即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

無料小冊子プレゼント中!

【価格競争から脱却できない現実】1時間5000円のレッスンをしていたからこそ同じことを繰り返してほしくない…

 
この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、
言葉の力とブログの仕組みで自動集客を実現する!
USPデザイナー畠山勇一(はたけやま ゆういち)です。

 

私も切り売りビジネスをやり、苦しい思いをしました。

音楽業界は1時間5000円でも高い「相場」

さて、今回のテーマは「1時間5000円のレッスンをしていたからこそ同じことを繰り返してほしくない…」です。

私はこのシゴトを始める前は音楽教室で楽器を教えていました。(専門はドラムでした。)

ドラムレッスンは1時間5000円でした。

ドラム画像

それが相場なんです。(むしろ、もっと安い人も…)

そして、ドラムが置いてある防音設備のある音楽スタジオでのレッスンです。

(ちなみに1時間1000円位レンタル代がかかり、少しでもお客様にとって安く提供するためにレッスン代に含まれている場合が多いです。)

つまり、レンタル代をこの5000円の中から負担するわけです。

交通費などを考えたら手元に残るお金は、いくらでしょうか…?

 

なぜこんなボランティア活動のような現状になるのか?

他者との違いがわからない告知文では価値が伝わらない

音楽スタジオには掲示板があります。

掲示板

そこには、

「バンドメンバー募集」の張り紙に紛れて

「ドラムレッスン生募集」と言うような

各楽器講師のチラシも貼られています。

そして、

どれも同じような告知文で募集をしています。

 

さて、その先生のことを知らない場合は、教わりたい人は何を基準に見るでしょうか?

【何もわからない時に比較する一般的な判断基準】

  • 値段
  • 場所
  • 性別(ルックス)

これくらいしか、他と比較のしようがないのです。

それでは当然、「価格競争」に陥りますよね。

 

価格競争ビジネスからはもう脱却して欲しい

実際に計算してみると手元に残るお金はごくわずか…

こういう切り売りのビジネス、もうやめて欲しいんですよ。

 

仮に1時間5000円のレッスンを

月に100人に行なっていくら稼げますか?

月商50万円ですよ?

 

さらに、先程も言ったように、ここからスタジオ代や移動費などの経費が抜かれます。

 

もちろん、税金云々もです。

 

実際に使っていいお金として残る生活費は、10〜15万円くらいですね。

これなら都内でフルタイムのアルバイトしたほうが、お金いただけますし堅実です。

 

「お金のために働いているんじゃない。」

という声が聞こえてきそうですが、

まともにお金をいただけないビジネスは衰退します。

 

100人毎月集客をし管理し続けるのはカンタンじゃない。

それに「毎月100人を対応したら月商50万円」という話をしましたが、

 

そもそも

100人も人を集めることも

その人数を毎月管理し維持することも

1人ではまず出来ません。

 

管理する人数が増えれば、クレームも増えますしね。

なので、「100人集めてリピートしてもらう」は夢物語です。

  • 集客できない
  • 管理できない

この山はかなり大きいのです。

 

実際のところは常に50人でも厳しいのが現実…

なので、

1時間5000円とかのレッスンをしている人は

(それは音楽に限らず、カウンセリングやセラピーも同じ)

どんなに頑張っても対して豊かになれないのです。

新規集客頑張ってたら既存客が辞めていく。

 

その繰り返しです。

 

実際に私もそれを経験していますし。

つらいですよ?

毎月バケツに穴が空いているように、

一定数辞めていくので、

一定数の割合で新規獲得しなければならない。

 

クーポンなどの「割引」で人を集めるので、

お客様の質が悪く、

やっぱり入っても直ぐにやめて行く。

 

増えるどころか、減らさないために必至に努力するのが関の山です。

 

だから、そういうのを繰り返してほしくないんです。

私はそういう想いで、このシゴトをやっています。

とは言え、相場がそうなっていて、価格競争に陥っているのであれば、それを打破しなければ、

価格を上げるのは無理ですよね。

どうしたらいいのでしょうか?

それは次回の記事でお伝えします。

 

ポイントは「お客様目線」です!

なので、やっぱりペルソナ設定は重要なんですよね。

理想のお客様(ペルソナ)をしっかりと決め、
伝わる言葉の実験を繰り返し、
人気になっても忙殺されないビジネスモデルを作り上げて欲しい。

私はそう願います。

 

次回▶【ゴールのないマラソンは走りたくない】低単価ビジネスの落とし穴

【ゴールのないマラソンは走りたくない】低単価ビジネスの落とし穴

<ペルソナ設定まとめ記事>

ペルソナ設定に関するまとめ記事はこちら

【まとめ】集客したいなら必見!ペルソナ設定は自己流だと間違えやすい

ペルソナ設定はなぜ集客失敗するのか?ターゲットのお客様が来ない間違いだらけのマーケティング

 

<あなたのペルソナをしっかりと考えませんか?>

\その理想のお客様設定は間違っている!?/
喜ばれて売上が上がる
ペルソナセットアップ個別相談!
〜1時間1万円以下の安売り脱却!
時間ではなく価値を売るビジネス創造の
120分のディスカッション〜

ペルソナセットアップ個別相談

理想のお客様を選び、
ビジネスの軸を創ることで、
時間の切り売りのビジネスから脱却し、
価値のある選ばれるビジネスになります。

正しい理想のお客様設定をする
現在個人起業家のために、
個別相談を人数限定無料で実施中です。
予約はお早めに!

 

個別相談の詳細はこちら!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
USPデザイナー畠山勇一
「自分に、全てを失っても立て直す力を」「家族に、他者に左右されない経済基盤を」「起業家に、本人の想いと社会を繋ぐ手助けを」この3つの想いをもとに、個人起業家のウェブ集客の仕組み創りコンサルティングをしています。
詳しいプロフィールはこちら

Comment

  1. […] 前回▶【価格競争から脱却できない現実】1時間5000円のレッスンをしていたからこそ同じことを繰り返してほしくない… […]

  2. […] 前々回→1時間5000円のレッスンをしていたからこそ同じことを繰り返してほしくない… […]

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。