こんにちは!

USPデザイナー畠山勇一です。

 

 

◯「今」のことに追われて「未来」のことを考えられないあなたへ

https://positioning-letter-writing.com/?p=7728

◯まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ

https://positioning-letter-writing.com/?p=7732

 

さて、

昨日は「ポジショニングUSP」とは

「想いの具現化」と「気づいてもらえる場所に立つ」ことで

まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする概念なのだとお伝えしました。

 

USPのスタートラインは想いである。と言いましたので、

今回は私の想いとセミナーでの気付きについてお話します。

 

では、本日の内容に入っていきましょう!

 

【自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる。】

 

私の経歴を話すとすごく驚かれるのですが、

私は以前、従業員2人の音楽教室で講師をやっていました。

IMG_3862

「音楽やってた人がなぜ、

 起業家の支援を行うようになったの?」

 

と疑問に思う人は非常に多いのですが、

私の中では繋がっていますし、

 

想いを実現するための手段を

より自分らしく、

よりやりがいをもって行えることに

変更しただけに過ぎません。

 

私の想い。それは大きな2本の柱で出来ています。

 

その中の1つを今回はお話します。

 

元々私は高校生の時に

楽器を始めたのですが、

 

始めた理由は

「音楽に心が救われたから」

でした。

 

だから音楽をやり続けたいがために

「音楽だけに集中できる道」として、

音楽で飯を食えるようになろう!と考えました。

 

しかしながら、

演奏だけでは飯が食えるようにはならなかったのですが、

ご縁あって

音楽教室で「教える」という

シゴトに携わることが出来ました。

 

私は教えることが好きなので、

「好きな音楽を教える」という

最高のシゴトを手に入れたと思っていました。

 

しかし、会社組織に属しているとはいえ、

先生業は人気商売。

私はそこで良い成績を上げることは

出来ていませんでした。

 

暖簾分けのような形で、

「独立起業したら?」という

話も出ていたのですが、

 

何をどうしたら売上を

あげられるのかがさっぱり分からず…

 

楽器を教える「業務」はこなせても

ファンを作って売上を作る「経営」は

からっきし出来ませんでした。

 

そんな悩みを抱えていた時に出会ったのが、

鉾立由紀さんであり、

「ポジショニングUSP」

という概念でした。

ファイル 2015-12-16 11 40 14

※私がはじめて会ったのは2015年3月22日

鉾立さんのセミナー

「ポジショニングUSP徹底攻略セミナー」でした。

 

そこで私が

バンドマンとしても、

音楽教室の講師としても、

売上が上がらなかったのは、

 

「ビジネスはお客様の問題解決である」

という大前提を知らずにやっていたことにありました。

 

 

・自分を認めて欲しいがためにやり

・自分のできる範囲のことで済ませ

・自分がやりたいだけのことをやっていた

 

これが現状だったのです。

 

「USP=お客様のとの究極のコミットメント」

 

という

お客様ありきの発想をしていないことを痛感し、

アタマをガツン!と殴らたような衝撃を受けました。

 

ですが、

ちょうど少しずつ自分のやっていることに疑問を持ち始め、

お客様のことを考え始めていたところで、

「楽器教えて何になるのか?」ということを考えていることでした。

 

楽器を弾けるようになるのは楽しい。

 

だけど、

社会人が楽器弾けるようになったところで、

「豊かになれるのか?」

 

楽器うまくなって何がしたいんだろう?

 

楽器演奏をうまくしてあげた先に

私はどんな未来を提供してあげられるのだろう?

 

と考えていて

鉾立さんにも相談していく中で、

 

私自身が音楽に固執していただけで、

音楽は好きだけど、

音楽で飯が食いたいわけじゃない。

「個人を豊かにしたいんだ」

 

想いの源泉に気づきました。

 

そして、なぜ個人を豊かにしたいのか?

と言うと、

 

「音楽好きが、思いっきり音楽を楽しめるような、

趣味に、時間とお金を使える世界を作りたいから」

 

なのです。

 

そうなんです。

結局は私は音楽は大好きで、

それを「存分に楽しめる世界」を作るには

 

音楽教室の先生としてやっていくよりも、

起業家を経済的に豊かにできる

このシゴトだ!と私は考えたんです。

 

だから私にとっての

 

将来のビジョンに変わりはありません。

 

良くも悪くも

シゴトは人生の一部に過ぎません。

 

音楽を一生楽しむためには

音楽に携わらなければいけない

なんてことは無いのです。

 

(もちろん専門家になりたい人は

なっていいですし、応援しますよ♪)

 

 

それに気づいた時に、

「本当に自分がお役に立ちたいと

思えるモノをシゴトにしたい」

と想い

 

たまたまのご縁で知り合うことになった

起業家をプロデュースしている

鉾立由紀さんに

弟子入りして学ぼうと決意し

 

今のシゴトを始めました。

挫けそうな時

怠けそうな時も

正直いっぱいありますが、

 

「音楽好きが、思いっきり音楽を楽しめるような、

趣味に、時間とお金を使える世界を作りたい!」

 

この想いの源泉を思い出すと

「やろう!」という気持ちが湧き上がってくるのです。

 

 

 

【まとめ 畠山の想いの源泉】

・趣味を存分に楽しめる世界を作りたい。

 

・そのためには「楽器を教える」以前に

 「個人を豊かにする」必要がある。

 

・個人を豊かにするには

「起業家を下支えする」ことをシゴトにしようと決意。

 

 

ぜひあなたも

「人生かけて成し遂げたいことは何か?」

この問い掛けを自分自身にしてみてくださいね!!

 

 

【追伸】

ぜひ、自分の想いに置き換えて読んでもらえると嬉しいです。

あなたの周りにも想いを形にしたいと思っている方ございましたら

ぜひこのメールを転送して教えてあげてくれると嬉しいです。

 

明日は

「なぜ鉾立の提案を受けた際に

 ビジネス素人の畠山が起業家を下支えする

 シゴトをしようと思えたのか?」

テーマにお送りします。

お楽しみに!

次の記事はここをクリック

 

USPデザイナー

畠山勇一

 

USPキーワード発想法