即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

無料小冊子プレゼント中!

USPプロデュースはあなたのキャラを突出させるデザインをすることである。〜USP=独自のウリは間違い〜

 
この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

「USPは独自のウリ・強みなんかではありません」と私たちUSPプロデューサーは言いますが、私たちは「あなたのウリ・強みが価値を生み出すこと」を考えています。

※ここでは、私も含めて、「USP◯◯」と言う肩書でシゴトをしている
鉾立さんの門下生を総称して「USPプロデューサー」と呼んでいます。

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

私は、最近毎日イラストの研究をしています。
ただの練習ではなく、目的があり、そのために理解・分析・分解をした上で、練習をしています。だから研究と言っています。

その最終目的は「USP理論の漫画化」
漫画にするのはかなりの研究量が必要なので、オール漫画はあくまで最終目標で、挿絵を入れたり、ブログをイメージしやすいように対話形式したりしたいわけです。

ようやくオリジナルキャラを書けるようになったので、初のキャラクターデザインをしました。
畠山オリジナルキャラ男女
どんなキャラでいこうか?
頭身は?
髪型は?
目は?
鼻は?
服装は?
そして更に言えば、
性格は?
趣味は?

そういうことを考えるんですね。
そうすると、こうやってキャラクターが誕生するわけです。
(※実は名前とか性格など中身はまだ決めてないんですけどね(^_^;))

キャラクターって漫画の登場人物のことを指す言葉ですが、元々はcharacter「特徴」という意味なんですね

だから、キャラクターデザインって、ただ顔や体を描くことにあらず。

「特徴を描くこと」なんですよ。

しかも、

「わかりやすく!」

だから時に、特徴を大げさなくらい大きく書いたり、逆に必要ない情報は小さく書いたり、なくしたりします。
典型的なのが「デフォルメキャラ」ですね。

IMG_1364

3頭身などになり、必然的にリアルな人物よりも情報量が減ります。

だから何処を残すか?がシビアになります。

この子は企画書の化身ということで、デッカイ万年筆持っています。
わかりやすいですね。

デフォルメであれ、劇画タッチであれ、ポップな感じであれ、どんな風に描くとしてもキャラクターデザインは、「特徴を描くこと」なんですね。

で、それがどうして、USPプロデュースと関係するかといいますと、USPはその商品やサービスを特徴づけるものだから。

しかし、「世の中が必要としていない特徴」を「独自のウリだ!」とカンチガイする人があまりにも多いので、「USPは独自のウリではありません!」と断言しているのです。

もし巷の本のように「USPがあれば売れる=独自のウリがあれば売れる」だったら、彼(↓)の独自な歌はとっくにコンサート・ツアーできますよ。
他ではまず聞けない歌ですからね。
IMG_1366

しかし、彼の歌が「世の中に求められているか?」と聞かれたらNOですよね。

むしろ彼の友達はみんな、いかにして逃げるか?を考えているくらいです。

本人が思う独自のウリは世の中的に見て価値が無いんです。

では、USPプロデュースってなんなのか?

それは、「世の中の問題を解決する商品やサービス」「あなたがやりたいこと(好きなこと)」

そして、「あなたにそれを解決するだけの能力があるもの」もしくは「これから没頭してでも研究していきたいもの。」です。

※畠山は後者です。USPだって、イラストだって、「やりたいからやる!」って決めてから研究して理解を深めできるようになっていきました。

つまり、USPプロでデュースは世の中の困りごととあなたの力を掛けあわせることなのです。

漫画やゲーム、舞台やドラマの登場人物を思い浮かべて欲しいのですが、主人公もヒロインも、仲間も、悪役も、それぞれがそれぞれのキャラクター(特徴)を持っていますよね?

その上ストーリーにもちゃんと意味を成すものを。

そして、ほとんど被ることがない。

似たようなキャラクターが出てくると視聴者に「キャラがかぶっている」と言われます。

だからキャラクターデザインは一人ひとりのキャラを明確に引き立たせます。(そうしないと視聴者に印象付けが出来ない!)

USPプロデュースというのはそれと一緒です。

あなたがシゴトをしたい業界がありますよね?

そこで、あなたの特徴が際立つポジションで徹底的にあなたのキャラを引き立たせる。

だから

・あなたが選ばれるようになる!

・お客様が困ったときに、お客様の頭に真っ先に浮かぶようになる!

それが、USPの本当の意味であり、私たちUSPプロデューサーがやっていることなのです。

だから、私もサポートしている鉾立由紀さん主宰のThe SUMMITの起業家育成プログラムは、「突出して選ばれる=主役級のポジションどりをしたい」そんな起業家になりたい人が集まる場所です。

「週末起業でちょっと稼ぎたい」

「フリーランスで自由自適に稼ぎたい」

という考え方の人は合わないでしょう。

USPプロデュースはあなたのキャラを突出させるデザインをすることである。

この意味がおわかりいただけましたでしょうか?

突出して選ばれる起業家になりたい方は、まず下の無料テキストを読んでみてくださいね!
業界をひっくり返したい起業家になりたい方必見の内容です(*^^*)

USPデザイナー畠山勇一

USPキーワード発想法


この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら