目標達成は「当たり前」目標を単なる通過点にする「予材管理」とは?

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

今回はこちらの本

を読んだ感想や活用ポイントなどをお伝えします。

 

この本は、「営業マン」のために書かれていますが、

個人で仕事をしている起業家にも参考になること満載です。

ここでは「個人起業家が置き換える時に使えること」を中心に書いていきます。

 

 

横山さんとの出会いは「絶対達成マインドの作り方」

私が横山さんの書籍に出会ったのは、

今から約1年半前。

私が、起業してまだ2〜3ヶ月位の頃。

 

何をしたら、どう今の現状が変わるのかわからない、

「やる」と決めたことを「やりきれない」

現状を変えられない自分に嫌気が指して、

正直「もうダメかもしれない…」と思っていて

それでもなんとか今の状態を打破したい。

そう考えて「目標達成」関連の書籍を探していた時に

「絶対達成マインドの作り方」

という本に出会ったのが私が知ったきっかけです。

 

目標達成にモチベーションは関係ない!?

 

「絶対達成」という発想

淡々と、だけど、熱い文章。

 

そして、本の中で「モチベーションなんて関係ない」と一蹴していました。

 

当時

「がんばるモチベーションが高まらない…」とばかり思っていた

私の頭をハンマーでガツンと殴られたような感覚でした。

 

貪るように、その本を読み、

Facebookで本人にラブコールまで送り、

横山さんが発起人のモンスター朝会

「絶対達成社長の会」にまで参加し、

「絶対達成マインド」を身に着けようとしたのでした。

 

そのおかげもあってか、なんとかビジネスとしてやれるようになり、

それから時は経ち、今またこのタイミングで横山さんの本を手にしました。

理由は単純に

「2016年12月7日に発売した新刊だから」だったのですが、

読んでみたら、びっくりするくらい今の自分にピッタリの内容でした。

 

この本を起業家に薦める理由。

この本は「全ての営業のための」とあるように営業マン向けに書かれています。

横山さんが「営業コンサルタント」だからこの点は頷けます。

ですが、この本、個人でやっている起業家にも役に立つこと請け合いです。

 

起業家にも「営業のマインド」は必要です。

この本で横山さんが言っているのは、

いわゆる「売り込み」の話ではないです。

 

そもそもトップ営業マンは
下手で過剰な「売り込み」はしないものです。

 

そして、絶対達成は根性論でもないと横山さんは仰っています。

 

オススメする理由は大きく5つ

  • 目標達成はあたりまえ、という「マインド」
  • 目標達成するために「何をすべきか?」という「スキル」
  • お客様に買っていただくための「コミュニケーション」
  • 本当の「プロ意識」
  • 予材管理という「大量行動

 

起業家は言ってしまえば、

企業が部署で行っていることを1人でミニマムに人のことですから、

ここで言う「営業」が必要ないなんてことはないですよね。

 

※【補足】もちろん個人の起業家は労働力が限られているので、営業マンのように足で稼ぐのをそっくりそのまま真似はできません。

マーケティングを最大限に活かすことは大事です。

しかし、最後には対面でお話しして、買っていただく仕事をしているならばマーケティングだけでは不十分ですよね。

 

営業職の中にも「フルコミッション」と言われる、

完全歩合=「売れなかったら0円」の仕事スタイルがある点も

個人起業家に似てますよね。

 

個人起業家も、営業マンも

「目標達成を当たり前と思わなければ、生きていけない」のです。

だから、同じメンタリティが必要なわけです。

 

 

「どんなに悪くても目標達成」は「予材管理」を行うことで得られるモノ。

目標は目指すものではなく、通過点にすぎない

この本では「絶対達成」という言葉を使い、何度も「目標達成は当たり前」という表現が出てきます。

 

目標を「目指すもの」だと思っていると、きっと「なんかキツそう…」「体育会系…?」と感じるかもしれませんが、

横山さんは発想そのものが違います。

 

目標は「目指すもの」ではなく、「通過点」です。

 

そして、それを「当たり前」にするのが「予材管理」という手法です。

 

予材管理で目標の2倍の材料を仕込み、最悪でも目標達成する。

予材管理とは、

目標の2倍の仕込みを行うことで、最悪でも目標達成する手法です。

 

極端な話ですが、

テストで80点をとるのが目標なら、

160点取るつもりで勉強する。ということ。

 

起業家の例で例えるなら、

月商100万円達成したいなら、

200万円稼ぐ行動量を行う、ということ。

 

言われてみれば確かに、ですよね。

これと「大量行動」をセットになってきます。

 

「大量行動」をおこなう秘訣は…根性ではなく、絶対達成マインド

「質」より「量」?

話が戻ってまいりました。

「大量行動」と言ったら

1ヶ月で「100人の人に会う!」とかそういうことです。

100人で目標達成できないなら200人にあう!

まずは「量」です。

「質」はあとからついてきます。

 

というよりも、「量」こなさなければ「質」は良くならない。

これが原理原則です。

 

では、どうしたら大量行動できるのでしょうか?

根性で、徹夜してやる!

というのでは一時的にはいいかもしれませんが、

数ヶ月もまず続きません。

 

そこで大事な考え方ややり方が、

この本に書いてあります。

 

目標達成が当たり前になってしまっている人は必携のまさに「バイブル!」

いつもいつも目標達成できないで

売上を思うように上げられない人は、

コレを読んで「考え方」そのものを変えてみては如何でしょうか?

 

ぜひ読んでみてくださいね!

目標の2倍 仕込んで 最悪でも 目標達成する 予材管理とは?
最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG