Pocket
LINEで送る

 

こんにちは、
たった一行の言葉を磨く!
USPデザイナー畠山勇一です。

 

ペルソナ設定の秘訣は「カテゴリー」を制することにあり!

人は複数のカテゴリーに属する

さて、前回は、人は「複数のカテゴリーの掛け合わせ」で成り立っている。という話をしました。

→【ペルソナ設定の失敗】「男性」や「20代」などの「カテゴリー」でくくってしまうと理想のお客様は見えてこない

【ペルソナ設定の失敗】「男性」や「20代」などの「カテゴリー」でくくってしまうと理想のお客様は見えてこない

 

それはそうですよね。「妻であり、母であり、女である」

とはよく言ったもので、人にはいろいろな顔があります。

 

カテゴリーからのペルソナ発想の弱点

カテゴリーからのペルソナ、つまり理想のお客様を設定する問題点は曖昧すぎること。

この問題を打破するポイントは

「どんな?」

と自問自答することでした。

では更に今回は具体的な話に入っていきましょう。

 

 

「OL」って誰でしょうか?

「OL」は「オフィスレディ」の略称ですが、

つまりは

「会社勤務する女性」のことですよね。

こんな定義は社会人であれば誰でもわかりますね。

 

では、

それって

どんな人でしょうか?

OLシルエット

 

この掘り下げがとても大事です。

 

なぜなら、OLはOLでも。

所属している部署によって

生活も悩みも全く異なるからです。

 

OLはOLでも営業ウーマンと事務では大違い!?

営業ウーマンの場合

例えば、

バリバリの営業ウーマン。

営業ウーマン

商談や接待によって、食べたり飲んだりが多くて不健康な食事になりがち。

会社の顔として、美容にもかなりお金をかける必要がある。

同年代の平均収入よりも稼いでいる。

自分の人生は自分で切り開いていきたい。

 

 

という女性と

 

社内事務員の場合

社内事務員。

事務員

毎日定刻に出勤し、退社時間も決まっている。
1日中デスクワークで座りっぱなし、
ブルーライトカットレンズは欠かせない。

人に見られる機会も少なく、
異性との出会いも少ない。

次第に、見た目以上に効率を重視するような身なりになってきた。

安月給で将来が不安。

玉の輿に乗り、できれば専業主婦になりたい。

という女性。

 

同じ職場のOLでも悩みや願望はまったく違う

上の二人は極端な例かもしれませんが、

同じ「会社に勤務している女性」だとしても、

生活スタイルも
スタンスも
目指している方向も
心身の悩みも
全く違いますよね。

 

だから同じカテゴリーとして「OLのための◯◯」
という一括りのものにはできないし、

ほとんど伝わらないのです。

 

「どんなOLなのか?」をしっかりと設定すべし!

イメージしているペルソナによって使う言葉や、表現、例え話、共感ポイントなどが全く変わってきます。

だからこそ、ペルソナ設定は細かくやっていく必要があるのです。

あなたの理想のお客様は「どんな人」でしょうか?

あなたのビジネスの満足度を高め、価値を上げる。
そのための、理想のお客様の正しい設定
(ペルソナセットアップ)を行ってみてくださいね。

これは「OL」だけでなく「女性起業家のための」とかも全く同じですよ。

 

次回もカテゴリーについて別の例でお伝えしていきます。

【ペルソナ設定】カテゴリー「既婚」に隠れた2つの落とし穴

【ペルソナ設定】カテゴリー「既婚」に隠れた2つの落とし穴

 

USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のブログ集客のコンサルティング・プロデュースをしています。詳しいプロフィールはこちら
Pocket
LINEで送る