お金を払っても、それを活用して動けないのでは、お金をドブに捨てるようなものです。

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

早速ですが、前回の記事
【「買わないでください」って言われる変な個別相談に遭遇しました。】
の続きに参りましょう!

前回も言いましたが、この記事は、
あなたが個人の起業家ならば、必ず見習うべき視点なので、「特にお客様の対応に疲れている起業家」は、よく読んで自分のビジネスに取り入れることをおすすめします。

「買わないでください」とお願いする5つの理由。
1、安い買い物ではないから。
2、自己投資の本当の意味を理解していないから。
3、抜本的な改善を提案するから。
4、起業家は最高責任者だから。
5、お客様との究極のコミットメントを体現しているから。

今回は1つ目です。

1、安い買い物ではないから。

もっともな理由なんですが、私たちが扱っている商品は安くはないです。
もちろんThe SUMMITに参加されている皆さんに、オリジナル商品として作っていただくものも安くはないです。

それは「安さではなく価値を提供するお役に立つ商品を作るから。」です。

具体的な話をしましょう。

このThe SUMMITという場所は

「USP」=お客様に選ばれる理由を作り商品化し、その作った商品を「黒字化」させ、その実績を元に門下生に事業を「継承」させていく。

そんな起業家を人脈も、実績も、開業資金もゼロから育てていく6ヶ月54万円のプログラムなんですね。

※執筆当時価格です。

いわゆる起業塾と呼ばれるカテゴリーで考えると、ここは自分自身の商品を本気で作って本気で売り上げを生むための場所なので、ノウハウだけを教える場所じゃないんです。

なので、得られるものとサービス内容を考えたら、むしろ私たちは安いんじゃないかな?くらいの気持ちで提供してますが、

普通の感覚として、54万円は安い買い物ではない。

それに、多くの人が「今のままでは全然売り上げが立たないから来ました」という経済的に今は豊かではない起業家や起業志望者がやってきます。

54万円の貯金がある人よりも、身銭削って自己投資して入る人も多いです。

なので、まずそもそも払えるのか?
 
お金をなんとかして作ってくる人もいますが、そのあとはちゃんと生活できるのか?

あくまで54万円は私らがビジネスの仕方をお教えする6ヶ月分の授業料であって、

起業家として活動していく上で必要な経費は自己負担ですからね?

例えば、交流会に行くなら交流会参加日や、メルマガをやるためのメルマガ配信サービスの利用料、自分の専門分野の研究費、セミナーをレンタル会議室で開くなら会場代などなど、活動費というものは必要ですよね。
(それでも、開業資金に比べたら微々たるものですけど。)

学校で例えるなら、54万円は学費であって、サークル活動日や交通費、飲み会などの交際費や自分に必要な分野の参考書などの研究費そして就職活動など、全部自費なのと同じです。

なので、「どうにかこうにか54万だけは用意しました。ですが、普段は月1万の食費でなんとかやりくりしてます」というようなカツカツの人はやめといたほうがいいんです。(その借金の返済もはじまるわけですし ^^; )

私たちは、「本気で売り上げをあげて豊かになるためのビジネス」を教えているので、「54万円で知識だけ得る。お金がないのでそれ以上は動けないという方には向いてないんですよね。

「それでも、今の現状から脱したいので何が何でもやります」というハングリーな方は大歓迎ですが、いくらハングリーでも、子供や家族などの抱えているものが多すぎる場合は、起業はリスクなのでやらないことをお勧めしています。

鉾立は「3重苦」と言っていて、
1、お金がない
2、小さい子供や介護が必要な方がいる
3、専門的にできることが現状ではない

これらどれか2つまでならなんとかなると言っています。(本人にやる気があれば。)

ですが、3つ揃ったら、流石に「動けない」のでお断りさせていただくのです。

それなのに3つ揃ってても、買いたいっていう人がいるんですよね。

そうすると次の理由が発動します。
次回
「本当の『自己投資』が出来ない方にはお役に立てないので『買わないでください』」

執筆:USPデザイナー畠山勇一

USPキーワード発想法