こんにちは!
絶妙な文章配置で、
お客様が舞い込む仕組みを創り出せ!

起業家のためのUSPデザイナー畠山勇一です。

USPデザイナー畠山勇一

※前置きはスキップして100選が見たい方はこちらをクリック!

 

CMは5秒で心を掴み取る時代!YouTubeのCM動画に込められた想い。

CMは15秒でも30秒でもなく「まず5秒」の時代へ!

私、実は、小さい頃から「テレビCM」が大好きな変わった子供でした。

番組と番組の間に挟まれる、

15秒30秒で魅力を伝えきるCM達のわかりやすさ・インパクト・中毒性

どれをとっても「素晴らしい」の一言。

 

CMの広告費で番組が成り立っているとは知らなかった
ピュアハートだった私の心を射止めました。

 

ですが、普通の人にとっては
「楽しみを遮るうざいもの」
「トイレの時間」
「他のチャンネルを見る時間」

という場合が多く、

CM入る度に、

私が食い入るようにCMを見ている途中で、

チャンネルを回してしまう親によく怒っていました。

「なんでこの子はCMが好きなんだろう…」と

さぞ疑問だったことでしょう。

 

CMに凝縮されたプロモーションの極意は動画にも文章にも活かせる

基本的に、「邪魔なもの」扱いのCMなので、

企業側も、見てもらうためにかなりの工夫を凝らしています。

 

人の興味は「最初の3秒」で決まる。

3秒ルールと言うものを聞いたことありますか?

 

床に落としたモノでも3秒以内であれば、汚くない、って言うやつですよね!

・・・・って違いますよ(;・∀・)

 

元々はテレアポ(電話営業)で使われていた言葉のようです。

「人はいきなりの知らない電話でも3秒ならば話を聞いてくれる」

というもの。

そして、興味がなければ3秒後にガチャ切りされます。

 

これはテレアポに限らず、

CMにも限らず

・インターネットの文章

・テレビCM

・YouTubeの動画

全ての受動的媒体で言われていることです。

※受動的とは、お客様が自分から進んで見るというよりは、
たまたま見る機会が多い傾向があるものです。

 

最初の3秒の「つかみ」が最重要課題!

最初の3秒で心を鷲掴みにすることが如何に大事か、

常に何かしら物を購入している消費者である私たちはわかっているでしょう。

「つまらないモノ」に時間は使いませんよね。

 

だからこそ「つかみ」はすごく大事です!

そして、個人起業家たるもの、

如何にしてお客様を惹きつけられるか?

を常に考え続ける必要があります。

 

そのヒントたちは先人たちの作品(CM)を学ぶのが一番です。

何事においてもモデリングは大切です。

 

YouTubeCM動画から学ぶ「5秒のつかみ」

なぜテレビ離れがおき、YouTubeは見られるのか?

テレビの低視聴率かが叫ばれる昨今、

現代人の情報収集はインターネットに移行しています。

そして、動画を見る最大手メディアと言えば、

YouTubeです!

 

YouTubeは無料で、好きなだけ世界中の映像が見られます。

 

多様化が進むからこそテレビではなくYouTubeが選ばれる

今の時代、昔みたいに、

お金持ちの家のテレビ1台の前に集まってみんなでプロレスと見たりとか、

年末は親戚一同集まって、紅白歌合戦を見たりとか

 

それが「当たり前」ではなくなってきていますよね?

 

そう。

個人が個性を主張していい時代なのです。

だからこそ、

起業家という生き方がアリになってきたともいえますしね。

 

みんなで一斉に同じことをしたり、

同じものを見たりする時代は終わり、

多様性が認められるようになってきました。

 

自分の好きを追求する時代に!

音楽の趣味だって、自分が好きなもの聞けばいい、

テレビ番組だって、自分が見たいものを見ればいい。

 

自分が好きなものを、好きなタイミングで

好きなだけ、楽しむ。

それが今の生き方です。

 

そして、それは受け取るだけでなく、

発信も出来る時代になっています!

 

誰でも発信者(YouTuber)になれる、総エンターテイナー時代!

一平凡な音楽講師の私ですら、YouTubeで1万回再生!

私は、音楽教室のインストラクターをやっていた頃に、YouTubeで動画を配信していました。

こんなチャンネル(今とは全然雰囲気が違いますね 笑)


そして、非常に微々たるものですが、広告収入を頂いたこともあります。

やっていた時期がたったの2ヶ月なので、動画自体が少ないのですが、

その中でも1万回以上再生されている動画あります。

何でしょうね、

音楽的な機材の機能紹介だったのですが、

当時まだここまでしっかりと解説したものがなかったようで、

再生され続けているわけですね。

まぁ音楽、特に軽音楽をやっていない人には全く良さがわからない

「ニッチ市場」の動画ではあります。

 

YouTubeは無料で見れるからこそ、CMがある。

テレビと同じ広告収入で運営しているYouTube

YouTubeがなぜ無料で見放題なのか、考えたことはありますか?

これは、広告収入でYouTubeというサービスを運営しているからです。

・動画の再生前に映し出されるCM

・動画再生中に突然出てくるバナー(画像広告)

・動画再生画面の横に表示されているサイドバーのバナー

・動画再生中におもむろに挿入されるCM

など、

これらを使ってCMを配信しています。

 

そして、これらの場所にCMを出したい人から、

広告宣伝費をいただき、そのお金から運営や、

そのCMを流してくれたYouTuberへお金が流れていきます。

 

このスタイルはテレビCMと同じですね。

つまり、

無料で見れるのは広告のおかげなのです!

だから、広告をうざがらないでね^^;

 

ちなみに、私の動画もガッツリ広告が出るようになっています。

これは、当時の私は、

この動画を配信し、

広告収入でお金をいただこうと考えていたからです!(笑)

 

オリジナルコンテンツであれば、

誰でも広告を表示することが可能なのです。

(18歳以上であれば、ですが。)

 

YouTubeで最も見られる広告とは?

先程YouTubeの広告にはいくつかあって

・動画の再生前に映し出されるCM

・動画再生中に突然出てくるバナー(画像広告)

・動画再生画面の横に表示されているサイドバーのバナー

・動画再生中におもむろに挿入されるCM

と述べましたが、

YouTubeを視聴しているユーザーの目に一番止まるCMはどれだと思いますか?

 

言わずもがな、

見たい動画が再生される前に流れるCMです。

 

YouTubeのCMは5秒でスキップ可能

いろいろと使用が変わり、

スキップできる動画とできない動画があったりなかったりしますが、

「5秒でスキップできる」仕様になっています。

 

逆に言えば、

「5秒だけは強制的に見てもらう事ができる!」

ということ。

 

5秒の猶予があるならば、アレが使えますよね。

 

「3秒ルール」に命をかけろ、5秒で惹きつけるYouTube動画の工夫。

そうです、「3秒ルール」です。

スキップ出来るまでに5秒もあれば、

「続きをこのままみたい!!」と思わせる事が可能なのです。

 

YouTubeCMの最初の5秒は起業家にとってモデリングの宝庫。

5秒で顧客の心を掴み取れ!

まじでスキップする5秒前、

この5秒間を「つかみ」という視点で見ていると、

とてもおもしろい工夫がされていることがわかりました。

 

これは、企業だけでなく、個人起業家だって、

動画やらなくたって、文章にだって、画像にだって

置き換えどころ満載です。

 

その後も面白い「売り込みではない動画」となっています。

CM、CMと言っていますが、

どの動画もじっくり見ると、売り込みになっておらず、

とても視聴者を楽しませるような工夫がなされています。

テレビ時代は、15秒、30秒、長くても1分、

不特定多数に見せているので、それが限界でしたが、

今では、

「みたい!」と思った人だけに魅せられるので、

2〜5分のCM動画もあります。

相当クオリティが高いです。

 

センスが光るつかみを考察するYouTubeCM動画100選

というわけで、

CM大好きな私が独断と偏見で、YouTubeに流れるCM動画の

良かったところや置き換えポイントなどをレビューしていきます!

さぁ!100までたどり着けるかな?随時増やしていきます。

 

5秒で心を掴み取る!YouTubeのCM動画の「つかみ」100選

1、YouTuberやブロガーなど世代で人気の人を集め、本格的なラップを披露。【フリスク】


この動画の場合は、
最初にテロップで「誰が出るのか?」がわかり、
私がたまたま知っている方の名前があったので、
そのまま見入ってたら5秒過ぎてから
かなり本格的なラップが始まります。
(私はラップも好きなのです。)

これフリスクのCMなのですが、
全然CMっぽくない、
つまり「売り込みっぽくない」のです。
こういう、楽しませる工夫は必要不可欠ですよね。

最初の5秒の使い方は

  • 「このメンバーが何をする?」
  • あえて音を殆ど出さず「何が始まる?」と引っ張る

というところですね。

 

2、義理チョコにリア充爆発、どこまでも持てない男子の味方【ブラックサンダー】

ラップ繋がりで、私が大好きなCMがこちら、

「ブラックサンダー」の動画ですね。

ブラックサンダーは安価なチョコレートのお菓子ですが、

コアファンが多いのが特徴ですね。

 

その安さと人気、そして、男子好みのネーミングから

公式的にこのようなプロモーションをしています。

ブラックサンダー

「一目で義理とわかるチョコ」

天才ですね。

そこからの着想なのでしょう。

この動画は「リア充VS非リア充」のラップバトルです。

※リア充とは、「リアルが充実している」の略語。

 

当然、ブラックサンダー改め黒い稲妻は冴えない非リア充達の味方です。

最後はビリビリして倒すわけですが、

ラップバトルのリリックが、本当にリア充と非リア充のリアルな主張が続くので、

若者の共感を得ますね。

この動画の5秒のポイントは

  • 裸の大将のモデリング
  • 徹底的にモテナイくん達の演出

 

※裸の大将。

裸の対象

初代ではなく、ドランクドラゴンの塚地さんが演じた方のモデリングのようですね。

このように有名なものをモデリングをして「既視感」を出すのもポイントです。

というところでしょうか。

 

3、「帰ってきた」と言えば、理想のお客様の既視感を誘う…

バンド解散後も根強いファンを魅了し続けている
日本の大物ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」が
申年の2016年に復活を果たしました。
(バンド名「モンキー」なだけに)

15年9ヶ月ぶりのシングルは「砂の塔」

こちらのスペシャルティザー映像第三弾はこちら。

昭和男児なら思わず反応してしまう永久不滅のあのヒーロー

これね、

昭和生まれの男子たちには
完全なる「既視感」ですよね。

どこかで見たような…

そうです、あれです。

「帰ってきた」で思い出されるあのヒーロー

そう!

「帰ってきたウルトラマン」

帰ってきたウルトラマン

さらに言えば、

うろおぼえながらイエモンのティザー映像も
なんだか昭和のウルトラマンを彷彿させます。

そこで、帰ってきたウルトラマンのOP探してきました。

やはり、、、

完全にモデリングしていますね。

こちらがオリジナル「帰ってきたウルトラマン」

帰ってきたウルトラマン 帰ってきたウルトラマン

こちらがイエモンの「砂の塔」

帰ってきたザ・イエロー・モンキー 帰ってきたザ・イエロー・モンキー

ここまでモデリングをしていると、

尊敬の念すら感じますね。

 

この動画の頭の5秒間は

  • 理想のお客様である「昭和男子」の既視感を誘う忠実なるモデリング
  • 「ん?なんかどこかで見たことあるぞ?」
  • 文字がじわじわと映し出されるのでそのまま見たくなる。

と言うところですね。

 

4、果たして「ヨーグル感」はどう出たのか?「ビフォーアフター」を魅せる!

コカ・コーラ社の新商品

「ヨーグルスタンド」

ヨーグルスタンド

キャンペーンサイトより引用↓

乳酸菌入りヨーグルトベースに話題の素材「希少糖※」
(※希少糖含有シロップ)を使用。
甘くておいしく、かつ1本当り87kcal。
とろみのある口当たりに、ナタデココのプチプチ食感、
さわやかなパイナップル味をお楽しみいただけます。

 

低カロリーだけど甘い!
社会人の間食にピッタリ!

だそうです。

そして、
こちらのキャンペーン動画は
何種かあるのですが、

私が最初にみたのはこちら

上野樹里さん演じる会社員がガマンしているところに

子供達からの「甘い」お誘いが、、、!

 

5秒で魅せる「ビフォー」

最初の5秒で、少年少女たちのビフォーを見せます。

「のめばい〜じゃん」と歌わせているのですが、
どうもバラバラ…
そこでディレクターのような方が、
「もっともっと、ヨーグル感ヨーグル感を出して」
と叫ぶ。
そして、
「OKテイクはCMで!」と引き込む。
ビフォーを見せることで、
アフターを気にさせて
見たいと思わせる工夫ですね。

ちなみに、OKテイクは、歌も踊りも表情も、ヨーグル感満載です!

 

この動画の「つかみ」ポイントは

  • 5秒間で魅せる「ビフォー」
  • 本編で魅せる「アフター」
  • 「ヨーグル感」という聞きなれない言葉

というところでしょうか。

 

5、まるでミュージックビデオ!?思わず見入ってしまう「ノンエンジェル」とは?

まずは何も言わずにこの動画を見ていただきたい。

これ
ノンエンジェルというユニットのI’m PREMIUMという曲のMV(ミュージックビデオ)

かと思いきや、

そう見せかけた、

【氷結PREMIUM】のCM動画です!!

氷結PREMIUM

公式サイトはこちら!

 

超本格的な楽曲なのでCMだと
わかりませんよね!

(随所に出ていますが。)

実際に多くの人が。

「これは最後まで聞き入ってしまった」

「ダフト・パンクを彷彿させてかっこいい!」

と楽曲のクオリティの高さを評価しています。

 

「ノンエンジェル」とは何者?

こちら実在の音楽ユニットではなく、

お笑い芸人の

NON STYLEの石田さんと
トレンディエンジェルのたかしさんが
コラボしたこの
キャンペーンのためのユニットです!

ノンエンジェル

元の2人

NON STYLE石田トレンディエンジェルたかし

 

最初見たときは全くわかりませんでした!

かろうじて、
石田さんの方は「あれ?どこかで見たことあるぞ?」

というような状態でした。

ダフト・パンクを彷彿させるハイクオリティテクノサウンド!

この動画の感想でも騒がれているように、

ダフト・パンク彷彿させるようなかっこいいサウンドをしています。

※ダフト・パンクはこちら!

確かに、このようなかっこよさがありますね。

 

氷結PREMIUMなだけに、どこまでもPREMIUMに!

そして、このMV…ではなく、プロモーション動画をよく見ていると、

やたら予算かかってます。

氷結PREMIUM

彼ら2人の光っているのはLEDでしょうか?

結構な予算ですね。

どこまでもPREMIUMですね。

 

 

さて、この動画の「つかみ」ポイントは

  • 新アーティストのミュージックビデオと見紛うクオリティの楽曲
  • お笑い芸人が普段の彼らからは想像できない大変身!

 

というところでしょうか。

 

顧客の心を掴むのは「お客様目線」から!

さて、これらの「つかみ」は参考になること満載ですよね。

こんなこと思いつかない!!と思った方

それはまだまだ「お客様目線」が養われていないから!!

「お客様目線」を養いたならば、私のこの無料冊子の購読をお勧めします。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。詳しいプロフィールはこちら