こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

本当にいいものが欲しいとき、人はプロ中のプロにお願いしたい

まずは、自分自身が買う側の場合で考えてください。

 

あなたが何かシゴトをお願いしたいとき。

悩みを解決して欲しいとき、どんな人にお願いしたいでしょうか?

あなたがお客様の立場で、最高のおもてなし、最高の商品を求めているならば、

プロ中のプロにお願いしたいのではないでしょうか?

もし子供の「プロ野球の選手になりたい」という夢を本気で応援するならば…

子供がプロ野球選手に本気でなりたいと思っていて、
本気で応援したいと思い野球を習わせるならば、

大学野球止まりの草野球の監督と、
元プロ野球選手、

どちらに教えてもらいたいでしょうか?

私は後者に教えてもらいたいと考えます。

なぜなら、プロ野球選手になりたいならば、実際にプロになった人から学ぶのが一番早いし確実だからです

(もちろん、「教え方」がうまいかどうかも大事ですが…)

 

サービス提供側としてあなたに「プロの専門家」である自覚はあるか?

さて、あなたはあなたが提供する専門分野に関してプロ中のプロである自覚はありますか?

もちろん、上には上がいます。

駆け出しの人であれば、歴も実績も浅いのは仕方がないですね。

だったら尚更、ベテランよりもプロ中のプロになるという視点が必要ですよね?

上には上がいるとしても、その努力する姿勢が、人を魅了するのです。

 

実績がないなら徹底的に絞って研究量で凌駕する。

先駆者と同じことをしていては勝てない

先駆者にはどんなにがんばっても勝てないのか?

お客様、ファンを魅了する最大限の努力、できていますか?

私自身まだまだ足りないなと痛感する日々です。

どの業界にも殆どの場合先駆者がいます。

その人もまた常に成長を続けています。

だから、同じようにやっていては、

いつまでも差が縮まることはありません。

 

しかし、救いたい想いは負けませんし、研究量でも負けません。

 

「絞り込み」でカタヤブリになれ!

ワンジャンルにおいてカタヤブリに研究せよ

同じジャンルで先駆者に負けない方法は、

「絞り込み」と「研究」です。

地道ですがそれこそが「専門家」の正攻法です。

 

「ジャンル」を絞り込む

「対象(お客様)」を絞り込む

 

そうやって研究対象を絞れば、

 

私はわたしが救いたい人が、ビジネスであれプライベートであれ、

私を信じてついてきてくれる人が私の不甲斐なさで不幸になってほしくはないです。

だから、もっともっと努力していきます。

プロ中のプロとして腕を磨いていきます。

 

上級者ほど「超一流」から学びたい

この「プロ中のプロ」になるという話は、

これは今まで連載してきた、

時間切り売りビジネスからの脱却とも大いに関係しております。

【起業家必見】1時間1万円以下の単発サービスから脱却し、好きなお客様だけと濃い付き合いをする方法

【起業家必見】1時間1万円以下の単発サービスから脱却し、好きなお客様だけと濃い付き合いをする方法

どういうことかというと、
3つ目のポイントの「お客様のスタートのレベルを決める
ということを考えたならば、

未経験者は優しい人、わかりやすい人から学びたいかもしれませんが、

上級者は、「超一流から学びたい」ということ。

 

間口を広げることによる上級者の不安

これは音楽教室の例ですが、

「初心者から上級者まで対応できます」

という売り方は、

上級者視点で見れば、
「私が満足するレベル内容なのかしら?」
ということを気にしています。

つまり、間口が広い人は相手にされません。

 

上級者を相手にするならば、自分もお客様に試される…

上級者を相手にするならば、
かなり自分も試されている
ということを自覚してください。

だからこそ、プロ中のプロである
という意地と覚悟と自覚を持って
日々研究が必要なのです。

上級者を相手にするからこそを、大きな価値を見出してもらえる!

その代わり、
上級者は価値をわかっているので、
値段のことでつべこべ言いません。

むしろ、高いくらいの方が
安心するのです。

 

安いベンツは怪しい、本物には本物の価値がある。

適正な価格は価値の証明です。

ベンツが50万円で買えたら「怪しい…」と思うのと同じです。

ルイ・ヴィトンのバッグが3000円で買えても怪しいですよね。

 

これを、「なんでこんなに高いんだ!」という方は、

ベンツやルイ・ヴィトンなどのブランドにとってはお客様ではありませんよね?

 

「こんなにいいものだから、これくらいの値段で当たり前!」と想ってくれる方がお客様ですね。

 

それと同じで、お客様にならない人のあなたが集めたいお客様はどんな人か?

そして、その人が納得するような専門性を発揮できているか?

それを常に磨き続けることが大事です。

 

逆に言えば、ブランドはブランドたる姿勢を貫く

もし、ベンツの車が故障ばかりだったら…

ルイ・ヴィトンのバックの裁縫がほつれていたら…

そんなことはありえませんよね?

 

ブランドがブランドたる所以はこういう細部にまで貫かれています。

「神は細部に宿る」といいますが、

この姿勢を貫くこと、つまり、

「ほころびを見せない」ということが大事なのです。

 

あなたはあなたが対象にしたい人が

振り向いてくれるような人間として見られているだろうか?

常に自問自答すべき点ですね。

 

<一流のためのメルマガ登録はこちら>

自らが組み込まれなくても集客できるウェブの仕組みを作り出そう!

起業家として、次のステージへ向かうのであれば、集客の問題を早い段階でクリアする必要があります。そのために必要なのが「ウェブ集客の仕組み化」

人脈なども確かに大事ですが、より確実に堅実に機能してくれるのは、24時間365日働き続けてくれる「ウェブ集客の仕組み」です。

自分ががむしゃらに集客しなくても、仕組みが助けてくれる。そんな状態へたどり着きたいなら、まずは7日間のメールプログラムでGoogleの好かれ、読者にも好かれるブログづくりを行ってください!

SEOcheckSTEPOGP

配信内容

1日目:これからの主流は「保護された」ウェブサイトです!〜httpsのブログへ〜

2日目:「改行」の常識が変わりつつあります。〜構造を見直そう〜

3日目:アメブロは検索に強いけど弱い?〜無料ブログか独自ドメインか〜

4日目:無料ブログで書いた記事はムダになる!?〜移行問題〜

5日目:キーワードの次に大事な3行文〜ディスクリプションの重要性〜

6日目:10記事書いても1記事の効果にしかならない!?〜同じタイトルNG〜

7日目:検索されても、売り上げにつながらない問題点〜USPキーワード発想法〜

 

起業家がブログを行う目的は

「自らが組み込まれなくても集客できる仕組みを構築すること」

このメールプログラムはSEO対策の基本中の基本をまとめました。

さぁ仕組み構築のスタートラインに立ちましょう!