こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

今私は、動画編集という任務を任されています。

それは、12月8日に行われた、鉾立由紀の盟友である、マインドブロックバスター創始者の栗山葉湖さんによるマインドブロックバスター誕生7000名突破と、鉾立由紀も講師として参加しているマインドブロックバスター専用通信講座「スリー・ピース」の2周年を記念したセミナー&パーティの様子をまとめた動画作りです。

マインドブロックバスター7000記念パーティ

その作業を3日3晩やっているわけですが、大詰めを迎えてきたので、今回はそこでの気づきをあなたにもお伝えします

今回のポイント

・編集とは膨大な情報の中で「何を残すか?」を考えること

・マインドブロックバスターが7000名にまで広まったのは「たった一つに絞った」から

・伝言ゲームと同じで、シンプルで覚えやすいUSPは、多くの人に伝わり、結果的に「選ばれる」

では、本編に入っていきましょう!

【人に伝わるものと伝わらないものの決定的な差とは…】

セミナー&パーティは約10時間に渡る一大イベントだったのですが、なんと!動画として納品するのは、たったの15分

15分間に10時間以上の内容と感動をおさめなければなりません。相当な圧縮率ですよね。

膨大な情報をコンパクトに圧縮しつつも、メッセージは残す。
これが編集の、面白さであり、難しさですね。

「どこも残したい」と考えてしまうのは、伝える側の心理であり、「短くわかりやすく伝えて欲しい」というのが、伝えられる側の本音

つまり、お客様目線にたって行うこと

そして、削れば削るほど、本当に緻密になっていきます。

10時間のものを5時間にするよりも既にある程度編集された30分のものを15分にするほうが大変です

文字でも、1000文字の情報を500文字にするよりも、ある程度綺麗にまとまっている50文字の文章を25文字にするほうがめちゃくちゃ大変ですよね?

ここまで来ると、「思い切って、感動の1部分をなかったことにする」くらいの断腸の想いで削っていかないと収まりません。

そんな作業をしていると、セミナーやパーティの映像を何十回も往復して観ることになるのですが、その中で栗山さんは「3分で1個心のブロック解除」というマインドブロックバスターのUSPの誕生秘話を話してくれていました。

栗山さんと長瀬さん

栗山さんは、起業家プロデューサーとの出会いで、ビジネスを全く知らない学校の先生という公務員から、43歳の時に起業しました。

既にあらゆるセラピーを学んできて、知識も豊富な中で、栗山さんはその師匠からの提案により、「3分」でできる手法だけに特化して、お伝えすることを選択しました。

他にもいろいろできるのに、それだけに絞ることは本当に不安だったのだそうです。

3分でできるその手法だけに特化し、それをわかりやすく伝えるためのメッセージを3日3晩考えた末に、生まれたUSPが、
「3分で1個心のブロック解除 マインドブロックバスター」
だったのです。

もう、あなたも覚えたのではないでしょうか?

「マインドブロックバスターって何者なの?」ともし聞かれたら、「3分で1個心のブロック解除してくれる人だよ」と迷うことなく伝えることが出来ますよね?

これが伝わるメッセージの力です。

シンプルかつ強力なUSP。

そんなUSPだからこそ、印象に残り、伝言ゲームのように連鎖しても、しっかりと伝わっていくのです。

だからこそ、広まっていくし、結果的に7000名以上のマインドブロックバスターが誕生するまでに広まり、今もどんどん増えているのです。

栗山さんのUSP誕生秘話しかり、私のやっている動画編集しかり、「伝わるもの」を作るには、一番伝えたいメッセージを抽出し、絞ることが重要なのだという気づきでした!

【置き換えポイント】

あなたが、いろいろとできる中で、人に伝えていきたいこと、お役に立ちたいことを「たった一つに絞る」ならば、なんですか?(これから学びたいものもアリですよ。)

ぜひ、考えてみてください!

栗山さんのように伝わるUSPをしっかりと作って、選ばれる起業家になりたい!
そんな志を持つ方は、この記事の下のフォームから、無料PDFテキストをお受取りください!
あなたのビジネスを更に加速させるヒントになること間違いなしの内容です

USPキーワード発想法