こんにちは!

USPデザイナー畠山勇一です。

 

昨日の記事はこちら↓

 

http://rising-sword.com/?p=7728?yhaWP20151207

 

さて、

昨日は「未来の一手」を考えるには

「現在抱えている問題」を解決しなくては

それどころではない!

という人に向けてメッセージを書きました。

 

考えは整理されましたか?

 

一番の問題は

「問題を明確に認識していない」ことにあります!

 

諦めの思考から入らなければ、

突破口は必ず見えてくるものです。

 

では、本日の内容に入っていきましょう!

 

 

【まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ】

どうすれば自分だけが

すべての理想のお客様から

ばれ続けるようになるのだろう?

 

これは、

鉾立由紀が「ポジショニングUSP」を研究し、

メソッドを開発するに至った最初の問いです。

 

あなたのお客様=対象となる、年齢、性別、職業、…

それらが当てはまる人は何人いるでしょうか?

 

日本中で考えたら、何人どころではなく、

何十万人、何百万人、何千万といるのではないでしょうか?

 

そして、この問いのポイントは

すべての「理想のお客様」と言っています。

 

これはつまり、簡単にいえば

あなたと価値観が合う人を指します。

 

それらの条件を更に加えても、

何万、何十万、何百万といるはずです。

 

…すべての理想のお客様は、

たくさんいることに気づきませんか?

 

まず、

この現実を考えてみたことがある人が本当に少ないです。

 

実はこの問いは、

ポジショニングUSP徹底攻略セミナー

のワークの一部です。

 

このワークをやることで

 

問題は

「お客様がいない」ことではなく

「お客様に気づいてもらえていないこと」である

ということに気づきます。

 

だからこそ、

「ポジショニング」

つまり、

あなたはどこを陣取ると

理想のお客様に

見つけてもらいやすいのか?

を考えることが

必要不可欠なのです。

 

さて、

 

ここまで、私はあなたが

「めちゃくちゃいい商品や

サービスを持っている前提」で

話してきてしまいましたね。

 

このメルマガを読んでいる人は

「起業したいけど、どんな商品を作ればいいかわからない」

という、悩みを抱えている人が多くいることもよく知っています。

 

ではここで質問です、「USP」とは何でしょうか?

 

このメルマガの読者であれば、

もう耳だこでしょう。

 

USP=お客様への究極のコミットメント

 

ですよね?

 

実はめちゃくちゃいいモノというのは

大それた完全無欠のモノという意味ではありません。

 

むしろ、もっと人間臭いもの。

想いの詰まったギフトなんですよ。

 

ギフトといえば、クリスマスシーズンですが、

例えば男性から女性へプレゼントを贈る際、

 

男性は、

最高級のシチュエーションで最高級のものを

みたいに社会的な価値で考えがちですが、

 

もらう側の女性は

自分に対しての気遣いであったり、

想いの詰まったプレゼントのほうが嬉しかったりする。

 

こんなスレ違いはありがちですよね。

 

まず想いありき。

その上で、

めちゃくちゃいいもの貰えたら

もっと嬉しい。

 

USPのスタートラインも同じです。

 

今回は

 

まず自らが豊かとなり、

関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ

 

というテーマでお送りしてきましたが、

 

そんなあなたに今一度自分に聞いてほしいことがあります。

 

「何のために生きるのか?

 誰のために生きるのか?」

 

 

以前

「自分のために決まっているじゃん!

それ以外答えがあるの?」

と言われたことがあるのですが、

私はこう考えます。

 

もちろん自分のための人生なのですが、

どんなに自分中心で考えても

残念ながら人間は人と関わりあって生きるもの。

 

「情けは人のためならず」

という言葉があるように、

「因果応報」

という言葉があるように

 

人のためを考えずして、

自分のために生きることはできません。

 

スキルやノウハウなんて、

その想いを具現化させやすくする

ツールでしかありません。

 

「ポジショニングUSP」は

あなたの想いを具現化させ、

その想いが最も響き渡る場所に立つ、

そんな概念だと私は考えています。

 

 

【まとめ ポジショニングUSPとは】

 

・あなたのすべての理想のお客様は何人いるだろうか?

 

・問題は「お客様がいないこと」

 ではなく「お客様に気づいてもらえていないこと」

 

・USPのスタートラインは

 「誰を救いたいのか?」の「想い」

 

・ポジショニングUSPは

 「想いの具現化」と「気づいて貰える場所に立つ」ことで

 まず自らが豊かとなり、関わる人を豊かにできる概念。

 

【追伸】

ここまでお伝えした内容

あなたの周りにはこのようなことで悩んでいる人がいませんか?

そういう人にぜひこのメールを転送して教えてあげてくれると嬉しいです。

 

「利益を得たければ与えることが先」という言葉があります。

「同じような悩みを抱えている人はいないか?」と

他人の問題解決を考えだすことが

超強力なUSPを生み出す力になりますので

ぜひ、考えてみてくださいね♪

 

 

明日は

私がなぜ鉾立由紀に弟子入りしたのか?

について書きます!お楽しみに!

次の記事はここをクリック!

 

USPデザイナー

畠山勇一