感覚派必見のライティング!納得してもらうための文章が書ける4つのロジカルな質問

まずは自分を納得させること

お客様に説明し、納得するような文章を書くには、
まず「自分を納得させる」ことが必要不可欠です。

感覚派の人は勢いがあっても「理由」を話すのがどうも苦手ですよね。

 

僕は逆に理論派でかなりの慎重派。
準備をしないと動けないタイプなんです。
ですが、動くために徹底的に考え尽くすので結果的に動けるんです。

そのために
僕の頭の中では、
自分が納得いくまで自分に問いかける」ということをしています。

そして、自分が納得できるだけの材料を集めます。

たとえば
僕がダンドリを立てて戦略を練るとき、
以下のような言葉が何度も登場します。

納得を生む4つの言葉

  • 「そのためには」
  • 「たとえば」
  • 「なぜなら」
  • 「つまり」

これらの後に続く答えを探します。

なぜなら、
これらの答えを持ってなければ人に説明できないからです

つまり、
僕の文章化と上の言葉はセットになっているわけです。

説明下手な人なんていないんですよ。

いるとすれば、
自分を納得させるまで、それについて考えてないだけです。

説明に苦手意識があった方は、

この4つの言葉を是非ヒントにしてみてくださいね(^ー゜)

 

さぁ今回はそれぞれについて詳しく解説していきましょう!

「そのためには?」は手段を答える。

商品やサービスが売れる時は往々にして

「青写真(お客様の描く理想的未来像)」

それを実現するための「手段」が必要不可欠です。

青写真だけを描いても、

手段を教えなければそれは夢物語で終わってしまいます。

「そのためには?」は正確に言えば

「それを実現させるためには何をすればいいの?」です。

この質問に答えられることが大事です。

「例えば?」は具体例を答える。

説明をしている時によく起こる問題として、

「お客様が、自分が説明していることをお客様自身がわかることに落とし込めない」ということがあります。

あなたの専門的な話になればなるほど、相手は未知の話を聞いているということです。

また、ぼやっとしていることについても同じことです。

例えば、「出産の痛み」これは男性には一生想像できません

しかし、ベタですが、

「スイカを鼻から出すような痛み」という表現ならどうでしょうか?

男でも、スイカのサイズと、鼻にデッカイ何かをつめ込むような痛みは想像できます。

もちろん喩え話なので、表現が適切かは誰もわかりませんが、

相手の想像できるものになった瞬間に

相手は理解しようとし始めるのです。

耳を傾けてもらうことが何よりも重要だということです。

 

「たとえば?」の最重要ポイントは

「聞き手が理解できる例をあげる。」ということです。

テレビゲームを知らない人に

RPGの話をしても、ますます疑問が浮かぶだけです。

 

「なぜなら?」は理由を答える。

何事も理由が必要です。

たまに「理由なんて考えなくていいから、やれ!」なんて体育会系の人がいますが、

果たしてそんなんで人が動くでしょうか?

少なくも僕自身は「無駄なことは極力やりたくない」主義者なので、

こういう人とは相性が非常に悪いです。

誰だって、自分にとって無駄で退屈で意味のないものはやりたくないですよね。

会社などならばまだしも、商品やサービスに対して、理由もなくお金を払うでしょうか?

だから、やる理由や根拠は必要です。

しかし、ここで注意したいのは

「やらない・やれない理由」を考え始めないことです。

ネガティブな理由つまり

「言い訳」はいくらでも出てきます。

ここはあくまでも変わる行動をするための理由に答えましょう。

 

「つまり?」はまとめを答える。

こうやっていろんな話をしていると、

落とし所がわからなくなってきます。

つまり、はまとめが必要です。

オチ(落とし所)のない話ほどふわふわしたものはありません。

 

まとめることで、聞き手は一番大事なポイントに戻ってくることができます。

これがないと、目的地に辿りつけない、「納得していただく」とは程遠い事になってしまいますので注意が必要です。

 

全てに答えられるようにするが…

必ずしも全てを説明する必要はありません。

なぜなら、説明が長くなることが逆効果になることだってあるからです。

人によってそれぞれ補完能力が高いポイントがあります。

たまに、聴き手(読み手)に

「それって、たとえば◯◯ってことですよね?」とか

「つまりは、□□ってことでしょ」など

向こうから補完してくれることがあります。

これはその部分において補完するポイントが高いからできるのです。

 

そういうものは本人に任せることが大事です。

全部を最初から説明しようとすると、よっぽどトークスキルやライティングスキルがない限り

「説明臭くなる」ので注意です。

 

まとめ:答える準備はしておいて、必要以上には説明しない。

これで、あなたの説明も、かなり納得して頂ける文章になります。

 

では実際にこの考え方で文章を書いてみます。

いつもながらカレーに置き換えて話していきましょう!

カレーに置き換える

例題:子どもにポークカレーを自分で作って食べてもらうには?

あなたは小学5年生の女の子の母親です。

今日は昼は保護者会で夜に地域の集まりがあり、
どうしても夜ご飯を作ってあげる時間がありません。
あなたは、小学校5年生の娘にポークカレーを作ってもらうことを考えることになりました。

質問1「そのためには?」

 

カレーを作ってもらうためには娘ちゃんが「作って食べたい」と思ってもらえる工夫が必要です。

そのために

  • 手書きの簡単レシピを用意しておく。
  • 食材をまとめておく。
  • 豚だけは下調理をしておく。

というような事前準備をしておく。
そうしておけば、「後はやるだけ!」となるので、作りやすくなると考えられます。

質問2「たとえば?」

手書きの簡単レシピも読み進めたくなるような工夫が必要でしょう。

たとえば

  • カラフルにして読みやすく。
  • 手書きの絵を書いて可愛いく視覚的にもわかりやすくする
  • 作りながら見やすいように1枚のページにまとめる

などの工夫が考えられる。

レシピのイメージ図
レシピのイメージ図

質問3「なぜなら?」

 

カラフルで可愛らしいレシピを創り、食材をちゃんとレシピ通りに準備し、まとめておくことで娘ちゃんは作ってくれると考える。

なぜなら、

最近お皿洗いは必ず手伝ってくれるし、調理実習ではとてもうまく出来たと褒められたらしいので、
「料理を創ってみたい!」という欲求は高まっているから。
カレーの食材

質問4「つまり?」

 

そして、娘ちゃんは豚トロが大好き!たまのご褒美に出しているときはいつもペロリと喜んで食べちゃう!

つまり、

この肉をトロットロの状態に下準備しておけば、娘ちゃんも「これをカレーに入れて食べたい!」と思えるからカレーを作ろうと思う意欲が増すはず!
豚肉の下準備

 

娘さんを説得するのではなく、納得させる。

さて、一連のロジック化の具体的な流れはどうでしたか?

もう一度見返して欲しいのですが、決して娘さんに対して「論破」して無理矢理やらせるのではなく、「やりたい!」と納得して心が動くように準備をしていったことにお気づきになりましたか?

ロジック化は、相手を言葉で制圧することもやろうと思えばできてしまうので、使い方を間違えてないように注意する必要があります。

これはあくまでも、相手に魅力を伝えて自らが納得し「やりたい!」と思っていただくことを目的と使うことが大事です。

つまり、やりたいと心が動くように「準備」をし、緻密に「設置」することが全てなんですね。

そうやって考えることも含めて「ポジショニングレターライティング」なのです。

 

まとめ:納得していただくために、準備を文章を設置せよ。

 

ぜひやってみてくださいね!

 

 

お客様目線の「検索される」言葉を磨く小冊子無料プレゼント!
スクリーンショット 2017-05-14 16.59.00

お客様を納得させるには、まず自分を納得させる
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG