【選ばれる商品の秘訣】「闇鍋」にお金は払わないのに「福袋」にはお金を払いたがる理由とは!?

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

 

何が入っているかわからない、、、怪しさ満点の食べ物「闇鍋」

何が入っているかわからない「闇鍋」

さて、今回のテーマは「闇鍋にお金が払わない」です。

一見ビジネスと関係ないように思えますが、

かなり重要なお話です

あなたのビジネスが上手くいってない場合は、

もしかしたら闇鍋化している可能性があります……

 

闇鍋って何かわからない人に説明しておきますと、

定義としては

「 親しい人同士、多人数が
それぞれ自分以外には
不明な突飛な材料を持ち寄り、
暗中調理して食べる鍋料理の一種」です。

つまり、

「何が入っているかわからない鍋」

ということです。

  • 何が入っているのか?
  • 何を食べさせられるのか?
  • どんな味なのか?

そういうものが全くわからない

お遊び要素の高い食事ですね

※ちなみに私はこの手の遊びは好きではないのでやりません。食べ物を粗末にしないでくださいね。

 

中身がわからないモノにあなたはいくら払いますか?

さて、

これは親しい人同士で行う事が多いのですが、

もし、

中身が全くわからない鍋が売られていたらあなたは注文しますか?

注文するならば、いくらなら注文しますか?

 

私は注文しません。

理由は明白です。

「何が入ってるかわからないから」です。

 

何が入っているかわからないものに人はお金を払わない。

普段食べているものならまだしも、

ゲテモノとか入ってたら、私食べられませんから。

それに、鍋と言っても、汁の違い、具材の違いでテイストは全く変わりますよね。

せっかく食べるなら私は辛い鍋が食べたいですが、

もし辛いのが無理な人は、辛い時点でどんな食材だろうがアウトですよね。

 

ビジネスも「何を提供しているか?」の内容がわからないと人は買わない

これと同じで、

  • 何が得られるのかわからない
  • 何が入っているのかわからない
  • どんな人がいるのかわからない
  • 何をするのかわからない

と言うような商品やサービスは、

残念ながら売れることはありません。

あなたのビジネスは「お客様から見て」闇鍋状態になっていませんか?

是非チェックしてみてくださいね!

 

「お客様から見て」闇鍋化してないかどうか?

ポイントは「お客様から見て」なので、

やっぱりペルソナ設定は重要なんですよね。

理想のお客様(ペルソナ)をしっかりと決め、
伝わる言葉の実験を繰り返し、
人気になっても忙殺されないビジネスモデルを作り上げて欲しい。

私はそう願います。

 

 

<ペルソナセットアップの相談会やっています。>

\その理想のお客様設定は間違っている!?/
喜ばれて売上が上がる
ペルソナセットアップ個別相談!
〜1時間1万円以下の安売り脱却!
時間ではなく価値を売るビジネス創造の
120分のディスカッション〜

ペルソナセットアップ個別相談

理想のお客様を選び、
ビジネスの軸を創ることで、
時間の切り売りのビジネスから脱却し、
価値のある選ばれるビジネスになります。

正しい理想のお客様設定をする
現在個人起業家のために、
個別相談を人数限定無料で実施中です。
予約はお早めに!

個別相談の詳細はこちら!

 

 

「闇鍋」は売れないのに「福袋」は売れる理由とは!?

闇鍋要素といって思い出すのが年始に発売される「福袋」です。

福袋は何故買いたい?

あれは、何が入っているかわからないのに売れますよね!?

 

私がさっき話したことと違う!

と思った方、

なぜあれが売れるのか考えてみましょうか。

理由1:目玉が分かるから

まず一つ

「目玉を明確に提示している」

例えば
「去年話題になった●●が手に入る!?」かもと言うようなことですね。

もしくは、
「5万円相当の商品が入っています。」という1万円の福袋とかですね。

つまり、
リスクを感じさせない工夫があります。

最悪でも「オトク」なのがわかるわけです。

 

理由2:方向性(ジャンル)が分かる。

そして二つ目、

「方向性がわかる」

ブランドが出している福袋は、当然そのブランドの商品が入っています。

子どもための福袋ならば、おもちゃが入っています。

ある程度、
「ペルソナ」が欲しがる方向性で統一しているのでやっぱり安心なのです。

ジャンル別になっているから安心

 

理由3:そもそも中身を選べるものもある

そして極めつけは

3つめ

「中身がわかるものも売られている。」
もはやそれは福袋の楽しみではないですが、
究極は中身がわかる福袋すらも売られています。

コレはやはり
「中身がわからないものは買いたくない」
という闇鍋心理に応えての売り方なのでしょうね。

以上、

闇鍋は売れないのに、福袋が売れる理由でした。

 

こんな闇鍋なら頼みたいかも…

 

なので、
「北海道でとれた海の幸をふんだんに使った
(けど何が入っているかわからない)超豪華闇鍋」

だったら私は頼む気がします。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

【ウェブ集客の仕組みの第一歩】無料小冊子

最小労力で最大の売上を手に入れるためには、徹底的に作業の時間を排除しなければなりません。個人事業者がやるべきことに集中するための第一歩はキーワード発想から!

CTR IMG