究極のお客様視点は、お客様の興味関心のある話題に寄り添い、あなたの商品をさり気なくPRすることです。

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

トヨタプリウスのプロモーションが面白いです。

プリウスといえば、ハイブリッドカーのパイオニア的な車ですが、ゼロからの再スタートをして新しいことを、やっているようです。

そのプロモーション方法がなんと

「パーツの擬人化」
スクリーンショット 2016-01-20 14.22.40
※擬人化とは、モノや人間以外の生物を人間と見立ててアニメキャラにすること。
日本のオタク文化が生み出したキャラクター制作のアイディアですね。

パーツを擬人化し、美女イラストにして表現する。

それだけではなく、
キャラクターボイスに人気声優を起用したり、ストーリーを作ったり、本格的に作り込んでいます。
スクリーンショット 2016-01-20 14.23.14

車のプリウスとは一見関係ないプロジェクトのようですが、かなり大きな共通項があります。

それは、購買層が被っている、ということ。

プリウスを買う人っていくつくらいの人ですかね?

20〜30代男性ですよね?
しかも車好きなので、メカとかが好きなオタク傾向が少なからずあります。

一方、こういう美少女萌えキャラが好きな層は?
これもやっぱり20〜30代男性しかもオタク系の人なんですよね。

この二つの層をポジショニングマップで簡単に表しました。
プリウスのプロモーション.008
このようになります。
なので、このプロモーションをすることで、一番買ってくれる層が、プリウスの近くに集まってくるのです。

少し前に、艦隊コレクションというゲームが大ヒットしましたが、あれも「戦艦を擬人化」することで、オタクで、戦艦好きで、萌キャラ好き、という層が重なるところに熱烈ファンが生まれました。

トヨタはこの異業種の偉業から学んだのかもしれませんね

トヨタの「パーツの擬人化」から見るプロモーションの好事例でした!!

あなたの、理想のお客様はどんな層に属していますか?
その人の、興味関心はどこにありますか?
ぜひ、自分のビジネスに置き換えて、プロモーション方法を考える参考にしてくださいね♪

USPデザイナー畠山勇一

USPキーワード発想法