即行動が成功の秘訣!

売るのが苦手ならUSPブログで集客の仕組みを創ればいい。お客様に知っていただくための露出、認知、信頼を頂き成約を頂くまでのルートを創れば口下手・営業未経験の専門家でも売り上げが上がります。

営業センスゼロでも顧客に選ばれるブログ集客の仕組み化〜ポジショニング・レター・ライティング〜

無料小冊子プレゼント中!

【申し込みページに必須!】申し込みフォームを設置しよう!

こんにちは!

USPデザイナー畠山勇一です。

 

前回ウェブ集客における最後の砦である「申し込み」という行動そのものを行う際、仕組みを使わない場合のデメリットをお伝えしました。今回は「申し込みフォーム」とはなんなのか?を解説していきます。

(前回▶【ウェブ集客の最後の砦】申し込みの仕組みを使わないデメリット

申し込みフォームとは?

早い話がこれです。

▼氏名※必須

メールアドレス※必須

※見本なので押せません。

こういう項目を記入する欄と、申し込みのボタンを作って設置することです。

これは双方にとって申し込みが格段に簡単になります

 

申し込みフォームがもたらすメリット

  • 24時間いつでも即座に受信対応できる。
  • 必要事項の記入漏れがなくなるし、相手も何を記入すればいいのかがわかる。
  • その後のやりとりもスムーズになる。

 

24時間即座に受信対応。これはつまり、申し込みと同時に自動でメールを送ってくれるということ。しかも単純な対応だけでなく、これは相手にちゃんと自分のメールが届くかのテストも兼ねることができます。

自動ですぐにメールが届けば、例えば「5分以内にメールが届かなければ再度登録をお願いします」や「迷惑メールBOXに入っている可能性もあるので、ご確認ください」という風に促すことが出来ます。相手もせっかく申し込んでいる直後なので、確認してくれます。

 

これがもし、手動で、いつ返信がくるかわからない場合、

万が一メールが届かない・迷惑メールBOXに入ってしまっている、なんてことが起きたときに機会損失を招くことになるわけです。

 

最後に、申し込みフォームを設置することのデメリットにも触れておきましょう。

 

申し込みフォームを設置するデメリット

  • 無料・有料問わずフォームを作るには別のサービスを活用する必要がある
  • ご作動で申し込みできないというエラーが起こることもある。
  • 3点セットをちゃんと準備しないと逆に不親切になる。

要は、フォームを設置するのはちょっと手間なのです。

何が必要なのかは次回の記事で書いていきます!

 

まとめ

申し込みフォームのメリット・デメリット

 

 

申し込みフォームに必要な3点セット〜LP&サンキューページ&サンキューメール〜