても成約を頂く最後のポイントでつまずいては元も子もないので、「クロージング」についてもお話していきます。

 

下手な売り込みになるのは、「売り込み」だと思い込んでいるところにある。

クロージングに失敗した人たちの話を聞くと、本当に様々な理由が出てきますが、共通して言えることがあります。

それは、「クロージング=売り込み」だと思い込んでいる、ということ。

 

その思い込みの結果何が起こるのかというと、本人の性格によって2種類の結果が起こります。

  • 気の優しい人は、相手が欲しいものの提案すらしない。
  • 気が強い人は、自分が話したいことばかり話して撃沈する。

ちなみに、僕はどちらも経験済みです(笑)

 

相手が欲しいものの提案すらしない結果…

「売り込まないようにしなきゃ」

「聞き役に徹しよう」

こうやって過剰に思い込みすぎると、それはクロージングではなく、ただのお茶会と化します。

 

気の合う、いつ声をかけても会えるような「ただの友達」ならそれでも良いかもしれませんが、

 

相手が悩みを持っていて、それを解決できる手段を持っているのに提案しないなら時間の浪費に終わります。

 

その結果訪れるのは「ただのいい人と化す。」ということです。

言ってしまえば、恋愛にたとえるなら「いい人なんだけど、恋人としては…」みたいな状態ということに近いですね。

 

そして、最悪は、相手に悪気がなくとも、友達という言葉を利用してあなたの商品をタダもしくは格安でもらおうとする。

 

ちなみに僕は、自分が提案しない結果、全然興味のない商品を逆売り込みされたことはありますよ(笑)

(僕の場合は対象が起業家なので、相手も自分の商品を売りたくて会ってるわけなので。)

 

では、もう一つの場合もお話しましょう!

 

自分が話したいことばかり話す結果…

いわゆるあなたが思う「売り込み」ってこのイメージですよね?

悪い営業マンの典型、自分の商品の「説明」を一方的にしてしまう人ですね。

「この商品はここが凄い!云々かんぬん…」

 

相手からすれば、「そんなのどうでもいいんですが…」と言う顔になっていても、それでも気付かずに話し続ける。

「商品の魅力を伝える」これ自体が悪いことではないですが、

「伝え方」と「相手に必要な情報か?」ということと「好意的に聞いてくれているか?」ということは絶対条件です。

 

僕の過去の失敗は、話をするときは理由もちゃんと説明ができるように準備するのですが、その性格が裏目に出て「売ろう、売ろう」という気持ちが出すぎてしまうと、相手を「論破」してしまうのですよ。

 

その結果どうなるのか?

 

僕が論破したことで、その商品に対しては非の打ち所がないと感じた相手は、数日後に僕個人を誹謗中傷するコメントを残して僕の目の前から消えていきました…

どうしても言わなければ気がすまなかったんでしょうね…言い過ぎたな〜と後で反省したわけです。

 

「売り込み」はあなたが思うように、決して良いものではありません。

 

ここまで読んだあなたはもしかしたらこう感じているのでは?

 

「売り込みでもなく、聞くことに徹するのではなく、どうしたら良いの?」

 

これは売り上げが全く立たなかった頃に僕が陥った迷宮です。

 

ですが、実はこの発想自体には答えはありません。

そもそも、クロージングは「売り込み」ではないのですから。

 

今あなたの頭には売り込みか悩み相談かのどちらか?という2択があったかもしれません。

悩み相談も売り込みもどちらも違う

 

しかし、現実は「どちらでもない」のがクロージングです。

 

売り込みではないのがクロージング

その発想を身につけないと、まず、この迷宮からは出られない、ということを認識しておいてくださいね。

 

次回は、ならばどうすれば良いのか?の具体的な方法についてお伝えしていきます。

次回▶【質問力】個別相談が「ただの愚痴聞き」で終わらないためのたった一つの質問

 

あわせて読んで欲しい1記事

自分の商品をちゃんと理解していないとそもそもクロージングはできないのでこちらもチェックです。

【ペルソナとは?】みんなを救おうとして、誰も救えない人にならないために

この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら