こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

目標と手段をセットと考えるならば「1時間5000円」では全く稼げない

目標を掲げても手段が明確でなければ稼げない

前回、
「目標と手段はセットです。」
というお話をしました。

この記事です。

起業して月収100万円の目標を成し遂げられないたった一つの理由

起業して月収100万円の目標を成し遂げられないたった一つの理由

例えば、
月商100万円達成という目標を掲げても、
「どうやって達成するか?」
という手段がなければ
到底達成は出来ない。
ということです。

そして前回、

1時間5000円の施術を
例に出してお話したわけです。

 

1時間5000円の施術だと
月に200時間の施術をしないと、
月商100万円は達成できません。

 

その手段は果たして現実的でしょうか?

 

気合と根性と時間をつかって
なんとかしてやる。

という気合は素晴らしいですが、
あまり現実的ではないですし、
効率的でもありません。

「1時間いくら」という時給換算の発想からの脱却

時間ではなく、価値(値段)から先に考える。

次のように発想を変えていきます。

もし、

1人から10万円を頂くことができたら、
10人集客できれば、目標達成できる。

 

25万円の商品だったら、4人。
100万円の商品なら、1人です。

そういう商品なら、
お客様対応まで考えた時に
現実的かつ、効率的になります。

そういうような商品はどうやったら
作れるか?

と考えるわけです。

 

「相場がそんなに高くない」というのはただの言い訳。

こういう話をすると、
次のような声が聞こえてきます。

「ウチの業界は相場がそんなに高くないのに、
そんなに高くしたら売れるわけ無い」

と。

「時間」ではなく「結果」に価値をのせること。

私はこう答えます。

「1時間いくら」という

時間に価値を乗せる発想である限り
ライバルとの価格競争からは
抜け出せません。

 

大事なのは、
「結果に価値を乗せる」こと。

 

そうすることで、
価値の定義が逆転します。

 

「結果」に価値を載せることで、時間に対する捉え方が逆転する。

 

どういうことかというと

「1時間肩を揉んでもらう」というのは
時間に価値を乗せる切り売りの発想です。

この発想だと、
時間をかければかけるほど、
お互いに価値が上がります。

 

この発想で利益を得るためには、
「どれだけ時間をかけられるか?」
ということを考えます。

だから忙しくなる。

 

では逆に「結果に価値を乗せる」とは?

 

これは、
例えば、
「一生肩こりに困らない身体が手に入る」

というものだったら?

本当にそれに困っている人ならば、
高単価でも手に入れたいと感じます。

それだけでなく、
「短期間(短時間)で手に入れたい」
と感じるわけです。

 

この時点で、
時間をかけること=価値が高い
ではなくなっていることに気づきますね?

この発想があるかないかで、
ビジネスモデルの構築方法が
ガラッと変わるのです。

 

時間に価値を乗せるか?

結果に価値を乗せるか?

 

個人でビジネスをやるのであれば、

後者でなければ、いつまでたっても

忙しのに稼げない状態が続きます。

 

次回:【稼げない!忙しい!から脱却】「結果に価値を乗せる」から選ばれる起業家になれる理由

【稼げない!忙しい!から脱却】「結果に価値を乗せる」から選ばれる起業家になれる理由

 

後者を選びたいけど、
そのやり方が分からない、
という方は今月開催する
私の個別相談にお越しくださいね。

<今月の個別相談情報>

あなただけのお客様目線キーワードを手に入れる個別相談

あたなだけのお客様目線キーワードを手に入れる個別相談

 

個人起業家に一生ついてまわるのは

「集客」の問題です。

これを早い段階から仕組み化していくことで、
あなたは仕事をカンタンにして、
更に加速していくことが出来ます。

(個別相談の詳細を知りたい方はこちら!)