【起業あるある】私なんかがそんな大金を頂いて良いのでしょうか?〜オリジナル商品の適正価格は?〜

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

「私なんかがそんな大金を頂いていいのでしょうか?」という発言の裏側。

私なんかが、、、こんなにもらっていいの?

「起業する」といっても、定義はまちまちで、

1時間5000円のカウンセリングをするのも、

1教材数百万円する商材を売るのもの、

それで売上があがったら「起業」ですね。

そして、自分で創ったものを売る場合は、「値段設定」すらも自分の判断に委ねられています。

 

値段を自分でつけるからこそ起こる過剰な値段設定

 

値段設定を自分でするからこそ、問題が起きます。

「実際はそんなに中身が無いのに、高額な値段設定をしてしまう」場合と、

「『私なんかが』と自分を卑下して、生活できないほどの破格の安さで提供してしまう」場合。

 

どちらであれ、「価値にそぐわない」過剰な値段設定です。

 

多くの場合は、

前者だと、「クレーム」や最悪「訴訟問題」にもなりかねないので、後者を選びがちです。

嫌われないために、自分を安く売ってしまうのです。

 

中身が伴わないのも問題ですが、安売りもまた問題なのです。

 

ペルソナの適切な設定が、「適正価格」を作る!

 

 

私は、ペルソナ(理想のお客様)を正しくセットすることと単価を上げることを、セットで考えています!

なぜなら、

安い値段で多くの人を相手にするよりも、

高額の価値を生み出して、数人の方だけに売りその方々を徹底的にサポートする方が、お互いに幸せだからです。

 

狭く深くサポートするから、価値が上がるのです。

 

買う人は選ばれた人でも、露出は最大限に

「深く狭くサポート」ですが、最初から数人にだけ知ってもらえばいいわけではありません。

付き合う人は最小限まで狭く、だけど露出は最大限まで広く。

これが私の考え方であり、

私がお伝えしている「顧客動線ファネル」という集客の仕組みの実態です。

 

ファネルとは「漏斗」のことです。

漏斗は、受け口は非常に広くなっていますが、出口はとっても狭いです。

漏斗画像

 

「月に30万稼ぎたい」なら1万円×30人よりも、10万円×3人

 

同じ月商30万円なら、
単価1万円で30人がそこそこ喜んでくれるよりも、
単価10万円の3人がめちゃくちゃ喜んでくれる方がいい。

私はそう考えます。

『私なんかが』ではない発想に切り替える。

この話をすると、必ず疑問に思う人がいるのです。

「私なんか駆け出しなのに、10万円以上の高額商品を提供しても良いのでしょうか?」

と。

私は「良い」と答えます。

 

新人の営業マンは新人だからという理由で違うものを売るのか?

ちょっと考えていただきたいのですが、

企業の営業マンは、自分で開発したものではないものを売ります。

しかも、自分で値段を決められるわけでもありません。

元々値段が決まっている商品です。

 

会社にもよりますが、数百万円のものを売る人もいるでしょう。

その営業がもし新人だったとして、

「新人だから」という理由で、

値段を下げて売るでしょうか?

 

ありえないですね。

 

営業の質は営業の質。

商品の価値は、商品の価値。

全く別の話です。

 

開発も営業もする個人起業家の罠

個人で起業する場合は、

商品開発も、営業も自分でやることになります。

 

営業の質と商品の価値は別物なのですが、

この開発も営業も自分でやるところに今回の問題は集約されています。

 

もう一度念のために言っておきますが、

営業の質は営業の質。

商品の価値は、商品の価値。

全く別の話です。

ここをこじらせると、価格設定はうまくできないのです。

 

ちなみに、

「営業の質」に自信がありすぎる人は、冒頭に出てきた、

「実際はそんなに中身が無いのに、高額な値段設定をしてしまう」

という罠にハマります。

 

つまり、ここは本当に冷静に判断しないといけません。

 

適正な価格をつけるのではなく、「見合った価値」を考える事

売り出すまでに周到な準備が必要です。

適正価格、適正価格言っていますが、実際の所発想は逆です

 

極端なことを言えば、

「値段を先に決めて、それに見合う充実した内容(価値)を考える」ということです。

 

適正な価格で売るのは、カンタンではありません。

先程も言ったように、多くの場合本人は「こんな値段で売っていいの?」と感じるからです。

 

私はそこも含めて、集客からクロージングまで
「起業家が利益を頂く一連の流れ」
を包括的にサポートしております。

それに、誰にも効果のでないものを高額では売らせませんしね。

本人の実績や年齢以上にまず大切なもの

商品が売れるようになるには、本人の歴とか実績、年齢以上に、
まず「お客様が欲しいものが手に入るかどうか?」だと考えます。

そして、そのお客様の念願叶えるために、
どれだけ力を入れられるかの「想い」

この2つがあれば、起業は始められるんです。

実績がなくても、起業できる理由。

逆に言えば、なにもないと始めちゃいけないのなら
今は0の人はどうやってシゴトを始めるのでしょうか?

どんなものでも必ず0からのスタートがあります。

どんなに練習しても「本番の練習」は「本番」でしかできないのだから。

 

起業してうまくいく人は、柔軟性のある人。

 

なので、私はその人の歴や実績以上に「伸びしろ」「変化率」を見ています。

ヘタにやったことがあってプライドが高い人よりも、

例えまっさらでも、柔軟に受け止めて、変化成長するために行動していける人の方が

結果的に成功を掴みやすいのです。

ちょっとペルソナセットアップから話が脱線してしまいしたが、

この点は知っておいて欲しいことなのでお伝えしました。

理想のお客様(ペルソナ)をしっかりと決め、
伝わる言葉の実験を繰り返し、同時に忙しくなっても忙殺されない
ビジネスモデルを作り上げて欲しい。

私はそう願います。

<関連記事>

【まとめ】集客したいなら必見!ペルソナ設定は自己流だと間違えやすい

ペルソナ設定はなぜ集客失敗するのか?ターゲットのお客様が来ない間違いだらけのマーケティング

<お知らせ>

\その理想のお客様設定は間違っている!?/
喜ばれて売上が上がる
ペルソナセットアップ個別相談!
〜1時間1万円以下の安売り脱却!
時間ではなく価値を売るビジネス創造の
120分のディスカッション〜

ペルソナセットアップディスカッション

理想のお客様を選び、
ビジネスの軸を創ることで、
時間の切り売りのビジネスから脱却し、
価値のある選ばれるビジネスになります。

正しい理想のお客様設定をする
現在個人起業家のために、
個別相談を人数限定無料で実施中です。

▼個別相談の詳細はこちら!▼

ペルソナセットアップ個別相談

 

 

私なんかが、、、こんなにもらっていいの?
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG