「CDが売れなくなった」と嘆くよりも「CDを売らなくて良くなった」と喜ぶ人が成功する

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

数年前から嘆きを聞きますよね。
「YouTubeや違法ダウンロードで聞けるようになったからCDが売れなくなった」
そして、「CDを買わないことは作り手のアーティストの価値を愚弄する行為だ」と。

これ、実は、とんでもないカンチガイ!!

まず、こういう人は、残念ながら、「クリエイター」の本当の価値がわかっていません。

そして、人の本音もわかってない。

僕は売れないミュージシャンをやっていたからこそ、クリエイターとしての立場、彼らの価値のある場所が分かります。
そして、USPというお客様のことを考えるマーケティングを研究しているから、人の本音も徹底調査しています。
(その結果、自分がミュージシャンとして売れなかった理由もわかります 泣)

今の立場で思うのは、「CDが売れなくなった」と嘆くよりも「CDを売らなくて良くなった」と喜ぶ人が成功する

そういう時代だということです。

あなたの業界もにも「今まで売れてたものが売れなくなった」「通用しなくなった」というものもあるのでは?

ぜひ置き換えながらなぜチャンスなのか想像してみてくださいね!

さて、どういうことか詳しく説明していきます!

無料で広められることの素晴らしさ

「CDが売れなくなった」と嘆くよりも「CDを売らなくて良くなった」と喜ぶ人が成功する

 

「CDを買わないことは作り手のアーティストの価値を愚弄する行為だ」という人がたまにいますが、これはとんでもないカンチガイということをいいました。

では、その真意をお伝えしましょう!

CDの目的は、売ることではない。

まず、真のクリエイターの本懐、それは「世の中に自分の作品が広まり、みんなの生活に自分の生み出したものが溶け込んでいくこと」です。

そして、1人でも多くの人がその作品に触れることで、豊かな感情を手に入れること。

これがまず一番なんですね。

そして、CDというものは、クリエイターにとっては、露出認知のためのツールであって収入源ではない。

もちろん売れれば、利益は発生しますが、それを売ることが目的ではないってこと。

収入は濃いファンの支えでもらうもの。

では何処で収入を得るのか?

それは、「濃いファンとの交流」です。

ファンクラブ会費であり、物販であり、そして何よりも、彼らの「ライブ」です。

クリエイターは、一部の濃いファンに支えられているのです!

なので、むしろ私は、「CDを売らなくて良くなった」と喜ぶ時代だと考えています。

CDを売ること、テレビやラジオに出ることでしか、露出できなかった時代ではなくなり、YouTubeなどで、自由に配信ができるようになったことで、一気に広まり、本当に支えてくれる濃いファンにいち早く出会えるようになったのだから。

「自分の作品の権利」にこだわる器の小さいクリエイターも、「CDが売れなくなってどうのこうの」とか、蚊帳の外から言っているファンでも、なんでもない人には見えてなくても、プロデューサーやプロモーターは、そういうことを一所懸命考えて、クリエイター達を育てているんですよ。

起業家もまた一部の濃いファンに支えてもらえるモデルを。

そして、これは起業家も同じ。
起業家も一部の濃いファンによって支えられているし、逆に言えば、その人達に全力を尽くすことが大切なことです。

僕らはこのような形での集客を推奨しています。

露出・認知→共感→信頼→教育→契約

一番上がウェブで言えばFacebookやYouTubeなのです。
そして、CDの役割はこれと同じ。

一昔前の起業家で言えば、CDは本の出版と同じです。
本は一、二冊出版したところでその収入では食えませんから。

なので、「CDが売れなくてどうのこうの」っていうのは、「FacebookやYouTubeを有料にしろ」と言っているのと同じです。

情報だけなら無料で提供する時代

確かに、一つのパッケージとなり形になっているので、CDは宝物の要素を持っていることも間違いではありませんが、

・曲が聞ける
・歌詞が読める

というだけの価値であれば、「無料で提供する時代」なのです。

だから、最近はCDに宝物のような付加価値を与えるために、特典をつけているわけですね。
無駄な制作費をかけなくて良くなったと、大喜びする時代ですよ。

時代の変化を嘆いても何も始まりません。
プラスに捉えれば、見えてくる世界は変わります。

更に、もう少し「無料からはじまる価値」について掘り下げていきますよ!

『無料配信&コピー』から生まれたビッグな業界〜今の時代の価値の作られ方は与えることが先〜

コピーされることは本物である証明

 

ここまで話してもまだ、「その人が一生懸命作った命の結晶を無料で提供するなんておかしい!!」

という人がいるかもしれませんが、ちゃんとビジネスモデルを作れるならば、プロデュースする視点からすれば

無料配布大歓迎
コピー大歓迎

です!

というか、それくらい器が広くないと、そもそも、広まらないし、そして、本当の価値に気付いてもらえもしないです。
変なエゴが、逆に価値を下げているのです。
無料配信&コピーから生まれたビッグな業界があります。

一人の配信者から国民的な歌、更には多くのメディアミックスを実現した「千本桜」

あなたは、今では国民的な歌にまでなってしまった、私も大好きな「千本桜」という曲をご存知ですか?

2015年の大晦日の紅白歌合戦では、あの大物歌手の小林幸子さんが歌っていました。
ラスボス小林幸子さん千本桜
元々は「黒うさP」さんが作詞・作曲・編曲し、ニコニコ動画に無料で公開したことが始まりです。

そこから4年ほどでTOYOTAのCMに使われたり、舞台、小説、漫画などが生まれ、小林幸子さんが歌うまでに至るわけです。

どんな経緯だったのか?

「めちゃくちゃいい曲」だったことが大前提ですが、その後、ニコニコ動画で流行っていた、「歌ってみた」「演奏してみた」など、その曲を気に入った歌い手や弾き手が次々に、コピーして作品を出していきました。

無料だから起こる、流行の渦

それらニコ動アーティストの力も掛け算となり。
「○○さんバージョン、かっこいい!」「だけど、本家も好き」などと、黒うさPさんへのリスペクトはなくなること無く、どんどんと広まっていきました。

「千本桜」だけではありません。
黒うさPさんのスタイルを実現可能した背景にもう一つ、業界の革命があります。

それが、VOCALOID2「初音ミク」の誕生です。
パソコンで自宅で楽曲制作を楽しむ人の問題は、「歌がなかなか機械では再現できない」という悩みでした。
更に言えばクリエイターが男性だと「女性用の歌なのに、歌い手が見つからない」という問題もありました。

その救世主となったのが初音ミクなのです。
実はVOCALOID自体は初音ミクよりも前からあったのですが、(男版はカイト・女版はメイコ)キャラ設定が弱く、全く売れませんでした。

初音ミクという、自宅録音しているオタク男子達を熱狂させるアイドル的なキャラデザにしたことで、受け入れられていったのです。

この「初音ミクに自由に自分が作った曲を歌わせたい」というクリエイター達の欲求が次々とハイクオリティな作品を世に生み出し、コピーされ広がり、「ボカロ」という一つの音楽ジャンルを築き上げました。

話は戻りますが、もし、広めることに対しての権利の障壁ばかりだったら、どうなっていたでしょうか?

ほぼ無料で広めることが出来たからこそ、千本桜は認知され大きく露出していったのです。

もちろん、オリジナルを作った黒うさPさんへのリスペクトが消えることはありません。

世界的ファッションブランドのシャネルの創業者ココ・シャネルさんがこんなことを言っています。
「本物はコピーされる運命にある。」と。

コピーされることは、本物の証明なんですよ。

ここから起業家が学べることは
・利益を得たければ与えることが先
・権利には甘く、広まることを優先する。
・ただし、自分が本物である証明はし続けること

そして、起業家の場合は、自身がビジネスオーナーでもあるので、
・先の収益モデルもキチンと考えておくこと
も大事ですね!

CDが売れなくなったことはから発展してきましたが、次は、CDが売れなくなったことを喜ぶ人が成功する2つ目の理由をお話していきます!

『CDが売れない』と嘆く人は、今も初期型携帯電話を使うのか?

人は便利なものに流れる。時代が変われば、価値観は変わるもの。

「CDを買わないことは作り手のアーティストの価値を愚弄する行為だ」という人がたまにいますが、これは
とんでもないカンチガイです!
という話をしてきました。

1つはCDは「露出認知のツールなので、売り上げを目的としていない」というお話でした。

今回は2つ目、「人の本音がわかってない。」というお話。

「CDがなんやかんや…」という人は、人の本音が全くわかっていません。

ここであなたに聞きたいのですが、普段音楽はどうやって聞いてますか?

多くの人が、ポータブルMP3プレイヤーか、もしくは、スマートフォンじゃないですか?

(私は世代的にMDがドンピシャだったので、MDどこいった?とも思っています。)

確かに、家ではCDコンポで聞くという方もいるかもしれませんが、圧倒的にデータとして保有するニーズが増えています。
ファンでも、CD買って、曲自体はパソコンに入れて、CDは大切に宝物のように保管しているだけの人も多いはずです。

今はCDそのものには、ファンの「コレクションしたい」という欲求を満たすだけで、ただの荷物でしか無いんです。

残酷に聞こえるかもしれませんが、それが世の中の本音です。

更に言うと、私はMac Book Airを使っていて、CDドライブがなく、CDから曲を取り込むのが、外付けのCDドライブを使わなくてはいけないので、めんどくさすぎます!

凄い端的に言うと、残念ながら、

「CDは時代遅れ」なんです!!

時代のニーズにマッチしていない。。。
だから、売れない。

時代遅れは不便なので淘汰される。

「CDがなんやかんや」と言う人がもしいたら、こう聞いてみましょう。

「ならあなたは、今の時代に初期型携帯電話使いたいと思う?」

初期型携帯電話

…不便すぎて、使いたい人はいないですよね^^;

人は便利なものを使いたいのです。
それは私だってあなただって同じ。

それを考えたならば、CDが売れないのは、当然の時代の流れです。

それに、CD=クリエイターの価値」では、ないのです。
そうやって結びつけてしまう人の方が、クリエイターの価値を軽視していると私は考えています。

起業家も同じです。
これからの時代にマッチした商品でなければ、「面倒くさい」に負けてしまいます!
どんなにいいものでも、その本音に負けないものにする必要が有ることを忘れずに!

USPデザイナー畠山勇一

USPキーワード発想法