こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

自分が使いたい言葉と、お客様に響く言葉は違う!

アラフォー世代のパートナーシップの専門家、森洋子さんの事例

理想のお客様を設定したけども
ずれてしまっていた例として
森洋子さんの事例をご紹介します。

image1.JPG

 

森洋子さんはアラフォー世代のパートナーシップの専門家。
つまりは、夫婦仲を良くするシゴトをしています。

よくある理想のお客様設定のミス「カテゴリー分け」

まず、この時点で、
多くの起業家が陥りがちなのは
「アラフォー」や
「OL女性」などのカテゴリーで分けることが
理想のお客様設定だと勘違いしますが、
それでは、広すぎるんです。

この場合はアラフォーはアラフォーでも、
「夫婦間にどんな悩みを持ったアラフォーなのか?」
の絞り込みが必要です。

どんな「悩みを持っているか?」にフォーカスする

その点では森さんは
ディスカッションをした時点では
ちゃんと明確にイメージをしていました。

以下が森さんが
当時設定したお客様像です。

「アラフォーで子どもがいて、
働いているかどうかは問わない。
旦那さんと喧嘩ばかりしている主婦。」

 

ザックリとした
「アラフォー」よりも
より明確でしっかりと
考えられているように見えますね。

その理想のお客様(ペルソナ)は本当にあなたの理想なのか?

理想のお客様なのか判断する3つの質問

しかし、ここで出てくるのは
次の3つの質問です。

「その人を本当に相手にしたいのですか?」

「その人はお金を払えるのですか?」

「その人はお金を払ってまで
問題解決をしたいのですか?」

さて、森さんの答え(状況)は
どうだったでしょうか?

どんな人が集まってきていたでしょうか?

 

理想の現実のギャップは意外にも深刻です。

 

答えは

・旦那が悪いと思い、自分は変わろうとしない

・だけど旦那の収入に完全に依存している

という人が集まってきていました。

 

なぜ、そのお客様では行けないのか?

 

もちろん、
本人が変わるつもりもなく、
本人にお金もなく、
旦那さんに負担してもらう相談もできないため、

結果的に、

なかなかビジネスとして成り立たない。
仮に来てくれても、成果が出ない。

という状況でした。

そこで、
私とのディスカッションを通して、
理想のお客様を次のような方向性に
変えていくことにしました。

 

想定する言葉を変えることで、集まる人が変わる。

ネガティブワードをポジティブワードに変えることで集まる人が変わる。

今の現状は

「喧嘩ばかりしている」
→ネガティブな状態を脱したい。

と言うお客様なので、
そういう人ではなく

「今以上の関係性を作りたい」
→前向きに夫婦関係の向上を
 目指している人

へ変更していきました。

そういう人に設定し直したら、
理想のお客様のイメージは
まるで変わっていきました。

そうしたら商品の方向性も
価値も変わってきます。

方向性や価値を変えても、軸(想い)は変わらない!

ですが、忘れてならないのは

「アラフォーで
パートナーシップのことで悩んでいる」

という軸が変わってないこと!

森さんの想いが乗せられる部分は
変わっていません。

さて、
そんなディスカッションを繰り広げた時の
森さんの感想です。

理想のお客様にどのように訴えれば伝わるのかわからない人にオススメです。

個別相談を受ける前は、理想のお客さまは決まってたのですが、
その方たちにどういう言葉が響くのか、具体的なイメージがわきませんでした
実際のお客さまと話した時の様子を再現したり、悩みの事例を挙げていきました。

その話しから私の気がつかない視点での様々な切り口を提案してくれました
自分一人では中々思いつかない言葉が、畠山さんと話しているうちに、

ドンドン引き出されていきました。
理想のお客さまにどのように訴えれば
伝わるのか分からない人にオススメです。

自分では伝えているつもりでも、理想のお客さまが来ていないなら、

伝え方が間違っている可能性があります。

ぜひ畠山さんの個別相談を受けることをオススメします。

 

USPは「奇をてらうこと」ではなく、「お客様への究極のコミットメント」

USPは
「他の人がやってないことをやること」
ではありません。

「お客様への究極のコミットメント」
なので「お約束」です。

自分が好きになれる人を救えるシゴトをしましょう。

森さんのように
救える人は幅広くても、
・自分が好きになれる人
・お金を払うことが出来る人
・お金を払ってでも解決したいと思っている人

という軸で見た時に、
まるで違う
理想のお客様が見えてくることもあります。

それが自分自身のUSPのスタートです。

だから、
USPはあなたにも
あるものなのです。

USPは特別な才能ではなく、思い遣りから生まれる。

 

特別な才能があるから
USPが創れるわけではありません。
誰かを救いたいという強い想いがあるなら
あとは
「誰を救いたいのか?」
を明確にすることで、

見えてきます。
自分だから救える人を見つけ出してください!
お客様目線の言葉を考えたいならばこちらを参考に。

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00