良い条件が全て揃っている人なんていない。悪い条件をも乗り越えていくことが起業の道である。

こんにちは!USPデザイナー畠山勇一です。

以前、こんな記事を書きました。
【「買わないでください」って言われる変な個別相談に遭遇しました。】

こちらの理由1、2から発展して番外編補足記事です。
※参考
理由1▶せっかく高い買い物しても「動けない」では意味が無い。
理由2▶本当の『自己投資』が出来ない方にはお役に立てないので『買わないでください』

ここで何度か出てきた鉾立の判断軸である重苦』について詳しくお話しましょう!

『3重苦』
1、お金がない
2、小さい子供や介護が必要な方がいる(時間がない)
3、専門的にできることが現状ではない(スキルがない)

本人にやる気があれば、これらどれか2つまでならなんとかなると言っています。

何がなんとかなるのかというと、鉾立由紀が主宰している6ヶ月54万円(執筆当時価格)の起業家育成プログラム「The SUMMIT」に入ろうかなと検討されている方が、高い授業料を払って、ちゃんと投資回収ができるだけの成果を出せる可能性がある。ということです。

そして、The SUMMITはただの起業塾のようにビジネスの方法を学んで終わりではなく、「売り上げをあげるための場所」です。

投資回収以上のことを目指してもらうことが目的なのです。

そのような場所に参加希望者のための個別相談なので、参加希望者も、こちらも「本当にThe SUMMITはお役に立てるのか?」を吟味する場所です。

なので、3重苦全て揃っている人は、どんなにやる気があっても、お断りさせていただいております。(動けないので)

ですが、2つまでならなんとか残りの1つでカバーできるので、「本人にやる気があれば」大歓迎なのです。
だって、苦しい環境だから、現状を変えたくてくる場所なのだから。

では、2つの条件であればなぜカバーできるのかをお話しましょう!

それは、時間とお金というところで判断すると、

「1、お金がない」&「2、小さい子供や介護が必要な方がいる(時間がない)」という人でも、既に専門的なスキルが有れば、ビジネスのやり方だけ覚えればいいので他の人よりも近道が出来ます。。

次に、「1、お金がない」「3、専門的にできることが現状ではない」という人は、時間があるので、一生懸命研究しそれをなるべくお金の掛からない「メディアを使った露出」を利用することで、なんとかカバーできます。

「2、小さい子供や介護が必要な方がいる(時間がない)」&「3、専門的にできることが現状ではない」
お金にある程度余裕があるなら、工夫次第でお金で時間を買うことが出来ます。

みんなそれぞれがそれぞれの環境で障壁がある状態でチャレンジします。それを乗り越えていくから現状を変えられるんです。

障壁を言い訳にして逃げてしまったら、現状は変えられませんが、「障壁がある、ならばどうする?」を常に考えられる人には必ず突破口が生まれます。

なんだかんだ言っていますが、私たちはそういう「絶対に諦めない」という熱い想いを持っている人を求めているのです。

執筆:USPデザイナー畠山勇一

USPキーワード発想法