こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

◯「今」のことに追われて「未来」のことを考えられないあなたへ

 

◯まず自らが豊かとなり、関わる人も豊かにする人生を送りたいあなたへ

 

◯自分の想いの源泉に気づいた時、強い起業する理由になる。

 

さて、昨日は「ポジショニングUSP」とは

「想いの具現化」と「気づいてもらえる場所に立つ」ということで

畠山の想いを書かせていただきました。

 

今回はその想いを具現化させていけると感じた点についてお話。

 

では、本日の内容に入っていきましょう!

 

【「◯◯」を今すぐ始めることが、未来を大きく変える一手となる。】

始めに答えを言ってしまうと、

この◯◯は「記録」です。

 

私も所属している

鉾立由紀主宰の起業家育成プログラム

「The SUMMIT」では、

「記録化」を非常に重んじています。

 

その理由の一つに、

「継承するため」というものがあるのですが、

どうしたら

より効率的に、しかも自分のメソッドを

継承をしていくことができるのでしょうか?

 

突然ですが、

あなたが自転車を乗れるようになった時のこと

思い出せますか?

 

私は、当時住んでいたマンションから

坂を10分ほど降りていったところにある公園で、

父親に見守られながら

何回も転んで擦りむきながら

乗れるようになっていったことを覚えています。

 

しかし、 その思い出はあっても、

「どうしたらうまく乗れるようになったのか?」

「何を意識して、どこを改善したら乗れるようになったのか?」

「どんな数稽古が効果的だったのか?」

はさっぱり覚えていません。

 

つまり、

出来なかった状態との

「ギャップ」が分からないのです。

 

自転車にかぎらず、

鉄棒のさか上がり然り、

テレビゲームの難しいステージクリア然り、

部活、勉強… 学習して乗り越えてきたあらゆるものの

その乗り越えた時の感情は思い出せても

方法は最終形しか思い出せないものばかり…

 

逆に、もし、それが記録に残っていたら…

・できるようになるまでの道筋を

 体系的に作ってあげられる

 

・何が原因で相手がつまずいてしまっているポイントがわかる

 

・出来なかった頃の気持ちがわかる。

 というように継承をしていくのがとても、しやすくなるのです。

 

前回のメルマガで最後に、

「なぜ鉾立の提案を受けた際に

 ビジネス素人の畠山が起業家を下支えする

 シゴトをしようと思えたのか?」

という問いを立てて終えましたが、

 

その最大の理由が

この「記録化」

されているということだったのです。

 

鉾立さんが

プロデューサーとして成果を出した

試行錯誤の記録と

その末に体系化されたカリキュラムがあり、

 

さらに、

プロデュースした起業家たちが、

同様に自分の分野で、

成果を出した記録があり

自分でも「再現できるのではないか?」と

 

いう気持ちになれたのです、

更には、

自分も同様に記録を取っていくことで、

新たなコンテンツを生み出すこともできるし、

 

「自分自身も次の代に継承ができる」と

思うことが出来ました。

 

そして、

この「継承」こそが 一番最初に話をした、

10年後により豊かになるための仕組みづくりであり、

今の現状の悩みから開放される方法なのです。

 

ポジショニングUSPを作った鉾立由紀は

すべての理想のお客様に

気づいてもらえるポジションで、

「USP」を作り、想いを形にし

そのビジネスを「黒字化」させることで、

まず自分が豊かになる。

 

そして、その記録を元に

「継承」し、関わる人達にも同じ豊かさを

手に入れて欲しい。

 

そう願っているのです。

だからこそ、

あなたも、最初はどんな形でも構わないので、

今やっていることの

「記録化する」ということから

はじめてみて欲しいのです。

 

【まとめ 記録化こそが未来の一手のスタートライン】

さぁ、記録化からはじめよう!!

 

【追伸】

ここまでお伝えした内容

あなたの周りにはこのようなことで悩んでいる人がいませんか?

そういう人にぜひこのメールを転送して教えてあげてくれると嬉しいです。

 

「利益を得たければ与えることが先」という言葉があります。

「同じような悩みを抱えている人はいないか?」と

他人の問題解決を考えだすことが

超強力なUSPを生み出す力になりますので

ぜひ、考えてみてくださいね♪

 

次回の記事はこちらをクリック!

 

 

USPデザイナー

畠山勇一