「理想のお客様」タグの記事一覧

【ワーク付き】ペルソナは、仮説を立てて実際にお会いするから明確になる。

ペルソナ(理想のお客様)セット
ペルソナは仮説を立てて実際にお会いするから明確になる

ペルソナはどんなに想像しても、実際に会ってお話をして見なければ、本当の理想のお客様像にはなりません。正しく設定をした上で、準備をしてお会いし、検証していく。そうやって数を繰り返していくことで、理想のお客様像が次第に明確になっていきます。

【ペルソナ設定の極意】カテゴリーからは見えてこないところに本当のペルソナはいる

ペルソナ(理想のお客様)セット
カテゴリーからはお客様は見えてこない

集客するには、ペルソナの設定が大事だということが言えます。なぜなら、ペルソナ、つまり、理想のお客様を明確に設定することで、あなたが来て欲しいお客様が自然と集まるようなメッセージを発信していけるからです。逆に集客がうまく行ってない人の多くはペルソナ設定をしていない、あるいは間違えている、その可能性が非常に高いです。

華麗なるカレーの話〜理想のお客様を定めなければ満足度は上がらない!

ビジネスの難しい話は全てカレーの話に置き換えられる ペルソナ(理想のお客様)セット
10人中10人満足するカレーは創れない

あなたはどの辛さのカレーが好きですか?10人中10人が喜ぶカレーは創れませんよね。カレーですらそうなのですから、個人ビネスにおけるお客様満足は「万人受け」では得られないのです。その話をカレーに置き換えて書いてみました。

【間違いだらけ】そのペルソナでは買ってくれない!?ペルソナ設定に潜む3つの罠

ペルソナ(理想のお客様)セット
そのペルソナでは買ってくれない!?ペルソナ設定に潜む3つの罠

ペルソナマーケティング。理想のお客様を克明にイメージしてセットする。そうすることで、商品が売れるようになる。そんなビジネス書を見たことはないでしょうか?しかし、果たして、ペルソナをセットして大成功した人はどれだけいるでしょうか?実は、ペルソナを適当にセットしてしまっても、白馬の王子様のようなものでは夢の中にしか現れないのです。失敗する理由について書きました。

【USP(選ばれる理由)創造】「中辛好き」と「激辛好き」は別の人だからどちらかを選ぶこと。

お客様の声 ビジネスの難しい話は全てカレーの話に置き換えられる ペルソナ(理想のお客様)セット
反対と裏表の違い

激辛のカレー好きの人と、中辛のカレーが好きな人は別の人です。それと同じように、あなたが「誰でもいい」というスタンスだと、誰もあなたを選ぶことはありません。なので、相手に迷わず選ばれたいならば、あなた自身が、嫌われる勇気を持ち、選んでもらう方を決断する必要があります。

ペルソナの問題は軸を見つけ、認めるのに抵抗のある「過去の自分」に真正面から向き合うことで解決する。

お客様の声 ペルソナ(理想のお客様)セット
勅使河原さん

なぜ、ファッション雑誌が沢山有るのか?それは趣味嗜好、価格帯、ライフスタイルによって「ニーズ」が様々だからです。もしあなたが服を買いに行くのに、自分の好きなテイストの服がほんの少ししか売っていなかったら?専門家は広く浅くよりも、狭く深くです。

【起業家集客の問題点】みんなを救おうとして、誰も救えない人にならないために

ビジネスの難しい話は全てカレーの話に置き換えられる ペルソナ(理想のお客様)セット
ボウリング

「みんなの役に立つ」と言っている人ほど誰の役にも立ちません。起業家の集客の悩みは、商品がぶれている。ということがあります。「誰向けの商品なのか?」それを明確にしなければ、意味がありません。

【専門家だからこその落とし穴】頭ではわかっているつもりでも、「軸」を絞ることがとても難しく感じていました。

お客様の声 ペルソナ(理想のお客様)セット
イエージクリエイター勅使河原祐子さん

なぜ、ファッション雑誌が沢山有るのか?それは趣味嗜好、価格帯、ライフスタイルによって「ニーズ」が様々だからです。もしあなたが服を買いに行くのに、自分の好きなテイストの服がほんの少ししか売っていなかったら?専門家は広く浅くよりも、狭く深くです。

ページの先頭へ